iCloud 写真に問題がある場合

iCloud 写真を有効にすれば、写真やビデオをすべて安全に iCloud に保管しておけます。iCloud 写真の管理方法、なくなった写真やビデオを見つける方法、不要になったものを削除する方法をご説明します。

iOS デバイスの「カメラロール」アルバムはどうなりましたか?

iCloud 写真を有効にすると、「カメラロール」アルバムの代わりに「すべての写真」アルバムが作成されます。これまでと同様にコンパクトにまとまった写真をスクロールして閲覧できますが、すべての写真とビデオが追加した日付で整理されるようになりました。

「マイフォトストリーム」アルバムはどうなりましたか?

iCloud 写真を有効にすると、カメラロールの写真はすべて「すべての写真」アルバムに追加されます。マイフォトストリームの写真のうち、「マイフォトストリーム」アルバムに入っていて、ライブラリには保存されていないものは削除されます。iCloud 写真を有効にした後、「マイフォトストリーム」アルバムは表示されなくなります。 

ほかのデバイスでマイフォトストリームを有効にしていて、iCloud 写真は無効になっている場合、そのデバイスでは引き続き「マイフォトストリーム」アルバムが表示されます。新たに撮影する写真やライブラリに追加した写真は、そのデバイスのそのアルバムに表示されます。

iCloud 写真を有効にした後で写真やビデオがなくなった場合はどうすればよいですか?

なくなってしまった写真やビデオが、写真 App の「最近削除した項目」アルバムの中に入っていないか調べ、正しい Apple ID で iCloud にサインインしているか確認してください。

iTunes を通じてデバイスにコピーした写真やビデオは、iCloud 写真にはコピーされません。オリジナルのフル解像度のバージョンを追加するには、以下の手順を実行してください。

OS X Yosemite 10.10.3 以降を搭載した Mac の場合

Mac ライブラリのオリジナルバージョンをアップロードするには、「写真」>「環境設定」の順にクリックして、「iCloud 写真」をオンにします。*

AirDrop を使ってコンピュータから iPhone、iPad、または iPod touch に写真をコピーすることもできます。

  1. コンピュータと iOS デバイスで同じ Apple ID でサインインしていることを確認します。
  2. iOS デバイスのロックを解除して、AirDrop を有効にします。
  3. Mac の Finder で新しいウインドウを開いて、サイドバーから「AirDrop」を選択します。
  4. 同じ Finder ウインドウ内の iOS デバイスを表すアイコンに写真をドラッグします。

Windows 8 以降を搭載した Windows パソコンの場合

Windows パソコンをお使いの場合は、以下の手順にそって、写真とビデオを iCloud 写真にアップロードしてください*

  1. スタート画面を開きます。
  2. 「すべてのプログラム」をクリックします。
  3. 「iCloud」>「iCloud フォト」の順に選択します。
  4. 「写真およびビデオをアップロード」を選択します。
  5. アップロードする写真を選択します。

Windows パソコンで iCloud 写真に問題がある場合は、こちらの記事を参照してください。

iCloud 写真を使っているデバイスから写真やビデオを削除するにはどうすればよいですか?

お使いのすべての iOS デバイス、Mac、iCloud.com から写真やビデオを削除したい場合は、写真 App で削除することができます。

写真 App で写真やビデオを削除すると、iCloud 写真と iCloud ストレージからも削除されます。写真やビデオを削除してから 30 日は「最近削除した項目」アルバムから復元できます。

Mac にある写真やビデオをすべて iCloud.com で見ることはできますか?

iCloud 写真は、Mac のシステムライブラリから写真やビデオをアップロードします。システムライブラリ以外の場所に保管してある写真やビデオはアップロードされず、デバイス間で最新情報が同期されることもありません。

iCloud 写真へのアップロードの進捗状況はどのようにして確認できますか?

iCloud に写真やビデオがアップロードされたかどうかは、写真 App を開いてライブラリを「モーメント」で表示すると確認できます。アップロード状況は、メニューの下部に表示されます。写真ライブラリに入っていて、iCloud にアップロードされていない写真やビデオも、Mac でスマートアルバムを使って探せます。

iCloud ストレージの上限を超えた場合はどうなりますか?

iCloud ストレージの上限を超えた場合、写真やビデオは iCloud にアップロードされなくなり、ライブラリの内容がデバイス間でそれ以上同期されなくなります。iCloud 写真を使い続けるには、ストレージプランをアップグレードするか、ストレージ使用量を減らしてください。

iCloud 写真のストレージ使用量を減らすには、不要になった写真とビデオを iOS デバイスまたは iCloud.com から削除します。削除した写真やビデオはデバイスからただちに削除され、「最近削除した項目」からも復元できなくなります。

ストレージが不足している場合は、デバイスが iCloud にバックアップされず、新しい写真、ビデオ、書類、情報が最新の状態に同期されなくなります。

1 台のデバイスでのみ iCloud 写真を無効にするにはどうすればよいですか?

以下の手順にそって、1 台のデバイスで iCloud 写真を無効にすることができます。

  • iPhone、iPad、iPod touch では、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「写真」の順に選択し、「iCloud 写真」をオフにします。*
  • Mac では、「システム環境設定」>「iCloud」の順に選択します。「写真」の横にある「オプション」をクリックし、「iCloud 写真」の選択を解除します。*
  • Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代) では、「設定」>「アカウント」>「iCloud」の順に選択し、「写真」の下の「iCloud 写真」で選択ボタンを押してオフに切り替えます。*

「ストレージを最適化」を有効にしている場合は、オリジナルの写真とビデオの一部がデバイスに保存されていない場合があります。オリジナルの写真とビデオを iOS デバイスにダウンロードするには、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「写真」の順に選択し、「オリジナルをダウンロード」を選択します。Mac の場合は、写真 App を開き、「写真」>「環境設定」の順に選択して、「オリジナルをこの Mac にダウンロード」を選択します。その後、iCloud 写真を無効に切り替えることができます。 iCloud.com からダウンロードしたい写真やビデオを選択することもできます。

iCloud 写真を無効にする前に、写真やビデオのコピーを作成しておくことをお勧めします。

iCloud 写真のコンテンツをすべて iCloud とデバイスから削除するにはどうすればよいですか?

以下の手順にそって、すべてのデバイスで iCloud 写真を無効にしてください。

  • iPhone、iPad、iPod touch では、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「ストレージを管理」>「写真」の順に選択し、「無効化して削除」をオンにします。
  • Mac の場合は、Apple メニュー >「システム環境設定」>「iCloud」の順に選択します。左下隅の「管理」をクリックし、「iCloud 写真」を選択して*、「無効化して削除」を選択します。

写真やビデオは、30 日間はアカウントに保管されます。写真とビデオを iOS デバイスにダウンロードするには、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「写真」の順に選択し、「オリジナルをダウンロード」を選択します。 Mac の場合は、写真 App を開き、「写真」>「環境設定」の順に選択して、「オリジナルをこの Mac にダウンロード」を選択します。iCloud.com からダウンロードしたい写真やビデオを選択することもできます。

関連情報

  • iCloud 写真に関してよくお問い合わせいただく質問 (FAQ) については、こちらの記事を参照してください。
  • Windows パソコンで iCloud 写真を管理し、使う場合のサポート情報については、こちらの記事を参照してください。

*「iCloud 写真」は、以前のバージョンの iOS、macOS、tvOS、Windows 用 iCloud では、「iCloud フォトライブラリ」と呼ばれていた機能です。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: