「Made for iPhone」の補聴器でライブリスニングを使う

ライブリスニングを使えば、iPhone、iPad、iPod touch がリモートマイクになり、「Made for iPhone」補聴器に音声を送ってくれます。騒がしい場所で話を聞き取ったり、部屋の向こう側から話しかけてくる人の声を聞き取ったりするときに、ライブリスニングが活躍します。

ライブリスニングは、「Made for iPhone」補聴器に対応した iOS デバイスで使用できます。

ライブリスニングをオンにする

補聴器の設定画面

  1. 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「MFi ヒアリングデバイス」の順にタップします。
  2. 「デバイス」の下で、お使いの補聴器をタップします。
  3. 「ライブリスニングを開始」をタップします。
  4. 声を聞き取りたい相手の前にデバイスを置きます。

 

ライブリスニングをオフにする

ライブリスニングの設定画面

  1. 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「MFi ヒアリングデバイス」の順にタップします。
  2. 「デバイス」の下で、お使いの補聴器の名前をタップします。
  3. 「ライブリスニングを終了」をタップします。

 


 アクセシビリティショートカットが表示されている iPhone の画面          

アクセシビリティショートカットを使う

アクセシビリティショートカットを使って、ライブリスニングのオン/オフを切り替えたり、補聴器のほかの機能を制御したりすることもできます。アクセシビリティショートカットにライブリスニングを設定します。アクセシビリティショートカットを使うには、ホームボタンをすばやく 3 回続けて押します。iPhone X 以降では、サイドボタンを 3 回押します。

アクセシビリティショートカットを使って、以下の操作を行えます。

  • ライブリスニングを開始または終了する
  • バッテリー残量を表示する
  • 片方または両方の補聴器の音量を調節する
  • オーディオプリセットを選択する

ロック画面からアクセシビリティショートカットを使うには、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「MFi ヒアリングデバイス」の順にタップし、「ロック画面からのコントロール」をオンにしておきます。

再生コントロールが表示されている iPhone の画面

ライブリスニング機能が表示されない場合

  1. 補聴器がデバイスに接続されているか確認します。場合によっては、補聴器をペアリングしたり接続し直したりする必要があります。
  2. コントロールセンターの再生コントロールのデバイス選択リストに補聴器が表示されているか確認します。 
  3. 別のアクセサリが表示されている場合は、そのアクセサリをタップし、リストに表示される補聴器を選択します。

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: