AppleCare サービス認定資格について

AppleCare 修理サービス認定資格についてご説明します。iOS 技術者や Mac 技術者を対象とした 2019 年度の認定プログラムについてもご案内します。

サポートコンテンツの概要

AppleCare Technician Training を購入された場合、または購入を検討されている場合は、こちらの記事で AppleCare Technician Training (ATT) のサポートコンテンツをご確認ください。

Global Service Exchange (GSX) アカウントを使ってコースにアクセスしている場合は、GSX にログインし、「Apple サービス認定資格について」を検索して、正規サービスプロバイダ向けの AppleCare サービス認定プログラムの詳細について確認できます。

ATLAS およびサービス認定試験について詳しくは、以下の記事を参照してください。

よくお問い合わせいただく質問

サービス認定試験は誰でも受験できますか?
はい。どなたでも試験に合格すれば、Apple 認定 Mac 技術者 (ACMT) 2019 または Apple 認定 iOS 技術者 (ACiT) 2019 になっていただけます。試験に合格するには、ATLAS のトレーニングにアクセスできることが必須となります。

試験に合格したからといって、修理の実施や、Apple との直接の取引、または Apple の代理としての取引を Apple が合格者に認めるというわけではありません。Apple は、認定試験に合格した技術者を認定します (スキルを確認する)。サービスプロバイダを正規の拠点として認可します (業務関係を結ぶ)。これら 2 つは同じことではありません。

試験に登録するには、どうすればよいですか?
https://certifications.apple.com にアクセスして Tech ID を使って Apple 公認トレーニングセンターで登録するか、オンラインで Pearson VUE を通じて登録してください。Apple 認定試験を受験した後は、上記の Apple Certifications の Web サイトで、関わりのあるすべての Apple 認定試験について確認し、管理できます。

サービス認定試験の準備はどのようにしたらよいですか?
Apple では、ATLAS でセルフペースのトレーニングコースを提供しています。インストラクター主導のトレーニングコースも、Apple Authorized Global Training Provider である LearnQuest から受講できます。Apple 正規サービスプロバイダ (AASP) およびセルフサービスアカウント (SSA) には、Service Training のカリキュラムをオンラインで無料で受けていただけます。一般の方も、AppleCare Technician Training を購入した上で、トレーニングを受けていただけます。

Apple Service Fundamentals 試験 (SVC-19A) には、静電気放電対策と技術者の安全に関するセクションがあります。試験合格のためには、両セクションの設問に正答する必要があります。

試験に合格しなかった場合、どれくらい経てば再受験できますか?
前回の受験後、24 時間経てば再受験できます。

職場または学校で大量の Apple 製品を導入しています。セルフサービスプログラムに登録できますか?
Apple のセルフサービスプログラムに参加いただいた企業/教育機関は、所有している製品のサービスや修理を自社/自校で実施できます。Apple のセルフサービスアカウントプログラムについてオンラインでご確認いただくか、または、Apple の営業担当者までお問い合わせください。

受験料はどのように支払いますか?
認定試験に登録する際に、Visa、MasterCard、または American Express でお支払いいただけます。

Apple とサービス契約を締結中のサービスパートナーには、その社員用にプライベートアクセスコードを無料で提供しています。

上記以外の質問があります。どこに問い合わせればよいでしょうか?
ご質問は svc.trng@apple.com にお送りください。

Apple Certified iOS Technician (ACiT) 2019 に関する質問

ACiT 2019 とは何ですか?
iOS 技術者として Apple の認定を受けていただくためのプログラムです。

ACiT 2019 認定は、以前の ACiT 2018 認定からどのように変わっていますか?
ACiT 2019 は、2019 年 3 月 15 日以前に製造された iOS 製品の修理を実施する資格を技術者に認定します。たとえば、以下の製品が該当します。

  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代)
  • iPad Pro 11 インチ

ACiT 2019 の認定を受けるには、どの試験を受ける必要がありますか?
ACiT 2019 の認定を受けるには、Apple Service Fundamentals 試験 (SVC-19A または SVC-18A)、および ACiT 2019 iOS サービス認定試験 (iOS-19A) に合格する必要があります。いずれの試験も、Pearson VUE で受験できます。ご自身のコンピュータでオンラインで試験を受けられます。

試験を受ける順序に決まりはありますか?
はい。ACiT 2019 iOS サービス認定試験 (iOS-19A) に登録するには、事前に Apple Service Fundamentals 試験 (SVC-19A または SVC-18A) に合格している必要があります。

それぞれの試験の受験料はいくらですか?
現時点での受験料については、Pearson VUE でご確認ください。

これらの試験用のトレーニングはどこで探せばよいですか?
Apple では、学習管理システム ATLAS に、セルフペースのトレーニングコースを用意しています。インストラクター主導のトレーニングコースも、Apple Authorized Global Training Provider である LearnQuest から受講できます。コースは Apple の正規サービス拠点にて受けていただけます。または、AppleCare Technician Training をご購入の上、受けてください。国や地域によっては、Apple が作成したトレーニング資料をご利用いただけない場合もあります。

ACiT 2018 認定をすでに受けています。新しい ACiT 2019 の試験を受ける必要はありますか?
いいえ。修理する必要がある iOS 製品について認定を受けている場合は、新しい試験の受験は不要です。

SVC-18A 試験に合格しています。iOS-18A 試験は、いつまで受験できますか?新しい 2 つの ACiT 認定試験を受ける必要がありますか?
ACiT 2018 に必要な SVC-18A に合格している場合、ACiT 2018 の試験は 2019 年 5 月 14 日まで受験できます。それまでに SVC-18A と iOS-18A 試験に合格すると ACiT 2018 認定は得られますが、対象になる製品は多くありません。ACiT 2019 の認定を受けるには、更新されたトレーニング資料を確認し、iOS-19A 試験に合格する必要があります。

認定を受けた後で発売された新しい iOS 製品を修理するには、どうすればよいですか?
正規の修理拠点は、製品が発売され次第、デバイス別の製品修理資格のコースを受けることができます。認定資格試験のほかにこうしたコースを修了した技術者は、該当する新しい製品を修理できるようになります。

Apple Certified Mac Technician (ACMT) 2019 の認定を受けました。新しい 2 つの ACiT 認定試験を受ける必要がありますか?
いいえ。ACMT 2019 の認定を受けている場合、Apple Service Fundamentals 試験には合格しているので、後は ACiT 2019 iOS サービス認定試験 (iOS-19A) のみ合格すれば、ACiT 2019 の認定を受けられます。 

ACiT 2019 認定に必要な試験に合格した場合、書面の認定書はいただけますか?
はい。必須の試験に合格した後で、certifications@apple.com にメールを送り、認定書を申請してください。申請フォームへのリンクを記載したメールを返信いたします。

上記以外の質問があります。どこに問い合わせればよいでしょうか?
ご質問は svc.trng@apple.com にお送りください。

Apple Certified Mac Technician (ACMT) 2019 に関する質問

ACMT 2019 とは何ですか?
AppleCare Mac Technician (ACMT) 2019 は、Apple Certified Mac Technician 認定資格の新バージョンです。

ACMT 2019 は、これまでの ACMT 認定資格とどのように違うのですか?
ACMT 2019 では、以前の ACMT 認定で対象とされていたすべての Mac 製品、および 2019 年 3 月 15 日以前に製造されたほかのすべての Mac 製品について、修理を実施する資格を技術者に認定します。従来は別々に資格試験を受け、ATLAS のコースを履修する必要があった、以下の MacBook 製品や MacBook Pro 製品も対象となります。

  • Mac mini (2018)
  • MacBook Pro (15-inch, 2018)
  • MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)

ACMT 2019 では、Apple 正規サービス拠点で勤務する技術者に対し、上記の全製品を修理する資格を認定します。

ACMT 2019 を取得するにはどの試験を受ける必要がありますか?
ACMT 2019 の認定を受けるには、Apple Service Fundamentals 試験 (SVC-19A または SVC-18A)、および ACMT 2019 Mac サービス認定試験 (MAC-19A) に合格する必要があります。いずれの試験も、Pearson VUE で受験できます。ご自身のコンピュータでオンラインで試験を受けられます。

試験を受ける順序に決まりはありますか?
はい。ACMT 2019 Mac サービス認定試験 (MAC-19A) に登録するには、事前に Apple Service Fundamentals 試験 (SVC-19A または SVC-18A) に合格しておく必要があります。

それぞれの試験の受験料はいくらですか?
現時点での受験料については、Pearson VUE でご確認ください。

これらの試験用のトレーニングはどこで探せばよいですか?
これらの試験を対象としたセルフペースのトレーニングは、ATLAS にて実施しています。インストラクター主導のトレーニングも Apple Authorized Global Training Provider である LearnQuest を通じて受講できます。コースは Apple の正規サービス拠点にて受けていただけます。または、AppleCare Technician Training をご購入の上、受けてください。国や地域によっては、Apple が作成したトレーニング資料をご利用いただけない場合もあります。

すでに ACMT 2018 の認定を受けています。新しい ACMT 2019 試験を受ける必要がありますか?
いいえ。修理する必要がある Mac 製品について認定を受けている場合は、新しい試験の受験は不要です。

Apple Certified iOS Technician (ACiT 2019) の認定を受けています。新しい 2 つの ACMT 認定試験を受ける必要がありますか?
いいえ。ACiT 2019 の認定を受けている場合、Apple Service Fundamentals 試験には合格しているので、後は ACMT 2019 Mac サービス認定試験 (MAC-19A) のみ合格すれば、ACMT 2019 の認定を受けられます。

以前の ACMT 2018 の試験のうち 1 つに合格しています。新しい 2 つの ACMT 認定試験を受ける必要がありますか?
ACMT 2018 に必要な SVC-18A に合格している場合、残りの ACMT の試験 (MAC-18A) は 2019 年 5 月 14 日まで受験できます。それまでに SVC-18A と MAC-18A 試験に合格すると ACMT 2018 認定は得られますが、対象になる製品は多くありません。ACMT 2019 の認定を受けるには、更新されたトレーニング資料を確認し、MAC-19A 試験に合格する必要があります。

認定を受けた後で発売された新しい Mac 製品を修理するには、どうすればよいですか?
正規の修理拠点は、製品が発売され次第、ATLAS でデバイス別の製品修理資格のコースを受けることができます。認定資格試験のほかにこうしたコースを修了した技術者は、該当する新しい製品を修理できるようになります。

ACMT 2019 認定に必要な試験に合格した場合、書面の認定書はいただけますか?
はい。必須の試験に合格した後で、certifications@apple.com にメールを送り、認定書を申請してください。申請フォームへのリンクを記載したメールを返信いたします。

上記以外の質問があります。どこに問い合わせればよいでしょうか?
ご質問は svc.trng@apple.com にお送りください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: