Apple Watch をワークアウトに活用する

運動中に最新の進捗状況を確認し、目標を達成した時点で教えてもらえます。



フリーゴールで室内ランニングを始める

ワークアウトを始めよう

  1. ワークアウト App を開きます。 
  2. これからやる運動内容にいちばん合うワークアウトを探します。ワークアウトの種類について詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  3. ゴールを設定するには、これからやるワークアウトの横の 「...」アイコン をタップします。ゴールの設定を省くには、そのままワークアウトをタップします。
  4. 3 秒のカウントダウンが終わるまで、しばらく待ちます。カウントダウンをスキップするには、画面をタップします。
  5. ワークアウトを行います。セッションを終わらせずに、別の種類のワークアウトを追加するには、ワークアウト App を開いて、右にスワイプし、プラス記号のアイコン をタップします。

Siri に頼んで、ワークアウトを始めることもできます。「5 キロのウォーキングに行こう」のように話しかけてください。

ワークアウトを開始するのを忘れてしまっても、運動を始めたことを Apple Watch が自動的に検知してくれます。詳しくは、こちらを参照してください。


ワークアウトをロック/終了/一時停止/新規追加するオプション

ワークアウトを終了または中断する

ワークアウトを終了するには、右にスワイプして X ボタン をタップします。ワークアウトを中断するには、「一時停止」ボタン をタップします。または、Digital Crown とサイドボタンを同時に押します。再開するには、両方のボタンを再び押してください。

室内および屋外のランニングワークアウトは、動きを止めた時点で自動的に一時停止するように設定できます。iPhone で Apple Watch App を開き、「マイウォッチ」タブをタップし、「ワークアウト」>「ランニング自動一時停止」の順にタップします。

ワークアウトを終了するのを忘れてしまっても、運動が終わったことを Apple Watch が自動的に検知してくれます。詳しくは、こちらを参照してください。


ランニングワークアウトの進捗具合

達成度を把握する

ワークアウト中にどの程度運動したかを確認するには、手首を上げます。Digital Crown を回して、いちばん大事な数値をハイライトさせてください。 

ランニングまたはウォーキングをする際は、1 マイルまたは 1 キロメートルに到達するたびに Apple Watch が手首をたたいて知らせてくれ、画面にも最新情報が表示されます。サイクリングのときは、5 マイルまたは 5 キロメートルごとに手首をたたいてくれます。 

iPhone の「ワークアウト表示」画面

各ワークアウトの測定基準を変更する

  1. iPhone で、Apple Watch App を開きます。 
  2. 「マイウォッチ」タブをタップして、「ワークアウト」>「ワークアウト表示」をタップします。
  3. 「複数の測定基準」または「単一の測定基準」をタップします。 
    • 「複数の測定基準」を選択した場合は、ワークアウトごとに 5 つまで指標を選択できます。ワークアウトの種類をタップし、「編集」をタップします。指標を追加または削除するか、アコーディオンアイコン を押したまま順序を入れ替えてください。
    • 「単一の測定基準」を選択した場合は、ワークアウト中に Digital Crown を回してすべての指標をスクロールして表示できます。

消費エネルギーや距離の単位を切り替える

  • カロリーとキロジュールを切り替えるには、カロリーのゴール設定画面を強く押します。
  • マイルまたはキロメートルを切り替えるには、距離のゴール設定画面を強く押します。
  • スイミング中にヤードとメートルを切り替えるには2、距離のゴール設定画面またはプールの長さの設定画面を強く押します。

ランニング専用の指標を表示する

  • ペース通知は、ランニング用の目標ペースを選択しておいて、早すぎたり遅すぎたりすると知らせてくれる機能です。ペース通知を設定するには、ワークアウト App を開いて、「ランニング」の横にある 「...」アイコン をタップします。「ペース通知」をタップし、ペースを設定してから「平均」または「ローリング」を選択します。
  • 「KM ローリング」は、直前の 1 キロメートルの走行ペース (ストリップタイム) を表す指標です。
  • 「ケイデンス」は、1 分あたりの歩数を表す指標です。

「KM ローリング」と「ケイデンス」を表示するには、複数の測定基準を設定しておく必要があります。

ワークアウトをセグメントに区切る

セグメントを使って、ワークアウトを複数に区切って記録できます。たとえば、「ランニング」のワークアウトを記録中に、一周ごと、または一定の距離ごとにセグメントに分けて記録できます。30 分の「室内自転車」のワークアウトなら、セッションを 10 分ごとに 3 つのセグメントに分けることができます。以下の手順を実行してください。

  1. ワークアウト中に、画面をダブルタップします。
  2. しばらくすると、セグメントの概要画面が表示されます。 
    1 つ目のセグメントが 9 分 3 秒経過したところ

ワークアウトが終わった後で、セグメントをすべて表示するには、以下の手順を実行してください。

  1. iPhone で、アクティビティ App を開きます。 
  2. 「ワークアウト」タブをタップします。 
  3. 目的のワークアウトをタップして、下にスクロールします。 

スイミングのワークアウト中は画面がロックされるので、セグメントに区切ることはできません。ただし、「プールスイミング」のワークアウトでは、プールサイドで 10 秒以上休憩するたびに自動的にセットとして記録されます。iPhone のアクティビティ App のワークアウト概要画面に「自動セット」が表示されます。

ワークアウトを始めるかどうか通知してもらう

watchOS 5 以降では、運動を始めると Apple Watch が察知して、手首をたたいて教えてくれます。この通知に表示されるオプションをタップして、ワークアウトを記録する、ワークアウトの種類を変える、その日の通知を停止する、または通知を閉じることができます。タップしたタイミングがいつでも、エクササイズを始めた時点からのワークアウトクレジットをもれなく獲得できます。

Apple Watch がワークアウトを記録するかどうか確認してくれるまでどのくらいかかるかは、ワークアウトの種類によって異なります。以下のワークアウトについては、Apple Watch が通知してくれます。

  • 室内ウォーキング
  • ウォーキング
  • 室内ランニング
  • ランニング
  • エリプティカル
  • ローイング
  • プールスイミング
  • オープンウォータースイミング

 

この設定のオン/オフを切り替えるには、Apple Watch で「設定」App を開いて、「一般」>「ワークアウト」の順にタップし、「ワークアウトの開始を通知」を表示してください。

ワークアウトを終了するかどうか通知してもらう

watchOS 5 以降では、運動し終わったことを Apple Watch が察知し、手首をたたいて教えてくれます。通知をタップしてワークアウトを終了または一時停止するか、通知を閉じてそのまま運動を続けられます。通知に対応しなかった場合や通知を閉じなかった場合は、自分で終了または一時停止するまでワークアウトが継続します。

運動が終わったと Apple Watch が検知するまでにかかる時間は、ワークアウトの種類によって異なります。

この設定のオン/オフを切り替えるには、Apple Watch で「設定」App を開いて、「一般」>「ワークアウト」の順にタップし、「ワークアウトの停止を通知」を表示してください。

ワークアウトに名前を付ける

「その他」のワークアウトを使った後で、そのワークアウトに名前を付けることができます。ダンスや筋力トレーニングなどのワークアウトを管理しやすくなります。

  1. Apple Watch で、ワークアウト App を開きます。 
  2. 「その他」をタップします。
  3. ワークアウトを最後まで終わらせます。
  4. ワークアウトが終わったら、右にスワイプし、「終了」をタップします。
  5. 「ワークアウト名」をタップします。
    概要画面の「ワークアウト名」オプション
  6. ワークアウトの種類をタップして、「保存」をタップします。 

 

文字盤をロック/ロック解除する

  1. 画面をロックして、意図せずタップしたり右にスワイプしたりしないようにしておくには、水滴のアイコン をタップします。
  2. 画面のロックを解除するには、Digital Crown を回します。

スイミングワークアウトを一時停止または停止する方法については、こちらの記事を参照してください。

ワークアウト中にバッテリーを節約する

長距離のウォーキングやランニングの際にバッテリーを節約するために、心拍数センサーをオフにしておくことができます。アクティブ (活動時) カロリー、距離、ペース、経過時間の計測は依然として継続されます。

「省電力モード」のオン/オフは以下の手順で切り替えます。

  1. iPhone で、Apple Watch App を開きます。 
  2. 「マイウォッチ」タブをタップして、「ワークアウト」をタップします。
  3. 「省電力モード」をタップしてオン/オフを切り替えます。 


2018 年 6 月のワークアウトの履歴

ワークアウトやアクティビティの履歴/達成度を確認する

  1. iPhone で、アクティビティ App を開きます。
  2. ワークアウトの詳細情報を確認するには、「ワークアウト」タブをタップして、アイテムをタップします。 

ワークアウト App の情報は Apple Watch のアクティビティ App と共有されるので、ワークアウトで記録した運動量はアクティビティのゴールにも反映されます。すべてのデータが自動的にヘルスケア App に保存され、ユーザの許可があれば、ヘルスケア App 経由で他社製 App で利用することもできます。

ワークアウトに関するその他の情報

  • 運動中は、設定時に入力した情報に基づいて計測値が算出されます。個人情報を変更する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • Apple Watch を調整することで、歩行/走行距離やペース、カロリーの測定精度を上げることができます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • 運動中に音楽を聴くことができます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。ワークアウト中に音楽をコントロールするには、左にスワイプします。
  • ワークアウトのクレジットを獲得できない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  • ワークアウトの履歴を表示する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • スイミングと車椅子のワークアウトについては、こちらの記事を参照してください。
  1. サイクリング、ウォーキング、ランニング、車椅子のワークアウトについては、マイルまたはキロメートルを切り替えることができます。また、スイミングのワークアウトについては、ヤードまたはメートルを切り替えられます。
  2. Apple Watch Series 1 および Apple Watch (第 1 世代) はスイミングには適していません。Apple Watch の耐水性能については、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: