DNS サーバが応答していないか、DNS 構成が無効なために Web ページの読み込みに時間がかかる

Web ページの読み込みに思った以上の時間がかかる場合、DNS 構成が関係している可能性があります。

DNS 構成に問題がある場合、Web サイトに DNS 名 (www.apple.com など) でアクセスしたときの方が、同じサイトに数値の IP アドレス (http://17.172.224.47 など) でアクセスしたときよりも遅く感じられることがあります。この問題の 2 つの原因について、以下に説明します。

DNS 構成

応答していない DNS サーバにアクセスしているか、無効な DNS 構成を使っている可能性が考えられます。DNS サーバは、名前 (www.apple.com など) を数値の IP アドレス (17.172.224.47 など) に変換します。IP アドレスへの接続には、DNS を解決する必要がないため、時間がかかりません。この現象が起きる状況の例を以下に 4 つ紹介します。

  • システム環境設定の「ネットワーク」パネルで (おそらく、ネットワーク管理者または ISP (インターネットサービスプロバイダ) の指示により) 複数の DNS サーバが指定されているが、リストの 1 台目のサーバが正しくないか、応答していません。この場合、Mac が 1 台目のサーバの反応を待ち、リストの次の DNS サーバを試すまでの間に、遅延が生じます。DNS アドレスが正確に入力されているか確認してください。DNS アドレスの順番を変更すると、パフォーマンスが向上する場合があります。ネットワーク管理者がプライマリサーバの使用を推奨している場合は、プライマリサーバの問題が解決した後で元の順番に戻すことができます。
  • ネットワークが DNS サービスの自動検出を行う構成になっていて、コンピュータに手動で DNS サーバアドレスを入力する必要がない場合があります。間違った DNS アドレスや古い DNS アドレスを手入力した場合、自動検出が成功する前に、間違ったアドレスが応答するまで待機状態になることがあります (「タイムアウト」)。
  • DNS サーバを指定しておらず、ネットワークがサービスの自動検出に対応していません。この場合、IP アドレスを使った接続しかできません。Web ページは DNS 名では読み込まれません。

ネットワーク管理者または ISP にお問い合わせの上、DNS 情報が正しいことを確認してください。ISP が DNS アドレスを 1 つしか提供していない場合は、1 つ目が利用できない場合に備えて、代わりに使える 2 つ目のアドレスをリクエストしてみます。

アドレスを入手したら、以下の手順にそって、DNS 情報を変更できます。以下の手順を実行した後、インターネットアプリケーションを一度終了してから起動し直さないと、正常動作に戻らない場合があります。

  1. Apple メニューから「システム環境設定」を選択し、「ネットワーク」をクリックします。
  2. インターネットへの接続に使っているインターフェイス (Ethernet や Wi-Fi など) を選択します。
  3. 「詳細」ボタンをクリックします。
  4. 「DNS」タブをクリックします。
  5. ウインドウの「DNS サーバ」セクションで、「+」(追加) ボタンまたは「-」(削除) ボタンをクリックし、DNS サーバの ISP アドレスを追加または削除します。DNS サーバが複数ある場合は、IP アドレスをドラッグして順序を入れ替えることができます。

ネットワークの切り替え

ノートブックコンピュータでネットワークを切り替えた後、初回の接続に時間がかかる場合があります。たとえば、自宅で Wi-Fi 接続で MacBook を使った後、職場または学校に持って行き、Ethernet 接続を使うことがあります。デフォルトでは、Mac は「自動」という名前のインターネット環境設定 (「ネットワーク環境」) を使って、コンピュータのネットワークインターフェイスの中から、インターネットに接続されているものを検索します。コンピュータが有効なネットワークを判定するまで、時間がかかる場合があります。これが問題かどうか判定するため、ネットワークインターフェイスを 1 つだけ含むネットワーク環境を作成してテストしてみることができます。

上記の手順を試しても問題が解決しない場合は、システム環境設定の「ネットワーク」パネルから、手入力した DNS アドレスを削除することを検討してください。該当するアドレスを選択してから、「-」(削除) ボタンをクリックします (グレイ表示のアドレスは削除できません)。

公開日: