写真 App と iCloud フォトライブラリでの RAW 画像の扱いについて

iCloud フォトライブラリと macOS 用の写真 App で RAW 画像を扱う方法について説明します。

iCloud フォトライブラリは、iPhone、iPad、iPod touch、Mac の間で写真とビデオを最新の状態に同期してくれます。フォトライブラリに RAW 形式の画像が入っている場合は、Mac で表示し、編集できます。

Mac 上の RAW ファイルについて

Mac に RAW ファイルがあるかどうかは、いくつかの条件によって異なります。

  • 写真 App で「オリジナルをこの Mac にダウンロード」(「写真」>「環境設定」>「iCloud」>「オリジナルをこの Mac にダウンロード」) を選択している場合は、Mac の写真 App に常時 RAW ファイルが入っています。
  • 「Mac ストレージを最適化」オプションを選択している場合、RAW ファイルは iCloud フォトライブラリに保管されています。写真 App は、RAW 画像を最適化した JPEG バージョンを表示する方法で、Mac 上のディスクスペースを節約します。この最適化された画像を Mac で編集すると、その画像の RAW ファイルがダウンロードされます。
  • 写真 App で iCloud フォトライブラリから RAW 画像がダウンロードされると、Mac で最適表示になるように、フルサイズの JPEG が新たに作成されます。iCloud にすでに保管されている RAW ファイルや埋め込み JPEG ファイルが置換されることはありません。iOS デバイスでは、埋め込み JPEG の方が表示されます。
  • 写真 App のライブラリ以外の場所 (たとえば、「ピクチャ」フォルダ) に保管している RAW ファイルは、Mac 上に常時ありますが、iCloud には保管されないので、iPhone、iPad、iPod touch の写真 App ではその最新情報が同期されません。

Camera Connection Kit を使って iPad に読み込んだ RAW ファイル

Camera Connection Kit を使って RAW 画像を iPad に読み込んだ場合、「オリジナルをこの Mac にダウンロード」をオンにするか、または Mac 上でその画像を編集してください。そのファイルが Mac でも iCloud フォトライブラリで扱えるようになります。 

iPad で RAW 画像を扱う場合、実際の RAW ファイルではなく、カメラで作成された画像の埋め込み JPEG サムネールの方が表示されます。

公開日: