Mac の写真 App に問題がある場合

macOS の写真 App が起動しない場合や、正常に動作しない場合は、以下に紹介するヒントをお試しください。

ライブラリをバックアップする

以下の手順を試す前に、iCloud 写真をお使いの場合でも、フォトライブラリのバックアップを作成しておくことをお勧めします。Time Machine を使うか、他社製のバックアップソリューションを使うか、またはライブラリを外付けのドライブにコピーする方法があります。デフォルトでは、フォトライブラリはホームフォルダの中の「ピクチャ」フォルダに保存されています。

ソフトウェアが最新版であることを確認する

写真 App は、Mac オペレーティングシステム (v10.10.3 以降) に付属しています。問題の多くは、最新バージョンの macOS を実行することで回避または解消できます。Mac のソフトウェアをアップデートする方法については、こちらの記事を参照してください。

写真 App で RAW 画像を扱う場合は、iOS 12 および macOS Mojave でサポートされているデジタルカメラの RAW 形式について、こちらの記事でご確認ください。

既存の iPhoto または Aperture のライブラリを写真 App に移行できない場合

写真 App をはじめて開いたときや、iPhoto または Aperture の既存のライブラリを移行したときに、警告メッセージが表示されることがあります。写真 App でライブラリをコピーまたは作成できない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

メディアブラウザに写真とビデオが表示されない場合

メディアブラウザを使って、フォトライブラリに入っている画像を Pages や iMovie などのほかの App で使うことができます。メディアブラウザには、システムフォトライブラリとして指定されているフォトライブラリの中身だけが表示されます。フォトライブラリが複数あり、普段使っているライブラリがシステムフォトライブラリとして設定されていない場合、その内容はメディアブラウザには表示されません。

以下の手順にそって、使用中のライブラリをシステムフォトライブラリとして指定してください。

  1. 「写真」>「環境設定」の順に選択します。
  2. 環境設定ウインドウの上部にある「一般」ボタンをクリックします。
  3. 「システムフォトライブラリとして使用」をクリックします。

写真 App にほかの問題がある場合

写真のサムネールが表示されない/空である、動作がおかしい、写真 App が開かないなど、ほかの問題がある場合は、以下の手順でライブラリを修復できます。 

写真修復ツールは、ライブラリのデータベースを解析し、不整合が見つかった場合は修復してくれます。ライブラリのサイズによっては、時間がかかる場合があります。処理が終わると、写真 App でライブラリが開きます。

写真修復ツールは、以下の手順で使ってください。

  1. メインのフォトライブラリがバックアップされていることを確認します。
  2. 写真 App が開いている場合は終了します。
  3. 「option + command」キーを押しながら写真 App を再び開きます。 
  4. 「ライブラリを修復」ダイアログが表示されます。「修復」をクリックしてから管理者のパスワードを入力すると、写真修復ツールが実行されます。

iCloud 写真をお使いの場合は、写真修復ツールを実行すると、ライブラリにあらためて iCloud の情報が反映されます。

関連情報

  • 写真 App でプロジェクト機能拡張を使って、ブックやカレンダーなどのプリント製品を作成および注文する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • iCloud 写真に問題がある場合は、こちらの記事を参照してください。
公開日: