iPhone、iPad、iPod touch でファイル App を使う

ファイルは全部、iPhone、iPad、iPod touch から表示して管理できる使い勝手のよい 1 つの App にまとめましょう。どこで保存したものでも、今使っているのがどのデバイスでも、探しているファイルが簡単に見つかります。

 

iOS 11 では、ファイル App がすべてのファイルをまとめてくれます。これからは自分のすべてのファイルを一か所で簡単にチェックしたり、検索したり、整理することができます。今使っているデバイスにあるものだけでなく、App の中にあるもの、ほかの iOS デバイスや iCloud Drive にあるもの、その他のクラウドサービスにあるものだって扱えます。

はじめに

ファイル App で iCloud Drive のファイルにアクセスしたくない場合は、他社のクラウドサービスの App をダウンロードし、他社のサービスだけを追加しておくことができます。

他社製の App を追加する

ファイル App では、他社製のクラウドサービス (Box、Dropbox、OneDrive、Adobe Creative Cloud、Google Drive など) を追加できるので、どのファイルにも、どのデバイスからでもアクセスできます。iCloud Drive にあるファイルは自動的にファイル App に表示されますが、ほかのクラウドサービスにファイル App からアクセスするには、別途設定が必要です。

iOS 11 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch で以下の手順を実行してください。

  1. 他社製のクラウド App をダウンロードし、設定します。
  2. ファイル App を開きます。
  3. 「場所」>「編集」の順にタップします。
  4. ファイル App で使いたい他社製の App をスライドさせてオンにします。 
  5. 「完了」をタップします。

他社製のクラウドサービスがファイル App に表示されない場合は、クラウドのプロバイダにお問い合わせください。

ファイルを整理する

iCloud Drive に保存されているファイル (Pages、Numbers、Keynote の書類など) はすべて簡単に探して整理できます。1 台のデバイスで変更を加えた場合、iCloud Drive を使っているすべてのデバイスに自動的に編集内容が反映されます。

iCloud Drive からファイル App の別の場所にファイルを自由に移動できます。iPad では、ファイルを「この iPad 内」フォルダにドラッグするだけです。iPhone、iPod touch では、以下の手順を実行してください。

iCloud Drive のファイルを移動する

  1. 「選択」をタップします。
  2. 移動したいファイルをタップします。
  3. 「移動」または をタップします。
  4. ファイルの移動先のフォルダを選択します。
  5. 「移動」をタップします。
     

他社製クラウドのファイルを移動する

  1. 移動したいファイルを開きます。
  2. 「共有」または  >「コピー」をタップします。
  3. ファイルの移動先のフォルダを開きます。
  4. 画面を強めに押します。
  5. 「ペースト」を選択します。
     

ファイルは名前、日時、サイズ、追加したタグを基準にした順序で表示できます。カラフルなカスタムラベルを使って、好きなやり方でファイルにタグを割り当てることができます。そのおかげで、必要なプロジェクトや書類をすばやく探せます。また、自分でフォルダを作成することもできます。すでにあるファイルやフォルダを強めに押して、名前を変更することもできます。

タグを追加する

  1. 「選択」をタップします。
  2. タグを付けたいファイルをタップします。
  3. 「共有」または  >  をタップします。
  4. 追加したいタグを選択します。
     

タグを管理する

  1. 「場所」>「編集」の順に選択します。
  2. 既存のタグの名前をタップします。
  3. 新しいタグ名を入力します。
  4. 「完了」をタップします。
     

新しいフォルダを作成する

  1. 「場所」を選択します。
  2. 新しいフォルダを保管しておく場所として、「iCloud Drive」「この [デバイス] 内」または他社のクラウドサービスの名前をタップします。「この [デバイス] 内」を選択した場合は、新しく追加できるのはサブフォルダだけです。既存のフォルダをタップしてから、次の手順に進んでください。
  3. 画面を下にスワイプします。
  4. をタップします。
  5. 新しいフォルダの名前を入力します。「完了」をタップします。

が表示されない場合やグレイ表示になっている場合、その他社クラウドサービスはフォルダの新規作成に対応していません。

ファイルを友達と共有して共同制作する

友達や同僚と書類を共有する場合は、iCloud Drive に保存してあるファイルのリンクをファイル App から直接相手に送ります。ファイルを選択して「共有」または をタップします。AirDrop、メッセージ、メール、共有メモなどの手段でファイルを送信します。

または、プロジェクトをリアルタイムで共同制作することもできます。ファイル App でも、Pages、Numbers、Keynote の書類を共同制作できます。ファイルを選択して「共有」または  >「人を追加」の順にタップします。メッセージ、メールを通じて、またはリンクをコピーアンドペーストする形で、共同制作者に参加を依頼できます。参加者は色分けされます。相手がオンラインで、共有した書類を編集しているときは、見てわかります。

ファイル App からファイルを削除する

不要になったファイルを選択し、「削除」または をタップします。1 台のデバイスで「iCloud Drive」フォルダからファイルを削除すると、ほかのデバイスからも削除されます。同じ Apple ID でサインインしているすべてのデバイスから、ファイルが削除されます。

「iCloud Drive」または「この [デバイス] 内」から削除したファイルは、「最近削除した項目」フォルダに移動します。気が変わった場合や、ファイルを間違えて削除してしまった場合は、30 日以内なら取り戻せます。「場所」>「最近削除した項目」の順に選択します。取っておきたいファイルを選択し、「復元」をタップします。30 日経つと、ファイルは「最近削除した項目」からも削除されます。

Mac または Windows パソコンで iCloud.com にサインインして、iCloud Drive にアクセスし、「最近削除した項目」を調べることもできます。または、「設定」>「ファイルの復元」の順に選択します。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: