OS X Server:迷惑メールフィルタの設定が原因で、Microsoft Outlook クライアントがメールを送信できないことがある

 特定の方法で迷惑メールフィルタを構成している場合、Microsoft Outlook ユーザが OS X Server のメールサーバに接続できないことがあります。

特定の方法で迷惑メールフィルタを構成していると、Microsoft Outlook をメールクライアントとして使い、Mac OS X Server v10.6 以降からホストされるメールサーバに接続しているユーザがメールを送信できないことがあります。以下の (または同様の) 警告が Outlook クライアントに返されます。

受信者の 1 人がサーバによって拒否されたため、メッセージを送信できませんでした。拒否されたメールアドレス:"recipient@example.com"件名 "example", アカウント:"mail.example.com",サーバー "mail.example.com",プロトコル:SMTP,サーバの応答:"504 5.5.2 <ホストネーム>:Helo command rejected: need fully qualified host name",ポート:25,セキュリティ (SSL):なし,サーバーエラー:504,エラー番号:0x800CCC79

この問題は、OS X Server のメールサービス (Postfix) が、SMTP クライアントから完全修飾ホスト名を取得しなければならないように設定されているときに起こります。この設定は、Mac OS X Server v10.6 以降で迷惑メールフィルタを使う場合に有効になります。

完全修飾ホスト名の取得を必須にするかどうかは、構成ファイルを編集することで、ほかの迷惑メールフィルタ設定と別々に構成できます。セキュリティ関連の設定を変更する場合は、実際に行う前に評価する必要があります。

変更の影響を評価してから、以下の手順を実行して変更してください。構成ファイルを編集する際は、こちらの記事を参考にしてください。

OS X Server (Mountain Lion 以降の場合)

  1. 「/ライブラリ/Server/Mail/Config/postfix/main.cf」で smtpd_helo_restrictions 設定を探します。
  2. 設定の一覧から、「reject_non_fqdn_helo_hostname」を削除します。
  3. メールサービスを再起動します。

OS X Lion Server および Mac OS X Server v10.6.x の場合

  1. 「/etc/postfix/main.cf」で smtpd_helo_restrictions 設定を探します。
  2. 設定の一覧から、「reject_non_fqdn_helo_hostname」を削除します。
  3. メールサービスを再起動します。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: