Final Cut Pro X で問題を解決する

Final Cut Pro X で問題を切り分けてトラブルシューティングを行い、解決する方法をご案内します。

以下の推奨手順を表示されている順序で試していき、問題を切り分け、解決に至るまで続けてください。作業を進める前に、Final Cut Pro X ライブラリ、メディア、Final Cut Pro X アプリケーションを必ずバックアップしておいてください。

1. Mac を再起動する

コンピュータを再起動すると、Final Cut Pro X に関連したシステムリソースがリセットされます。Mac を再起動するには、Apple メニュー () >「再起動」の順に選択します。Final Cut Pro X を開き直してから、問題を再現してみてください。

2. 外付けデバイスの接続を外す

外付けのデバイスが互換性を欠いたり誤動作したりしているせいで、Final Cut Pro X で問題が起きることがあります。外付けのドライブを以下の要領でテストしてください。

  1. Mac をシステム終了します。
  2. キーボードとマウス以外のすべての外付けデバイスの接続を外します。
  3. NVRAM をリセットします。この作業は、外付けデバイスの接続をはじめて外すときにだけ必要です。
  4. Final Cut Pro を開いて、問題を再現してみます。問題が解決した場合は、デバイスを一度に 1 台ずつ接続し直してみて、問題が再発するまで続けます。再接続後に Mac の再起動が必要なデバイスについては、再接続した後で Mac を再起動してください。 

問題が特定のデバイスを接続したときにだけ起きる場合は、そのデバイスのアップデートまたは修理が必要だと考えられます。詳しいサポートについては、メーカーにお問い合わせください。

3. Final Cut Pro X のマニュアルを確認する

Final Cut Pro X ヘルプを参照し、Final Cut Pro が正常に動作しているか確かめてください。警告メッセージ、警告アイコン、エラーメッセージに表示される主な用語を Final Cut Pro X ヘルプで検索できます。

4. システム条件を確認する

Mac が Final Cut Pro X のシステム条件を満たしているか確認してください。

5. Final Cut Pro X が最新の状態であることを確認する

Final Cut Pro をアップデートする前に、既存のライブラリと現在使っている Final Cut Pro アプリケーションのコピーをバックアップしてください。そうしておけば、アップデートで問題が解決しなかった場合でも、ファイルとアプリケーションを元の状態に戻せます。

最新バージョンの Final Cut Pro X を使っているか確認するには、Apple メニュー () >「App Store」の順に選択し、ツールバーの「アップデート」をクリックします。Final Cut Pro のアップデートが提供されている場合は、「アップデート」ボタンをクリックしてダウンロードし、インストールしてください。

6. Pro Video Formats がインストールされていることを確認する

Pro Video Formats がインストールされているか確認してください。

7. メディアとデバイスの互換性を調べる

互換性のあるメディアフォーマットデバイス外付けストレージデバイスのフォーマットを使っていることを確認してください。サポートについては、デバイスのメーカーにお問い合わせください。デバイスのソフトウェア・アップデートが提供されている場合は、メーカーの指示に従って、デバイス (カメラや外付けストレージデバイスなど) のファームウェアをアップデートするか、デバイス (インターフェイスなど) のドライバをアップデートしてください。

8. ソフトウェアの互換性を確認する

Apple 製以外のプラグインやその他のソフトウェアを Final Cut Pro で使っている場合は、お使いのバージョンの Final Cut Pro との互換性があるか確認してください。詳しいサポートについては、メーカーにお問い合わせください。アップデートが提供されている場合は、メーカーの指示に従い、ソフトウェアをアップデートしてください。

9. 別のユーザアカウントを使ってみる

Mac 上の別のユーザアカウントで Final Cut Pro X を開きます。別のユーザとしてログインしてみると、問題の挙動が特定のユーザの設定やファイルに関係しているかどうかを見極める上で参考になります。

10. 新しいライブラリとプロジェクトでテストする

新しいライブラリおよびプロジェクトを作成し、ほかのプロジェクトで正常に動作することを確認済みのメディアを使って問題を再現してみます。動作確認済みのメディアだと問題が起きない場合は、支障の出ているプロジェクトで使っていたメディアが問題に関係していると考えられます。メディアの入手元から新しいコピーを取得してください。

動作確認済みのメディアが手元にない場合は、プレースホルダと、Final Cut Pro X の追加コンテンツに入っているサウンドエフェクトを使って作成し、Apple ProRes 422 マスターファイルとして共有できます。この Apple ProRes 422 マスターファイルを新しいライブラリとプロジェクトに読み込んで、問題を再現してみてください。また、問題が起きているプロジェクトのメディアを新しいプロジェクトで使って、問題を再現してみる方法もあります。問題が再現されなかった場合は、Final Cut Pro の環境設定をリセットしてみることができます。

11. Final Cut Pro X の環境設定をリセットする

環境設定をリセットしても、ライブラリ、プロジェクト、メディアには影響ありません。ただし、環境設定にカスタムの設定を加えていた場合、そうした設定内容はデフォルトの設定にリセットされます。

環境設定をリセットする前に、「Final Cut Pro」>「環境設定」の順に選択し、具体的な設定内容を書き留めておいてください。そうしておけば、環境設定をリセットした後で、カスタムの設定を元通りに適用できます。各種の環境設定について詳しくは、Final Cut Pro ヘルプの「『Final Cut Pro』環境設定の概要」を参照してください。

Final Cut Pro X 10.3 以降で環境設定をリセットするには、以下の手順を実行してください。

  1. Final Cut Pro を終了します。
  2. 「command + option」キーを押しながら Final Cut Pro を開きます。
  3. 「環境設定を削除」をクリックします。
  4. 問題を再現してみます。問題が解消した場合は、Final Cut Pro の環境設定を開いて、カスタム設定を適用し直してください。

12. Final Cut Pro X を削除し、再インストールする

Final Cut Pro を削除して再インストールするには、以下の手順を実行してください。

  1. Finder で、「移動」>「アプリケーション」の順に選択します。
  2. Final Cut Pro を探して選択し、ゴミ箱にドラッグします。
  3. App Store から Final Cut Pro X を再インストールするか、バックアップから復元します。Final Cut Pro アプリケーションのコピーをバックアップから復元する場合は、そのコピーを保存されている場所から「アプリケーション」フォルダにドラッグするか、Time Machine バックアップから Final Cut Pro を復元します。

関連情報

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: