OS X Server v3.1 アップデートについて

OS X Server v3.1 アップデートによる変更点について説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

このソフトウェアによって、OS X Server v3.0、v3.0.1、v3.0.2、および v3.0.3 が v3.1 にアップデートされます。このアップデートには、OS X Mavericks v10.9.2 以降が必要です。

インストールの方法

OS X Server v3.1 は、Mac App Store からダウンロードできます。OS X Server (Mavericks) がインストールされている場合は、このアップデートが「アップデート」パネルに表示されます。インストールするには、「アップデート」ボタンをクリックします。サービスの中断を防ぐため、Mac App Store からほかのアップデートを自動的にインストールすることを選択している場合も、Server のアップデートは自動的にインストールされません。

インストール中に「Server アプリケーションの置き換えが検出されました」というメッセージが表示されることがありますが、これは正常なアップデートプロセスです。サーバの設定とデータはすべてアップデート中に保存されます。

インストールが完了した後、Server App を開いて、以前構成したサービスの設定を完了してください。

アップデートによる変更点

Server v3.1 では、OS X Server の全体的な安定性が向上しているほか、以下のような個別の改良が行われています。

Profile Manager

  • Device Enrollment Program のサポート
  • 監視された iOS 7.1 デバイスでのアクティベーションロックの管理
  • フォント、AirPrint、Wi-Fi Hotspot 2.0、およびデスクトップピクチャの設定の管理
  • 大きなディレクトリと同期する際の改善された拡張性
  • 「マイデバイス」ポータルへのアクセスおよびデバイス登録のための強化されたアクセス権
  • OS X v10.9.2 コンピュータの Active Directory アカウント用のユーザプロファイル
  • ログインスプリプトのアップロードのサポート
  • リモートディレクトリサーバが利用できなくなった場合の回復性の向上

その他のサービス

  • お住まいの国でキャッシュできないコンテンツがあるかどうかをキャッシュサービスに表示
  • メールサービスがアクティブでないときにアクティブであると表示される問題の修正
  • 出席者が多いカレンダーイベントの編集時の信頼性の向上
公開日: