Apple Music の学生プランを利用する

学位を授与する総合大学や単科大学1に在籍する学生なら、Apple Music を学割で毎月お得に利用できます。

 

学位を授与する総合大学または単科大学1の学生の方は、学割のメンバーシップ料金2で Apple Music に 48 か月間 (4 年間) 登録できます。この期間は連続していなくてもかまいません。

Apple Music の学生プランは、一部の国に限りご利用いただけます。Apple Music の提供状況については、こちらの記事でご確認ください。

Apple Music について詳しくはこちら、Apple Music の料金体系2についてはこちらを参照してください。

すでに Apple Music に登録している場合は、こちらで切り替え方法をご確認ください。

Apple Music の機能は、国または地域によって異なる場合があります。

在学証明について

Apple Music に学生として登録する際は、UNiDAYS の学生証明サービスを通じて、学位を授与する総合大学または単科大学1に実際に在学しているかどうかが確認されます。

在学状況は UNiDAYS で定期的に再検証されます。学生でなくなったか、学生プランの 48 か月間の期間を満了したことが確認された場合、自動的に Apple Music の個人プランに切り替わります。

Apple Music に登録する

登録の前に、お使いのすべてのデバイスに最新のソフトウェアがインストールされているか確認してください。

その上で、iPhone、iPad、iPod touchMac または Windows パソコンAndroid 電話端末で、それぞれリンク先の手順にそって、新たに Apple Music に登録してください。

個人プランから学生プランに切り替えることもできます。すでに Apple Music に登録している場合は、こちらで切り替え方法をご確認ください。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. ミュージック App を開きます。「Apple Music へようこそ」というメッセージが表示されない場合は、画面の下部にある「For You」をタップします。
  2. Apple Music にはじめて登録する場合や、以前トライアルを試したことがある場合は、トライアルの案内ボタンをタップします。
    Apple Music に登録中の場合は、「サインイン」をタップしてから、学生プランに切り替えてください。
  3. 「学生」を選択します。
  4. 「利用資格を確認」をタップします。ブラウザウインドウが開きます。
  5. 学校用 (.edu) または個人用のメールアドレスを入力し、在学する学校の名前を検索します。UNiDAYS で在学証明の記録のため、このメールアドレスが使われる場合があります。
    • UNiDAYS アカウントをお持ちの場合は、「UNiDAYS で確認済みですか?」をタップし、UNiDAYS アカウントで使っているメールアドレスでサインインします。
    • 海外留学中は、まず「日本以外へ就学していますか?」をタップし、国または地域を変更します。
    • サポートが必要な場合は、「UNiDAYS サポート」をタップします。
  6. 学校のポータルにサインインします。一部の国や地域では、学校の Wi-Fi ネットワークに接続されている状態で Apple Music のサービスにアクセスするか、学校用のメールアドレスを提示する必要があります (Apple Music の提供状況については、こちらの記事でご確認ください)。サインイン後、学生としての在学が証明されたら、「このページを “ミュージック” で開きますか?」というメッセージが表示されます。「開く」をタップしてミュージック App に戻り、登録手続きを最後まで進めてください。
  7. Apple Music にはじめて登録する場合は、トライアルの案内ボタンをタップします。それ以外の場合は、「学生用メンバーシップを開始」をタップします。 
  8. 画面の案内に従って、Apple ID を認証します。Apple ID をお持ちでない場合は、「アカウントを作成」をクリックします。
  9. 請求先情報を確認するように案内するメッセージが表示される場合がありますが、トライアル期間が終了するまでは月額料金を請求されることはありません。有効なお支払い方法を追加して「登録」をタップしてください。
  10. 利用規約の確認画面が表示されたら、利用規約に同意します。
  11. 好きなジャンルやアーティストを選択します。友達が聴いている曲をチェックしたり、アーティストが新曲をリリースした時に通知を受け取ることもできます。

Mac または Windows パソコンの場合

  1. iTunes を起動します。
  2. 左上隅の「 ミュージック」を選択し、iTunes ウインドウの上部で「For You」を選択します。
  3. Apple Music にはじめて登録する場合や、以前トライアルを試したことがある場合は、トライアルの案内ボタンをクリックします。
    Apple Music にすでに登録している場合は、「サインイン」をクリックしてから、学生プランに切り替えてください。
  4. 「はじめる」をクリックし、「学生」を選択します。
  5. 「利用資格を確認」をクリックします。ブラウザウインドウが開きます。
  6. 学校用 (.edu) または個人用のメールアドレスを入力し、在学する学校の名前を検索します。UNiDAYS で在学証明の記録のため、このメールアドレスが使われる場合があります。
    • UNiDAYS アカウントをお持ちの場合は、「UNiDAYS で確認済みですか?」をクリックし、UNiDAYS アカウントで使っているメールアドレスでサインインします。
    • 海外留学中は、まず「日本以外へ就学していますか?」をクリックし、国または地域を変更します。
    • サポートが必要な場合は、「UNiDAYS サポート」をクリックします。
  7. 学校のポータルにサインインします。一部の国や地域では、学校の Wi-Fi ネットワークに接続されている状態で Apple Music のサービスにアクセスするか、学校用のメールアドレスを提示する必要があります (Apple Music の提供状況については、こちらの記事でご確認ください)。サインイン後、学生としての在学が証明されたら、iTunes にリダイレクトされるので、登録手続きを最後まで進めてください。
  8. Apple Music にはじめて登録する場合は、トライアルの案内ボタンをクリックすれば、学生メンバーシップを使い始められます。それ以外の場合は、「学生用メンバーシップを開始」をクリックします。 
  9. 画面の案内に従って、Apple ID を認証します。Apple ID をお持ちでない場合は、「アカウントを作成」をクリックします。
  10. 請求先情報を確認するように案内するメッセージが表示される場合がありますが、トライアル期間が終了するまでは月額料金を請求されることはありません。有効なお支払い方法を追加して「登録」をタップしてください。
  11. 利用規約の確認画面が表示されたら、利用規約に同意します。
  12. 好きなジャンルやアーティストを選択します。友達が聴いている曲をチェックしたり、アーティストが新曲をリリースした時に通知を受け取ることもできます。

Android 電話端末の場合

  1. Google Play から Apple Music App をダウンロードします。
  2. Apple Music App を開きます。「Apple Music へようこそ」というメッセージが表示されない場合は、画面の下部にある「For You」をタップします。
  3. Apple Music にはじめて登録する場合や、以前トライアルを試したことがある場合は、トライアルの案内ボタンをタップします。
    Apple Music にすでに登録している場合は、「サインイン」をタップしてから、学生プランに切り替えてください。
  4. 「あなたは学生ですか?」をタップします。
  5. 「利用資格を確認」をタップします。ブラウザウインドウが開きます。
  6. 学校用 (.edu) または個人用のメールアドレスを入力し、在学する学校の名前を検索します。UNiDAYS で在学証明の記録のため、このメールアドレスが使われる場合があります。
    • UNiDAYS アカウントをお持ちの場合は、「UNiDAYS で確認済みですか?」をタップし、UNiDAYS アカウントで使っているメールアドレスでサインインします。
    • 海外留学中は、まず「日本以外へ就学していますか?」をタップし、国または地域を変更します。
    • サポートが必要な場合は、「UNiDAYS サポート」をタップします。
  7. 学校のポータルにサインインします。一部の国や地域では、学校の Wi-Fi ネットワークに接続されている状態で Apple Music のサービスにアクセスするか、学校用のメールアドレスを提示する必要があります (Apple Music の提供状況については、こちらの記事でご確認ください)。
  8. サインインし、学生証明が済んだら、Web ブラウザから Google Play Store にリダイレクトされます。Google Play Store を閉じて、Apple Music App を開きます。
  9. Apple Music にはじめて登録する場合は、トライアルの案内ボタンをタップします。それ以外の場合は、「学生用メンバーシップを開始」をタップします。 
  10. 画面の案内に従って、UNiDAYS ログイン情報を入力します。場合によっては、iTunes Store で使う Apple ID とパスワードの入力も必要です。
  11. 請求先情報を確認するように案内するメッセージが表示される場合がありますが、トライアル期間が終了するまでは月額料金を請求されることはありません。有効なお支払い方法を追加して「登録」をタップしてください。
  12. 利用規約の確認画面が表示されたら、利用規約に同意します。
  13. 好きなジャンルやアーティストを選択します。友達が聴いている曲をチェックしたり、アーティストが新曲をリリースした時に通知を受け取ることもできます。

Apple Music にすでに登録している場合

Apple Music を個人プランでご利用の場合は、ミュージック App またはコンピュータ上の iTunes で学生メンバーシップに切り替えることができます。Android 電話端末でも切り替えられます。

すでに Apple Music に登録している場合、学生プランは、現在の請求サイクルの締め日が過ぎないと有効になりません。更新日までは学生プランでの請求にはなりません。

「このデバイスの Apple ID の関連付けが変更された」というメッセージが表示される場合は、デバイスの関連付けを解除する方法について、こちらの記事を参照してください。

Apple ID として使っているメールアドレスを変更する方法もあります。

ファミリープランに参加している場合

Apple Music のファミリープランに参加している場合は通常、学生プランは必要ないと考えられます。 

ファミリー共有グループに参加している場合、学生プランに切り替えると、ファミリー共有の管理者に、Apple Music の学生プランとファミリープランの料金が両方とも請求される形になります。 

ファミリー共有グループの管理者の方が学生プランに切り替えた場合、グループの残りの方は Apple Music を使えなくなります。家族の各メンバーが Apple Music に次回サインインする際に、個人メンバーとして登録するオプションが表示されます。その後もファミリー共有の管理者を続ける場合、ファミリー共有グループのメンバーが iTunes で購入した際の代金は、プランの料金も含め、すべて引き続き管理者に請求されます。

Apple Music を管理する方法については、こちらの記事 (iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows パソコン、Apple TV) またはこちらの記事 (Android 電話端末) を参照してください。

利用資格を確認する

Apple Music の学生プランをご利用いただいている間は、各年度末に在学証明が必要になります。iOS デバイスと Android 電話端末のどちらをご利用かに応じて、証明手続きは若干異なります。

iOS デバイスの場合

確認期間中に、在学証明を求めるメッセージがミュージック App に表示される場合があります。以下の手順で在学証明をしてください。

  1. 「利用資格を確認」をタップします。
  2. 「Web サイトへ移動」をタップします。
  3. 学校のポータルにサインインします。

学校のポータルにサインインしたら、Apple Music に戻り、確認画面が表示されます。

iOS デバイスの「設定」からいつでも在学証明をすることができます。

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」>「iTunes と App Store」の順に選択します。
  2. Apple ID をタップして、「Apple ID を表示」をタップします。必要に応じて、Apple ID の認証を済ませます。
  3. 「登録」をタップします。定期購読が複数表示される場合は、「Apple Music メンバーシップ」をタップします。
  4. 「学生登録情報を確認」をタップします。在学証明サービスである UNiDAYS を通じて在学の確認手続きができる Web サイトにリダイレクトされます。 
  5. 画面の案内にそって在学証明を済ませます。証明が済んだら、自動的に Apple Music に戻り、Apple Music の学生プランを引き続き利用できます。

学生ではなくなった場合や、48 か月間の学生プランを使い切った場合は、自動的に Apple Music 個人プランに切り替わります。Apple Music の起動後に在学証明を求められるが、もう学生ではない場合や、48 か月間の学生プランを使い切っている場合は、「もう学生ではありません」をタップしてください。その後、在学証明を求められることはなくなります。

関連情報

  • Apple Music について詳しくはこちら、Apple Music の料金体系2についてはこちらを参照してください。
  • Apple Music を管理または解約する方法については、こちらの記事 (iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows パソコン、Apple TV) またはこちらの記事 (Android 電話端末) を参照してください。
  • Apple Music で使える機能について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

UNiDAYS アカウントに関するサポート

UNiDAYS アカウントに関するご質問については、UNiDAYS サポートにお問い合わせください (英語のみ)。

 

1 Apple Music の学生プランをご利用いただくには、大学、単科大学 (米国のみ)、Post-secondary School (カナダのみ) で学士号や博士号の取得のため就学中、または同等の高等教育コースを履修中であることが必要です。日本では、短大、専門学校、専門課程も対象となります。

2 料金体系は国や地域によって異なります。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日:Fri Dec 15 16:32:07 GMT 2017