Safari 6.1 のセキュリティコンテンツについて

Safari 6.1 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple では、ユーザ保護の観点から、完全な調査が終了して必要なパッチやリリースが利用可能になるまではセキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。Apple 製品のセキュリティについては「Apple 製品のセキュリティ」Web サイトを参照してください。

Apple Product Security PGP キーについては、こちらの記事を参照してください。

CVE ID を使って脆弱性を調べることもできます。

その他のセキュリティアップデートについては、こちらの記事を参照してください。

Safari 6.1

  • Safari

    対象:OS X Lion v10.7.5、OS X Lion Server v10.7.5、OS X Mountain Lion v10.8.5

    影響:細工を施された Web サイトを閲覧すると、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行されたりする可能性がある。

    説明:XML ファイルの処理に、メモリ破損に関する問題が存在します。この問題はバウンドチェック機能を強化することで解消されました。

    CVE-ID

    CVE-2013-1036:FortiGuard Labs の Kai Lu 氏

  • WebKit

    対象:OS X Lion v10.7.5、OS X Lion Server v10.7.5、OS X Mountain Lion v10.8.3

    影響:細工を施された Web サイトを閲覧すると、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行されたりする可能性がある。

    説明:WebKit にメモリ破損の脆弱性が複数存在します。この問題はメモリ処理を改善することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2013-1037:Google Chrome Security Team

    CVE-2013-1038:Google Chrome Security Team

    CVE-2013-1039:iDefense VCP と協力する own-hero Research 氏

    CVE-2013-1040:Google Chrome Security Team

    CVE-2013-1041:Google Chrome Security Team

    CVE-2013-1042:Google Chrome Security Team

    CVE-2013-1043:Google Chrome Security Team

    CVE-2013-1044:Apple

    CVE-2013-1045:Google Chrome Security Team

    CVE-2013-1046:Google Chrome Security Team

    CVE-2013-1047:miaubiz 氏

    CVE-2013-2842:Cyril Cattiaux 氏

    CVE-2013-5125:Google Chrome Security Team

    CVE-2013-5126:Apple

    CVE-2013-5127:Google Chrome Security Team

    CVE-2013-5128:Apple

  • WebKit

    対象:OS X Lion v10.7.5、OS X Lion Server v10.7.5、OS X Mountain Lion v10.8.5

    影響:悪意を持って作成された Web サイトにアクセスすると、情報が漏洩する可能性がある。

    説明:XSSAuditor に情報漏洩の脆弱性が存在します。この問題は、URL の処理を改善することで解消されました。

    CVE-ID

    CVE-2013-2848:Egor Homakov 氏

  • WebKit

    対象:OS X Lion v10.7.5、OS X Lion Server v10.7.5、OS X Mountain Lion v10.8.5

    影響:選択内容をドラッグまたはペーストすると、クロスサイトスクリプティング攻撃を引き起こす可能性がある。

    説明:あるサイトから別のサイトへ選択内容をドラッグしてペーストすると、その選択内容に含まれていたスクリプトが、別のサイトのコンテキスト内で実行できてしまう可能性があります。この問題は、ペーストまたはドラッグ & ドロップ操作の前に、コンテンツの検証を追加したことで解消されています。

    CVE-ID

    CVE-2013-5129:Mario Heiderich 氏

  • WebKit

    対象:OS X Lion v10.7.5、OS X Lion Server v10.7.5、OS X Mountain Lion v10.8.5

    影響:Web インスペクタを使うとプライベートブラウズが無効になる。

    説明:Web インスペクタを使うと、警告なしにプライベートブラウズが無効になります。この問題はステータス管理を改善したことで解消されました。

    CVE-ID

    CVE-2013-5130:Eötvös Loránd 大学の László Várady 氏

  • WebKit

    対象:OS X Lion v10.7.5、OS X Lion Server v10.7.5、OS X Mountain Lion v10.8.5

    影響:悪意を持って作成された Web サイトにアクセスすると、クロスサイトスクリプティング攻撃を受ける可能性がある。

    説明:URL の処理に、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。この問題は、オリジンの追跡機能を改良することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2013-5131:Erling A Ellingsen 氏
     

注意:OS X Mavericks では、Safari 7.0 に以上の修正が含まれています。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: