Keynote プレゼンテーションを PDF や Microsoft PowerPoint ファイルなどに変換する

Keynote のプレゼンテーションをほかの App で開くには、まず Keynote App で変換しておきます。Microsoft PowerPoint のプレゼンテーションやその他の形式のファイルを Keynote で開くこともできます。 

iPhone、iPad、iPod touch、Mac の Keynote でプレゼンテーションを変換し、開くことができます。Apple 製デバイスをお持ちでない場合は、iCloud.com の Keynote をオンラインで使えます。 

iPhone または iPad の Keynote でファイルを変換して開く

iPhone または iPad の Keynote では、さまざまな形式のファイルを扱うことができます。互換性のあるファイル形式については、こちらを参照してください。

iPhone または iPad の Keynote で Keynote プレゼンテーションを変換する

Keynote プレゼンテーションを Microsoft PowerPoint などの別の App で開きたい場合は、Keynote を使ってプレゼンテーションを適切な形式に変換しておきます。

  1. 変換したいプレゼンテーションを開いて、詳細ボタン をタップします。
  2. 「書き出し」をタップします。
  3. プレゼンテーションのフォーマットを選択します。
  4. プレゼンテーションの送信方法 (たとえば、メールやメッセージ) を選択します。

iPhone または iPad の Keynote でファイルを開く

iPhone または iPad の Keynote で Microsoft PowerPoint などのファイルを開くには、プレゼンテーションマネージャでそのファイルをタップします。プレゼンテーションマネージャが表示されていない場合は、「プレゼンテーション」(iPad の場合) または戻るボタン 「書類」ボタン (iPhone の場合) をタップしてから、開きたいファイルをタップします。グレイ表示になっているファイルは、互換性のない形式です。

また、ファイル App などの別の App やメールから Keynote ファイルを開くこともできます。

  1. 別の App を開いて、ファイルまたは添付ファイルを選択します。
  2. 「共有」ボタン をタップします。
  3. 「Keynote にコピー」をタップします。元のファイル形式は変わりません。

ファイルが開く時に、プレゼンテーションの外観が変わることがありますというメッセージが表示される場合があります。たとえば、フォントがない場合は Keynote にそのことを知らせるメッセージが表示されますが、「終了」をタップして、Keynote でプレゼンテーションを開きます。


Mac 用 Keynote

Mac 用 Keynote では、さまざまなファイル形式で作業することができます。互換性のあるファイル形式については、こちらを参照してください。

Mac 用 Keynote で Keynote プレゼンテーションを変換する

Keynote プレゼンテーションを Microsoft PowerPoint などの別の App で開きたい場合は、Keynote を使ってプレゼンテーションを適切な形式に変換しておきます。

  1. 変換したい Keynote プレゼンテーションを開きます。
  2. 「ファイル」>「書き出す」の順に選択し、ファイル形式を選択します。
  3. 表示されたウインドウで、違うファイル形式を選択し、詳細オプションを設定できます。たとえば、PDF に書き出す場合は、ファイルを開く際にパスワードを要求するように設定することができます。また、PowerPoint プレゼンテーションに書き出す場合はファイル形式を選択することや、ムービーファイルに書き出す場合はプレゼンテーションを表示するタイミングを調整することもできます。
  4. 「次へ」をクリックします。 
  5. ファイルの名前を入力し、保存先のフォルダを選択します。
  6. 「書き出す」をクリックします。

メール、メッセージ、AirDrop、またはメモ App を使って、ファイルを特定の形式で送信したい場合は、「共有」>「コピーを送信」の順に選択し、プレゼンテーションをどの方法で送信するかを選択した後、ファイル形式を選択します。

Mac 用 Keynote でファイルを開く

Finder で「control」キーを押しながらファイルをクリックし、「このアプリケーションで開く」>「Keynote」の順に選択します。Mac 上に Keynote しかプレゼンテーション App がない場合は、ファイルをダブルクリックするだけで読み込めます。

Mac 用 Keynote App から、「ファイル」>「開く」の順に選択してファイルを選択し、「開く」をクリックします。グレイ表示になっているファイルは、互換性のないファイル形式です。

ファイルが開く時に、プレゼンテーションの外観が変わることがありますというメッセージが表示される場合があります。たとえば、フォントがない場合は Keynote にそのことを知らせるメッセージが表示されますが、古いバージョンの Keynote で作成されたプレゼンテーションを開く時に、警告メッセージが表示される場合があります


iCloud 用 Keynote

iCloud 用 Keynote では、Mac または Windows コンピュータ上の対応している Web ブラウザを使って、ファイルを開いたり、編集したり、共有したりすることができます。iCloud 用 Keynote と互換性のあるファイル形式については、こちらを参照してください。Apple ID をお持ちでない場合は、Apple ID の作成方法をこちらの記事でご確認ください。

iCloud 用 Keynote で Keynote プレゼンテーションを変換する

  1. iCloud.com に Apple ID でサインインします。
  2. 「Keynote」をクリックします。
  3. プレゼンテーションマネージャで、変換したいファイルの「詳細」ボタン をクリックしてから、「コピーをダウンロード」を選択します。プレゼンテーションが開いた状態の場合は、ツールバーの「ツール」ボタン をクリックしてから、「コピーをダウンロード」を選択します。
  4. プレゼンテーションのファイル形式を選択します。ファイルのダウンロードが始まり、ブラウザの既定のダウンロード場所に保存されます。

iCloud 用 Keynote でファイルを開く

  1. iCloud.com に Apple ID でサインインします。
  2. 「Keynote」をクリックします。
  3. ブラウザのプレゼンテーションマネージャにアップロードしたいファイルをドラッグします。または、「アップロード」ボタン をクリックし、ファイルを選択してから「選択」をクリックします。
  4. プレゼンテーションマネージャでファイルをダブルクリックします。


ファイルの互換性を確認する

Keynote で開くことができるフォーマット

iPhone、iPad、Mac、またはオンライン (iCloud.com) の Keynote では、以下の形式のファイルを開くことができます。

  • すべての Keynote バージョン
  • Microsoft PowerPoint:Office Open XML (.pptx) および Office 97 以降 (.ppt)

Keynote プレゼンテーションから変換できる別のファイル形式

iPhone または iPad の Keynote

  • Microsoft PowerPoint Office Open XML (.pptx)
  • PDF
  • ムービー (.mov)
  • イメージ (.jpeg、.png、.tiff)
  • アニメーション GIF
     

Mac 用 Keynote

  • Keynote '09
  • Microsoft PowerPoint:Office Open XML (.pptx) および Office 97 以降 (.ppt)
  • PDF
  • ムービー (.m4v または .mov、フォーマットによる)
  • HTML
  • イメージ(.jpeg、.png、.tiff)
  • アニメーション GIF
     

iCloud 用 Keynote

  • Microsoft PowerPoint Office Open XML (.pptx)
  • PDF
     


関連情報

  • Mac 用 Keynote、iOS 用 Keynote、および iCloud 用 Keynote は同じファイル形式を使用しています。いずれかのプラットフォーム用の Keynote で作成または編集したプレゼンテーションは、ほかのプラットフォームの Keynote でも開けます。
  • iPhone または iPad では、App Store から最新バージョンの Keynote にアップデートできます。Mac で Keynote をアップデートするには、Mac の App Store App を使ってください。
  • Keynote プレゼンテーションを Keynote '09 と互換性のあるプレゼンテーションに変換する場合は、iWork '09 フォーマットで書き出す時の変更点についてこちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: