iPhone、iPad、iPod touch のカメラに問題がある場合

カメラ App を存分に活用する方法、ピントを外さない秘訣や、ホーム画面からカメラ App がなくなった場合の探し方などをご案内します。

iPhone、iPad、iPod touch で写真やビデオを撮るのが好きなら、デバイスを常に持ち歩き、カメラ App をいつでも使えるようにしていることでしょう。以下のヒントを参考に、カメラ App を存分に使いこなし、撮影した写真をおおいに楽しんでください。

カメラ App についてさらにサポートが必要な場合は、以下の手順をお試しください。

写真がぼやけるまたは焦点が合わない

写真がぼやけたり焦点が合わない場合や、写真に暗い部分がある場合は、次の手順をお試しください。

  1. カメラのレンズに汚れがないことを確認します。レンズの汚れを拭き取る必要がある場合は、マイクロファイバー製のクロスを使ってください。レンズの内側に埃やゴミがある場合は、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお持ち込みいただくと、さらに詳しくお調べすることができます。
  2. 光学式手ぶれ補正機能があるモデルの iPhone では、金属製のケースや磁石式のレンズがその機能の妨げとなる可能性があります。ケースやレンズを外して撮影してみて、画質を比較してください。
  3. 特定の被写体や人物に焦点を当てるには、プレビュー画面でその被写体や人物をタップします。カメラが調整している際に、画像が少し揺れたり、焦点が合ってから外れたりして見えます。写真モードでは、焦点を合わせている間はなるべく動かないでください。動きすぎると、カメラは自動的に中心に焦点を合わせます。ビデオモードでは、撮影を開始する前に焦点を調整することができます。

カメラの焦点に依然として問題がある場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

レンズが閉じているまたは黒い画面が表示される

カメラ App を開くと、レンズが閉じている、または黒い画面が表示される場合は、次の手順をお試しください。

  1. カメラのレンズを遮っているものがないことを確認します。ケースをお使いの場合は、取り出してみます。
  2. カメラ App を強制終了してから、もう一度開きます。
  3. デバイスを再起動してから、カメラ App を再び開きます。
  4. デバイスの前面と背面にカメラがある場合は、  をタップして両方のカメラを試します。片方のカメラのみでレンズが閉じているまたは黒い画面が表示される場合は、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお持ち込みいただくと、さらに詳しくお調べすることができます。

フラッシュが機能しない

コントロールセンターを使って、LED フラッシュをテストしてください。フラッシュライトのオン/オフを切り替えます。LED フラッシュがフラッシュライトとして機能しない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

フラッシュが機能しない、または写真を撮るたびにオフになる場合は、フラッシュの設定を確認してください。画面の左上の  をタップして、別の設定を選択します。

フラッシュをオンにしたまま長編ビデオを撮影している場合、または非常に高温の環境で本体をお使いの場合は、フラッシュが無効になったというメッセージが表示されることがあります。このメッセージは、デバイスが冷めるまで表示されたままになります。

カメラ App が表示されない

カメラ App はホーム画面に表示されるはずです。ホーム画面にない場合は、検索するか、機能制限で使用停止になっていないか確認できます。

Spotlight 検索機能を使う

  1. ホーム画面の中央から下にドラッグします。
  2. 「カメラ」と入力します。
  3. カメラ App をタップします。

設定を確認する

  1. 「設定」をタップします。
  2. 「一般」>「機能制限」の順にタップします。
  3. 「許可」の下で「カメラ」がオンになっているか確認します。

さらにサポートが必要な場合

上記の手順を試しても、写真を撮れない場合、写真の見た目がおかしい場合、またはその他の問題がある場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

関連情報

  • iPhone、iPad、iPod touch で写真を撮ってその場で美しく編集する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • 写真やビデオがライブラリに見当たらない場合は、こちらの記事の手順にそって探してください。
公開日: Wed Jan 03 15:35:50 GMT 2018