前回と同じ App やウインドウが開かないようにする

Mac にログインしたときや App を開いたときに、前回と同じ App やそのウインドウが自動的に開く場合があります。この動作の制御方法をご案内します。

ログアウト時や再起動時のダイアログの設定項目を使う

Mac からログアウトするときや再起動するときに、画面上に表示される「再ログイン時にウインドウを再度開く」の選択を解除します。

または、セーフモードで起動してから、通常通りに再起動します。この場合、設定は変わりませんが、Mac で前回ログアウトまたは再起動したときに開いていたウインドウがそのときだけ開かなくなります。

上記の設定の選択を解除したのに App が自動的に開く場合は、以下のことが考えられます。


システム環境設定の「一般」の設定項目を使う

App で前回開いていたウインドウを記憶させないようにするには、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「一般」をクリックして、「アプリケーションを終了するときにウインドウを閉じる」を選択します。

または、「shift」キーを押しながら App を開きます。この場合、設定は変わりませんが、App を前回終了したときに開いていたウインドウがそのときだけ開かなくなります。

上記の手順で問題が解決しない App がある場合、ウインドウの再表示について App 独自の設定があると考えられます。App の環境設定やマニュアルで確認するか、App のデベロッパにお問い合わせください。

公開日: