Apple Watch の使い方

Digital Crown、サイドボタン、ジェスチャの使い方をご説明します。 

     

Digital Crown を押す/回す

  • 押すと、文字盤またはホーム画面が表示されます。 
  • ダブルクリックすると、最後に使っていた App に戻ります。 
  • 長押しして Siri を使います
  • 回すと、画面に表示されている内容を拡大縮小、スクロール、または調整できます。
  • Apple Watch Series 2 以降*では、スイミングのワークアウト中に、回して画面のロックを解除します。

サイドボタンを押す

  • 押して、Dock の表示/非表示を切り替えます。
  • 長押しして、SOS を使います
  • ダブルクリックして、Apple Pay を使います
  • 長押しして、Apple Watch の電源を入れたり切ったりします。 

Apple Watch のバンドを取り外す

Apple Watch の背面にはバンド取り外しボタンがあります。

Apple Watch のバンドを取り外す方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple Watch の画面をちらっと見る

Apple Watch Series 2 以降では、画面の明るさを抑えたまま、スリープを徐々に解除することができます。たとえば、映画館で画面をちらっと確認したい場合に便利です。

Digital Crown をゆっくり回して画面のスリープを徐々に解除し、反対側に回して画面をスリープ状態に戻します。 

ジェスチャを使う

いくつかのジェスチャを使って Apple Watch を操作できます。画面に触れると、感圧タッチテクノロジーが作動し、画面を押した強さを感知します。 

押す

画面を強めに押すと、文字盤を変更する、App のオプションを表示するなどの操作ができます。

タップ

画面をタップして、ボタンやアイテムを選択します。
 

ドラッグ

画面の上で指をドラッグさせて、スクロールしたり、スライダを調整したりします。

 

スワイプ

上下左右にスワイプして、別の画面を表示します。

 

* Apple Watch Series 2 以降でのみ利用できます。Apple Watch Series 1 および Apple Watch (第 1 世代) はスイミングには適していません。Apple Watch の耐水性能については、こちらの記事を参照してください。

公開日: