Apple TV 5.2 のセキュリティコンテンツについて

この記事では、Apple TV 5.2 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple では、ユーザ保護の観点から、完全な調査が終了して必要なパッチやリリースが利用可能になるまではセキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。Apple 製品のセキュリティについては こちら を参照してください。

Apple Product Security PGP キーについては こちらの記事 を参照してください。

CVE ID を使って脆弱性を調べることもできます。

その他のセキュリティアップデートについては、こちらの記事を参照してください。

Apple TV 5.2

  • Apple TV

    対象となるバージョン:Apple TV (第 2 世代) 以降

    影響:ユーザモードのプロセスがカーネルメモリの最初のページにアクセスできる可能性がある。

    説明:copyin/copyout 関数に渡されたユーザモードのポインタと長さを検証して、ユーザモードのプロセスがカーネルメモリに直接アクセスできないようにするチェック項目がカーネルにあります。長さが 1 ページに満たない場合、このチェック項目が使われていませんでした。この問題は、copyin/copyout 関数に渡される引数の検証を強化することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2013-0964:Azimuth Security の Mark Dowd 氏

  • Apple TV

    対象となるバージョン:Apple TV (第 2 世代)

    影響:同じ Wi-Fi ネットワーク上のリモートの攻撃者が、システムを突然終了させることができる可能性がある

    説明:Broadcom の BCM4325 および BCM4329 のファームウェアの 802.11i の情報要素の処理に、境界を越えた読み取りの問題があります。この問題は、802.11i の情報要素の検証を強化することで解決されました。

    CVE-ID

    CVE-2012-2619:Core Security の Andres Blanco 氏および Matias Eissler 氏

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: