Apple Watch をバックアップする

Apple Watch のデータは iPhone でバックアップされ、保存されます。その仕組みについて説明します。

Apple Watch のコンテンツは、ペアリングしている iPhone に自動でバックアップされるため、そのバックアップから Apple Watch を復元することができます。iPhone を iCloud またはコンピュータにバックアップすると、iPhone のバックアップの中に Apple Watch のデータも入っています。家族用の Apple Watch を設定している場合、そのデータは iCloud に直接バックアップされます。

Apple Watch のバックアップの対象となるデータ

  • App 固有のデータ (内蔵の App) や設定 (内蔵 App と他社製 App)。たとえば、マップ、距離、単位や、メール、カレンダー、株価、天気の設定などが該当します。  
  • ホーム画面の App のレイアウト
  • 文字盤の設定 (現在の文字盤やカスタマイズ内容、並び順など)
  • Dock の設定 (「よく使う項目」順と「最近使った項目」順のどちらで並べ替えているかや、利用できる App など)
  • 一般的なシステム設定 (明るさ、サウンド、触覚の設定など)
  • ヘルスケアやフィットネスのデータ。履歴、バッジ、Apple Watch のワークアウトとアクティビティで得た調整データ、ユーザが入力したデータなどが該当します (ヘルスケアやフィットネスのデータをバックアップするには、iCloud を使うか、コンピュータ上の暗号化されたバックアップを使う必要があります)。
  • 通知設定
  • Apple Watch に同期しているプレイリスト/アルバム/ミックス、ミュージック App の設定
  • Siri が話すタイミングを制御する、Siri の音声フィードバックの設定
  • 同期済みの写真アルバム (同期されているアルバムを確認するには、Apple Watch App を開いて「マイウォッチ」タブをタップし、「写真」>「同期されているアルバム」の順にタップします)。 
  • 時間帯

Apple Watch のバックアップの対象にならないデータ

  • Bluetooth のペアリング情報
  • Apple Watch の Apple Pay で使っていたクレジットカードまたはデビットカード
  • Apple Watch のパスコード
  • メッセージ*

Apple Watch と iPhone のペアリングを解除すると、iPhone で Apple Watch のバックアップが自動的に作成されます。ペアリングを解除すると、Apple Watch からすべてのデータが消去されます。Apple Watch が iPhone の通信範囲内にないときにペアリングを解除した場合は、バックアップに最新のデータが含まれていない場合があります。必要になれば、Apple Watch をペアリングし直して、バックアップから設定できます。

* デバイスで iCloud と「iCloud にメッセージを保管」を使っている場合、iMessage、テキスト (SMS) およびマルチメディア (MMS) メッセージは自動的に iCloud に保存されます。

公開日: