Apple Configurator 1.6 について

Apple Configurator 1.6 について説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Apple Configurator をご利用のすべての方に、Apple Configurator 1.6 へのアップデートを推奨します。このアップデートは、Mac App Store の「アップデート」タブから入手いただけます。Apple Configurator 1.6 には、OS X Mavericks および iTunes 11.4 以降が必要です。

Configurator 1.6 の新機能や変更点

  • バックアップを復元する際にデバイスのデータと設定が消去されるようになりました。
  • Pages、Numbers、Keynote の書類の割り当てについてサポートが強化されました。
  • Configurator 1.6 は、iOS 8 で導入された以下の新しい構成プロファイルペイロードおよび設定に対応しています。

機能制限
  • 管理対象 App がデータを iCloud に保存することを許可
  • エンタープライズブックのバックアップを許可
  • エンタープライズブックのメモとハイライトの同期を許可
  • Handoff を許可
  • Spotlight でインターネット検索結果の表示を許可
機能制限
(監視対象のみ)
  • 「すべてのコンテンツと設定を消去」を許可
  • 機能制限の構成を許可
  • App のモバイルデータ通信設定の変更を許可
  • Podcast の使用を許可
コンテンツフィルタ
(監視対象のみ)
旧バージョンでは Web コンテンツフィルタ
  • プラグインをサポート
ドメイン
(新しいペイロード)
  • メール App で印の付かないメールドメインへの印付け
  • Safari の Web ドメインを管理
VPN サポート
  • IKEv2 接続タイプおよび VPN 常時接続
メールと Exchange ActiveSync
  • メッセージごとに S/MIME 暗号化の切り替え

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: