Apple Music の学生プランを利用する

学位を授与する総合大学または単科大学の学生の方は、学割の月額料金で Apple Music に最長 48 か月間登録できます。Apple Music に学生プランで登録している場合は、Apple TV+ のサブスクリプションが期限付きで付属しています。

Apple Music のサブスクリプションに学生プランで登録するには、大学、単科大学 (米国のみ)、Post-secondary School (カナダのみ) で学士号や博士号の取得のため就学中、または同等の高等教育コースを履修中であることが必要です。日本では、短大、専門学校、専門課程も対象となります。

学生プランで登録する

Apple Music の学生プランは一部の国や地域でしか利用できません。Apple Music の提供状況についてはこちらの記事、料金体系についてはこちらを参照してください。

Apple Music のサブスクリプションに学生プランで登録する方法

  1. Apple Music App または iTunes を開きます。 
  2. 「今すぐ聴く」または「For You」を選択します。
  3. トライアルの案内ボタンをタップまたはクリックします (トライアルは、お一人または一家族につき 1 回です)。
  4. 「学生」を選択し、「利用資格を確認」をタップまたはクリックします。
  5. UNiDAYS の Web サイトに案内されます。画面の案内にしたがって、在学証明をする必要があります。UNiDAYS で在学が証明されたら、Apple Music App または iTunes にリダイレクトされます。
  6. コンテンツの購入に使っている Apple ID とパスワードでサインインします。Apple ID をお持ちでない場合は、「Apple ID を新規作成」を選択して、画面に表示される案内に従って作成してください。Apple ID をお持ちかどうかわからない場合は、こちらの記事を参考にお調べください。
  7. 請求先情報を確認し、有効なお支払い方法を追加します。
  8. 「登録」をタップまたはクリックします。


Apple TV+ に登録する方法

Apple Music に学生プランで登録すると、Apple TV+ のサブスクリプションが期限付きでついてきます。Apple TV App を開けば、Apple のオリジナル作品を楽しめます。この場合、Apple TV+ は特典としてご利用いただくため、ファミリー共有での共有はできません。

Apple TV+ は、国または地域によってはご利用いただけない場合があります。お住まいの国や地域で Apple Music は利用できても、Apple TV+ は提供されていないといった場合もあり得ます。国や地域別の提供状況については、こちらの記事を参照してください。


在学状況を再確認する方法

Apple Music のサブスクリプションに学生プランで登録している間は、各年度末に在学証明が必要になります。在学状況を証明するように案内するメッセージが Apple Music App や iTunes に表示されます。また、iPhone、iPad、iPod touch の設定 App で、いつでも在学証明をすることができます。

Apple Music App または iTunes for Windows で

在学証明を求めるメッセージが表示されたら、以下の手順を実行してください。

  1. 「利用資格を確認」をタップまたはクリックします。
  2. 「Web サイトへ移動」をタップまたはクリックします。
  3. 学校のポータルにサインインします。
  4. 学校のポータルにサインインしたら、Apple Music に戻り、確認画面が表示されます。

iPhone、iPad、iPod touch の設定で

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」の順に選択し、「サブスクリプション」をタップします。
  2. 「Apple Music メンバーシップ」をタップします。
  3. 「学生登録情報を確認」をタップします。UNiDAYS の Web サイトにリダイレクトされます。
  4. 画面の案内にそって在学証明を済ませます。証明が済んだら、自動的に Apple Music に戻り、Apple Music の学生プランを引き続き利用できます。

学生ではなくなった場合

学生ではなくなった場合や、48 か月間の学生プランを使い切った場合、Apple Music のサブスクリプションは自動的に個人プランに切り替わり、Apple TV+ も使えなくなります。

Apple Music の起動後に在学証明を求められた時点で、学生ではなくなっている場合や、48 か月間の学生プランを使い切っている場合は、「もう学生ではありません」をタップしてください。その後、在学証明を求められることはなくなります。

所定の期間中に証明手続きを済ませなかった場合、48 か月の期間がまだ残っているときは、学生として再登録する必要があります。


UNiDAYS アカウントに関するサポート

UNiDAYS アカウントに関するご質問については、UNiDAYS サポートにお問い合わせください (英語のみ)。


関連情報

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: