Logic Pro X でオーディオと MIDI の同期エラーが表示される場合

Logic Pro X を使っていて「オーディオと MIDI の同期中にエラーが発生しました」と表示される場合の対処法をご案内します。

Logic Pro で受信したオーディオ信号のサンプルレートがプロジェクトのサンプルレートと一致していない場合や、サンプルレートが変動する場合に、このエラーが表示されます。外付けのオーディオインターフェイスや同期デバイス、またはプラグインの使用時に表示される傾向にあります。 

このエラーメッセージでセッションが中断されないように、この記事の推奨事項に従って対処してください。推奨事項を 1 つ試したら、そのつどプロジェクトを再生してみて、エラーメッセージがまだ表示されるか確認します。表示される場合は、次の推奨事項を試し、エラーが表示されなくなるまで続けてください。

サンプルレートの設定を確認する

Logic Pro で外付けのオーディオインターフェイスをお使いの場合、インターフェイスのサンプルレートは自動的にプロジェクトのサンプルレートと一致するように調整されますが、場合によって、サンプルレートの設定が一致していないことがあります。サンプルレートの設定が一致しているか確認してください。

外付けのインターフェイスのサンプルレートを確認する

外付けのオーディオインターフェイスにはたいてい、デバイスのサンプルレートなど、ハードウェアの設定を表示および変更するためのアプリケーションがあります (通常は Mac のシステム環境設定や「アプリケーション」フォルダから利用できます)。詳しくは、デバイスのマニュアルを参照してください。

Logic Pro でサンプルレートを確認する

プロジェクトのサンプルレートを確認するには、「ファイル」>「プロジェクト設定」>「オーディオ」の順に選択します。プロジェクトのサンプルレートがインターフェイスのサンプルレートと一致していない場合は、「サンプルレート」ポップアップメニューから正しいサンプルレートを選択してください。

プロジェクトのサンプルレートがインターフェイスのサンプルレートと一致している場合は、「サンプルレート」ポップアップメニューから別のサンプルレートを選択してから、元のサンプルレートに設定し直してください。

デジタルデバイスのクロック設定を確認する

外付けのオーディオインターフェイスにデジタルデバイスを接続して使っている場合は、必ずマスタークロックとしてインターフェイスを 1 つだけ指定してください。詳しくは、インターフェイスのマニュアルを参照してください。

機器セットを確認する

外付けのオーディオインターフェイスを複数組み合わせて機器セットとして使っている場合は、以下の手順を実行してください。

  • 複数のデバイスをワードクロック、SPDIF、Lightpipe、または AES/EBU で接続します。
  • 1 つのデバイスをマスタークロックとして指定します。 

詳しくは、インターフェイスのマニュアルを参照してください。

I/O バッファサイズを大きくする

Logic Pro で I/O バッファサイズを大きくするには、「Logic Pro X」>「環境設定」>「オーディオ」の順に選択し、「I/O バッファサイズ」ポップアップメニューから大きいサイズを選択します。

トラックをフリーズする

プラグインが挿入されているトラックをフリーズしてみてください。

同期設定を確認する

ほかのアプリケーションやデバイスを Logic Pro に同期している場合や、Logic Pro を別のアプリケーションやデバイスに同期している場合は、同期の設定を確認してください。

ほかのアプリケーションやデバイスを Logic Pro に同期している場合

MIDI タイムコード (MTC) や MIDI クロックを生成する別のアプリケーションやデバイスを Logic Pro に同期している場合は、Logic Pro で外部同期信号の自動認識を解除してください。「プロジェクト設定」>「同期」の順に選択し、「外部同期信号とタップテンポを自動認識」チェックボックスの選択を解除します。

Logic Pro をほかのアプリケーションやデバイスと同期している場合

Logic Pro を MTC を使って別のアプリケーションやデバイスに同期している場合は、以下のいずれかを実行してください。

  • MTC を生成するアプリケーションやデバイスが、MIDI クロックも生成していないことを確認します。詳しくは、アプリケーションやデバイスのマニュアルを参照してください。 
  • Logic Pro で、「プロジェクト設定」>「同期」>「オーディオ」の順に選択し、「Core Audio」ポップアップメニューから「外部またはフリー」を選択します。

Reaktor Ensemble をバイパスする

プロジェクトのソフトウェア音源トラックで、LFO を曲のテンポに同期する Reaktor Ensemble を使っている場合は、このプラグインをバイパスするかトラックから削除してみてください。

内蔵オーディオを使う

外付けのオーディオインターフェイスをお使いの場合は、インターフェイスの代わりに Mac の内蔵オーディオを使ってみてください。

  1. 外付けのオーディオインターフェイスを Mac から取り外します。
  2. Logic Pro を開いて、「Logic Pro」>「環境設定」>「オーディオ」の順に選択します。
  3. 「出力デバイス」ポップアップメニューから「内蔵出力」を選択します。
  4. 「入力デバイス」ポップアップメニューから「内蔵マイク」(または、コンピュータによっては「内蔵入力」) を選択します。

エラーメッセージが表示されなくなった場合は、オーディオインターフェイスのアップデートまたは修理が必要だと考えられます。詳しいサポートについては、メーカーにお問い合わせください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: