iCloud を使ってカレンダーに常に最新情報を表示する

ポケットの中、手首の上、そしてデスクの上。iCloud を使えば、どこにでもカレンダーを持ち運べて便利です。予定を追加した時、イベントを削除した時、会議の予定を変更した時など、iCloud が自動的にすべてのデバイスに新しい情報を反映してくれます。

Mac と iPhone に iCloud カレンダーが表示されているところ

 

  
 

カレンダーには、Apple ID でサインインしているアカウントがすべて自動的に表示されます。カレンダーや照会カレンダーメールアカウント、ソーシャルメディアなどから追加することもできます。追加したカレンダーは、すべてのデバイスで同期されます。必要なときに必要な場所に居られるように、イベントや予定の管理を iCloud が助けてくれます。

まずはじめに

iPhone の「デフォルトカレンダー」画面で「パーソナル」カレンダーが選択されているところ

デフォルトのカレンダーを設定する

新しいイベントを作成すると、デフォルトのカレンダーに追加されます。予定を簡単に設定できるように、一番よく使う (おそらく職場用や自宅用の) カレンダーをデフォルトのカレンダーにしておいてください。デフォルトのカレンダーは、お使いのデバイスや iCloud.com から変更できます。

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. 「設定」>「カレンダー」の順に選択します。
  2. 「デフォルトカレンダー」をタップします。
  3. デフォルトとして使うカレンダーを選択します。

Mac の場合:

  1. カレンダー (または iCal) を開きます。
  2. メニューバーの「カレンダー」をクリックして、「環境設定」を選択します。
  3. 「一般」タブで、「デフォルトカレンダー」メニューから、使いたいカレンダーを選択します。

iCloud.com の場合:

  1. 「カレンダー」>  >「環境設定」の順に選択します。
  2. 「デフォルト」メニューから、使いたいカレンダーを選択します。
  3. 「保存」をクリックします。

イベントを管理する

スケジュールを Mac で管理するにしろ、外出先で予定を設定するにしろ、カレンダーの使い方はいたってシンプルです。情報を変更すれば、ただちにお使いのすべての Apple 製デバイスに反映されます。

イベントを追加する

iPhone に新しく追加したイベントが表示されているところ

  1. カレンダーを開きます。
  2. イベントの日付を選択します。
  3. をタップして、予定の詳細を入力します。

イベントを変更する

iPhone の「イベントを編集」画面

  1. カレンダーを開きます。
  2. 変更するイベントを選択します。
  3. 「編集」をタップします。

イベントを削除する

iPhone の「イベントを編集」画面に、削除可能なイベントが表示されているところ

  1. カレンダーを開きます。
  2. 削除するイベントを選択します。
  3. 「イベントを削除」をタップします。

 

自分が作成したイベントしか削除できません。カレンダーにほかの方から参加を依頼されたイベントがある場合は、「欠席」をタップしてイベントを削除できます。照会カレンダーのイベントを削除する場合、照会元で対応しないと (たとえば、Facebook でイベントに欠席の返事をするなど)、そのイベントを iCloud カレンダーから削除できないことがあります。

カレンダーを家族と共有する

iCloud を使えば、全員の最新の予定を把握するのも簡単です。ファミリー共有を設定すると、家族全員が見て予定を追加できるファミリーカレンダーが作成されます。また、何か情報が変更されたときは、家族全員に通知が届きます。家族のメンバーがファミリー共有グループに参加すると、すぐに全員のデバイスにファミリーカレンダーが表示されます。

iPhone でイベントを開いて編集しているところ

 

iPhone に「ディナーの予約を取る」カレンダー通知が表示されているところ

 

家族のカレンダーを共有したくない場合は、ファミリー共有グループの一員でありつつも、自分のデバイスで直接または iCloud.com で共有を停止できます。

時間帯を変更する

カレンダーと予定は、デバイスの現在地の時間帯を反映して自動的に変更されます。たとえば、サンフランシスコからニューヨークに旅行した場合、午後 1 時の通知が午後 4 時に届くようになります。時間帯が自動的に変更されないようにする場合は、お使いのデバイスでカレンダーの設定を変更できます。

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. 「設定」>「カレンダー」の順に選択します。
  2. 「時間帯を指定」をタップします。
  3. 「時間帯を指定」をスライドさせてオンにします。
  4. 「時間帯」をタップして、使いたい時間帯を検索します。

Mac の場合:

  1. カレンダー App を開きます。
  2. メニューバーの「カレンダー」をクリックして、「環境設定」を選択します。
  3. 「詳細」タブを開きます。
  4. 「時間帯のサポートを有効にする」チェックボックスを選択します。

関連情報

  • iCloud の連絡先、カレンダー、リマインダーに問題がある場合については、こちらの記事を参照してください。
  • iCloud でカレンダーやイベントが重複している場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  • Windows 用 iCloud で Outlook を使う場合の問題については、こちらの記事を参照してください。
公開日: