「写真」のライブラリのサイズを調整して iCloud 写真に保存する

「写真」のライブラリのサイズが大きくて iCloud ストレージの空き容量に収まらない場合は、iCloud ストレージを増量するか、Mac で調整することができます。

iCloud にサインアップするだけで、iOS のバックアップ、写真、ビデオ、書類、App の保管用に 5 GB 分のストレージを無料で使えるようになります。iCloud 写真を有効にしたときに、ライブラリをアップロードするには容量が不足している場合は、そのことを知らせるメッセージが「写真」に表示されます。

その場合は、新しい月額プランを選択して iCloud ストレージを増量するか、以下のいずれかの方法で対処できます。ストレージプランは、50 GB (月々 130 円) から 2 TB (月々 1300 円) までご用意しています。

「写真」のライブラリのサイズを減らす

必要のない写真やビデオを書き出して、「写真」のライブラリのサイズを減らすことができます。 

  1. 「写真」で、書き出す項目を選択します。「ファイル」>「書き出す」を選択し、指示に従ってください。
  2. 書き出した項目を削除します。「写真」のサイドバーで「最近削除した項目」をクリックします。「すべてを削除」をクリックすると、項目がライブラリから完全に削除され、ライブラリを縮小できます。

「写真」の新しいライブラリを開始する

iCloud 写真で使用するために、「写真」のライブラリを新しく作成することができます。このライブラリは、必ずシステムフォトライブラリに指定してください

  1. 「option」キーを押しながら「写真」を開きます。
  2. 「新規作成」を選択します。
  3. 以前のライブラリからコンテンツを読み込み、サイズの小さい新規のライブラリを作成します。

Aperture でライブラリを分割する

Aperture を使用する場合、iCloud 写真で使うために、ライブラリを分割してサイズの小さいライブラリを作成できます。 

  1. Aperture でフォトライブラリを開きます。
  2. 新規ライブラリとして書き出したいコンテンツを選択します。 
  3. 「ファイル」>「書き出す」>「項目を新規ライブラリとして」を選択します。

書き出しが終わった後で、この新しい Aperture ライブラリを「写真」に移行して、iCloud 写真を有効にすることができます。

公開日: