Mac で iMovie をリセットする

プロジェクトやイベントが正しく表示されなくなった場合、iMovie が開かなくなった場合、iMovie が予期せず終了する場合は、iMovie の環境設定をリセットしてください。

始める前に

ライブラリを探す

デフォルトでは、iMovie のライブラリは Mac の「ムービー」フォルダにあります。そこにない場合は、iMovie をリセットする前に、ライブラリが保存されている場所を調べて、その場所を記録しておきましょう。

iMovie を開ける場合は、iMovie のサイドバーの「ライブラリ」で「control」キーを押しながらライブラリをクリックし、「Finder に表示」を選択します。Finder が開き、iMovie ライブラリが選択された状態で表示されます。その場所が、ウインドウの下部に表示されます。

iMovie を開けない場合は、以下の手順で対処してください。

  1. Finder を開いて、ウインドウの右上にある検索フィールドに「iMovie Library」と入力します。 
  2. ポップアップメニューで「種類」の下の「iMovie Library」をクリックします。Mac 上の iMovie ライブラリがすべて表示されます。
  3. リストの中から iMovie ライブラリをクリックして選択します。ライブラリの場所が、Finder ウインドウの下部に表示されます。その場所を記録しておきましょう。
  4. iMovie ライブラリが複数ある場合は、各ライブラリを選択し、それぞれ場所を記録しておきます。

ライブラリが「ムービー」フォルダ以外の場所に保存されている場合は、iMovie をリセットした後で、それらのライブラリを手動で開く必要があります。

iMovie をリセットする

  1. iMovie が開いている場合は終了します。
  2. キーボードで「option + command」キーを押しながら iMovie を再起動します。
  3. 表示されるウインドウで「環境設定を削除」をクリックします。

環境設定がリセットされ、デフォルトの設定で iMovie が開きます。

iMovie のライブラリを手動で開く

外付けドライブ上など、「ムービー」フォルダ以外に iMovie ライブラリを保存している場合は、次のようにしてライブラリを開き直します。

  1. 「ファイル」メニューから「ライブラリを開く」>「その他」の順に選択します。
  2. 「場所を確認」をクリックします。
  3. iMovie ライブラリを探して選択します。
  4. 「開く」をクリックします。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: