Final Cut Pro X、Motion、Compressor、iMovie から YouTube にサインインまたは共有できない場合

ムービーを Mac や別のローカルストレージデバイスにビデオファイルとして保存し、そのビデオファイルを YouTube にアップロードできます。

YouTube 側で共有手続きが変更されたことに伴い、macOS 用 iMovie 10.1.10、Final Cut Pro 10.4.5、Motion 5.4.2、Compressor 4.4.3 以前からは直接 YouTube で共有できなくなる可能性があります。それぞれの App から YouTube で共有するには、以下の手順を実行してください。

お使いの App のバージョンを調べるには、「[App 名]」>「[App 名] について」の順に選択します。たとえば、「iMovie」>「iMovie について」の順に選択してください。

macOS 用 iMovie 10.1.11Final Cut Pro 10.4.6Motion 5.4.3Compressor 4.4.4 からは、直接 YouTube で共有できます。App をアップデートするには、Apple メニュー  >「App Store」の順に選択し、サイドバーの「アップデート」をクリックします。アップデートが提供されている場合は、「アップデート」ボタンをクリックしてダウンロードし、インストールしてください。アップデートする前に、ファイルをバックアップし、未完成のプロジェクトがある場合は仕上げておいてください。

macOS 用 iMovie のプロジェクトを共有する

macOS 用 iMovie 10.1.10 以前をお使いの場合は、以下の手順にそって、YouTube でプロジェクトを共有してください。

  1. ツールバーの「プロジェクト」をクリックし、プロジェクトを選択します。
  2. ツールバーの共有ボタン をクリックし、「ファイル」を選択します。
  3. 共有ウインドウで、「品質」ポップアップメニューをクリックし、「低」「中」「高」のいずれかを選択します。
  4. その他のオプションを設定し、「次へ」をクリックします。ファイルが Mac や別のローカルストレージデバイスに保存されます。
  5. Safari や別の Web ブラウザを使って YouTube アカウントにサインインしてから、ビデオファイルをアップロードします。

iMovie で QuickTime ファイルを書き出す方法については、こちらの記事を参照してください。

Final Cut Pro プロジェクトを共有する

Final Cut Pro 10.4.5 以前をお使いの場合は、以下の手順にそって、YouTube でプロジェクトを共有してください。

  1. Final Cut Pro ブラウザでプロジェクトを選択し、共有ボタン をクリックしてから「マスター」を選択します。
  2. 「共有」ウインドウで「設定」をクリックします。
  3. 「フォーマット」ポップアップをクリックし、「Web ホスト」を選択します。
  4. 「完了時の処理」ポップアップメニューをクリックし、「何もしない」を選択します。
  5. その他のオプションを設定し、「次へ」をクリックします。ファイルが Mac や別のローカルストレージデバイスに保存されます。
  6. Safari や別の Web ブラウザを使って YouTube アカウントにサインインしてから、ビデオファイルをアップロードします。

Final Cut Pro からマスターファイルを書き出す方法については、こちらの記事を参照してください。

Motion プロジェクトを共有する

Motion 5.4.2 以前をお使いの場合は、以下の手順にそって、YouTube でプロジェクトを共有してください。

  1. Motion のプロジェクトを開いた状態で共有ボタン をクリックし、「ムービーの書き出し」を選択します。
  2. 「書き出し」ポップアップメニューをクリックし、「H.264」を選択します。
  3. その他のオプションを設定し、「次へ」をクリックします。ファイルが Mac や別のローカルストレージデバイスに保存されます。
  4. Safari や別の Web ブラウザを使って YouTube アカウントにサインインしてから、ビデオファイルをアップロードします。

Motion で QuickTime ムービーを書き出す方法については、こちらの記事を参照してください。

Compressor からプロジェクトを共有する

Compressor 4.4.3 以前をお使いの場合は、以下の手順にそって、YouTube でプロジェクトを共有してください。

  1. Compressor で、「ファイルを追加」をクリックし、共有するソースファイルを選択してから「追加」をクリックします。
  2. 必要に応じて、「内蔵」の横にある詳細表示三角形をクリックして、「YouTube に公開」を選択します。 
  3. 「場所」ポップアップメニューからトランスコード済みファイルの場所を選択し、「OK」をクリックします。
  4. バッチ領域でソースファイルを選択します。
  5. 「ウインドウ」>「インスペクタを表示」の順に選択します。
  6. インスペクタの「操作」領域で、「完了時の処理」ポップアップメニューから「何もしない」を選択します。
  7. 「バッチを開始」をクリックします。
  8. Safari や別の Web ブラウザを使って YouTube アカウントにサインインしてから、ビデオファイルをアップロードします。

Compressor でファイルをトランスコードする方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: