Pages で ePub ファイルを作成する

Pages を使って、ePub 形式のデジタルブックを作成する方法を説明します。

フォーマットを選択する

ePub は、International Digital Publishing Forum が策定したオープンなデジタルブック (電子書籍) 用の標準規格です。Pages では、書類を ePub フォーマットで書き出せます。書き出した書類は、iPhone、iPad、iPod touch、Mac の iBooks で読むことができます。

iBooks は、ePub フォーマットと PDF フォーマットの両方に対応しています。Pages から両方のフォーマットで書類を書き出すことができます。書き出した ePub ファイルや PDF ファイルを Pages で編集することはできないので、後でさらに編集を加えたくなるかもしれないと思う場合は、元の Pages 書類を取っておいてください。

ePub フォーマットを使う場合

書類の中でテキストが一番重視される場合は、ePub フォーマットを使ってください。ブック、レポート、書類、論文、教材などを作成する場合は、このフォーマットが適しています。

ページレイアウト書類として設定した書類は、ePub フォーマットで書き出せません。

サポートされている機能

ePub フォーマットには、以下の情報が入っています。

  • テキストのサイズ、フォント、向き (デバイスを回転させて横向きまたは縦向きにする) の変更点。
  • 書類に埋め込まれたビデオ。Mac 用 Pages で追加したビデオは、ePub に書き出すと、iBooks Store と互換性のあるフォーマットに変換されます。

ePub 書類は、iBooks Store で販売またはダウンロード配信できます。

ePub で書き出すと削除される要素

一部のコンテンツは、ePub フォーマットではサポートされません。以下の要素は、書類を ePub フォーマットで書き出すと削除されます。

  • スマートフィールド
  • マスター/背景オブジェクト
  • ヘッダとフッタ
  • フローティンググラフィックスはインライングラフィックスに変換
  • 脚注は巻末注に変換
  • カラム
  • コメント
  • イメージエフェクトの一部 (シャドウなど)
  • 4 メガピクセルを上回る画像は 4 メガピクセルにサイズ変更

レイアウトスタイル

ePub を書き出す際、レイアウトスタイルとして 2 つの選択肢があります。

  • 各種のデバイスや方向に合わせてコンテンツを自動調整するには、「リフロー型」を選択します。リフロー型の ePub は、リーダーに合わせてテキストのサイズが調整され、コンテンツのページの割り付けがやり直されます。主にテキストが含まれる書類なら、リフロー型が最適です。
  • デバイスや方向に関係なく、書類の各ページのレイアウトを同じまま固定しておきたい場合は、「固定レイアウト型」を選択します。固定レイアウト型の場合は、読み手が拡大縮小することはできますが、テキストやコンテンツの配置は固定され、流し込みがやり直されることもありません。画像が多用された書類や段組みの書類なら、固定レイアウト型が最適です。

固定レイアウト型でのみ使える機能

以下の機能は、書類を固定レイアウト型で書き出した場合に限り利用できます。以下のレイアウト機能が組み込まれた書類はリフロー型でも書き出せますが、これらの機能は書き出されません。

  • ヘッダとフッタ
  • 段組み
  • ページのサイズ
  • ページの方向
  • ページ番号とページ数のフィールド
  • 行間隔
  • ハイフネーション
  • 図形の中の選択可能なテキスト
  • 重なり合うテキストと描画項目
  • マスターの描画項目
  • 描画項目を回り込むテキスト
  • フローティングの描画項目はインラインに変換される代わりにフローティングとして書き出し
  • タブストップ
  • 影/反射

書類を準備する

Pages のページレイアウト書類は固定レイアウト型で、ワープロ文書は固定レイアウト型またはリフロー型で書き出せます。仕上がりがよくなるように、書類を作成する際は、ePub に書き出しても適切に表示されるかどうか配慮しながら段落スタイルやインライン画像を使ってください。ブックのページや、iBooks メニューに表示される目次を挿入できます。目次を挿入しない場合は、使われている段落スタイルを基に目次が自動作成され、iBooks のメニューにだけ表示されます。 

「デジタルブック (ePub)」テンプレートを使う

Mac 用 Pages v5.6 以降では、テンプレートの選択画面に「デジタルブック (ePub)」テンプレートが表示されます。これをたたき台として役立てることができます。iOS 用 Pages や iCloud 用 Pages を使う場合は、似たようなサンプル書類をダウンロードできます。

このテンプレートやサンプル書類を参考にして、Pages 書類を ePub フォーマットに書き出したときの見え方を確認してください。書類に記載されているガイドラインと手順を読んだ後、その書類をテンプレートとして使って、自分の書類を作成することができます。

Mac 用 Pages

  1. 「ファイル」>「新規」の順に選択します。
  2. テンプレートの選択画面で、「その他」をクリックします。
  3. 「デジタルブック (ePub)」テンプレートを選択してから、「選択」をクリックします。

iOS 用および iCloud 用 Pages

  1. サンプル書類をダウンロードします。
  2. サンプル書類を Pages で開き、参考にしながらブックを作成します。

ブックを作成するたびにサンプル書類をダウンロードしたくない場合は、編集する前にファイルを複製しておきます。新しく複製した方のコピーを使って、ブックを作成してください。

表紙を追加する

ブックを書き出す際に、ファイルにどのような表紙を付けるか選択できます。表紙は、ユーザの iBooks ライブラリに表示されたり、コンピュータ上のアイコンとして表示されたりします。

「イメージを選択」を選択すると、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows パソコンから表紙の画像を追加できます。表紙には、PDF、EPS、JPG、PSD、PNG、TIFF、GIF 形式の画像を使えますが、4 メガピクセル以下で用意する必要があります。

「表紙なし」を選択した場合、iBooks ライブラリでそのブックには汎用アイコンが表示されます。

段落スタイルを使う

ePub フォーマットに書き出した書類は、オリジナルの Pages 書類とは見え方が違ってくることがあります。Pages 書類と ePub ファイルが極力同じように表示されるように、段落スタイルやその他のフォーマット属性は ePub ファイルでも扱えるものを使ってください。

Pages の段落スタイルについて詳しくは、こちら (iPhone)こちら (iPad)こちら (iPod touch)、またはこちら (Mac) を参照してください。

イメージをインラインオブジェクトにする

再現率が高くなるように、書類内のイメージ、図形、その他のオブジェクトをフォーマットし直して、インラインオブジェクトにしてください。

  1. オブジェクトを選択または挿入します。
  2. 「フォーマット」インスペクタを開くかタップします。
  3. 「配置」をクリックまたはタップします。
  4. 「テキストと移動」を選択するか、オンにします。
  5. 「インライン (テキストあり)」を選択します。

目次を使う

Pages 書類を ePub フォーマットで書き出す前に目次を挿入していなかった場合、書類内で使われている段落スタイルに基づいて自動的に目次が生成されます。iBooks ユーザは、この目次を Mac で「表示」>「目次を表示」を選択するか、iPhone、iPad、iPod touch で をタップして表示できます。

ブックのテキストにカスタムの目次を代わりに表示したい場合は、以下の手順で作成してください。

Mac 用 Pages でカスタムの目次を作成する

  1. 「挿入」メニューから「目次」>「書類」の順で選択します。目次に表示したい各項目について、適切な段落スタイルが適用されていることを確認します。
  2. 目次を選択した状態で、「フォーマット」インスペクタを開きます。 
  3. 「目次」パネルで、目次に表示したい段落スタイルをすべて選択します。 
  4. 「目次」パネルで段落スタイルを選択または選択解除して、項目を削除または追加します。 

iOS 用または iCloud 用の Pages でカスタムの目次を作成する

iOS 用または iCloud 用の Pages では目次の作成や編集はできません。目次に表示するスタイルを変更するには、書類を Mac 用 Pages で開いて、上記の Mac 用 Pages の手順にそって変更してください。

チャプタ

チャプタのスタイルが使われ、ページ区切りが挿入されている位置を基準に、チャプタが自動的に判定されます。たとえば、ePub テンプレートでは、「チャプタ名」スタイルを使って、チャプタの分割位置を指定しています。

テキストサイズ

ePub ファイルを iBooks で表示した場合のブックのフォントは、iBooks の設定で選択されているフォントに設定されます。Pages 書類で指定したテキストサイズは、ブックでは「小」「中」「大」に変換されます。読む人が、iBooks でブックを読む際に好みのサイズを選択できます。ブックに表示される色は、Pages 書類に表示される色と異なる場合があります。

書類を ePub フォーマットで書き出す

書き出し対象の書類で変更をトラッキングしている場合は、書き出す前に、すべての変更箇所を承諾するか拒否し、変更のトラッキングを中止してください。何も対処しなかった場合、トラッキングした変更が自動的に承諾されます。 

Mac 用 Pages

  1. Mac 用 Pages で書類を開きます。
  2. 「ファイル」>「書き出す」>「ePub」の順に選択します。
  3. 「タイトル」と「作成者」に入力します。
  4. 「表紙」で、ePub の表紙のスタイルを選択します。表紙については、こちらを参照してください。
  5. 「レイアウト」で、レイアウトのスタイルを選択します。プロジェクトに適したレイアウトの選び方については、こちらを参照してください。ページレイアウト書類の場合は、固定レイアウト型で書き出す必要があります。
  6. 「詳細オプション」で、ブックの「カテゴリ」と「言語」を選択します。
  7. 選択してあるフォントが書類で必ず使われるようにする場合は、「フォントを埋め込む」にチェックマークを付けておきます。「フォントを埋め込む」の選択を解除した場合、選択されているフォントの代わりに、読み手のアプリケーションの優先フォントが使われます。
  8. 「次へ」をクリックします。
  9. ePub ファイルの名前を入力してから「書き出す」をクリックします。
  10. ファイルを書き出した後で、iBooks に追加して表示します。

iOS 用 Pages

  1. iOS 用 Pages で書類を開きます。
  2.  をタップします。
  3. 「コピーを送信」をタップします。
  4. 「ePub」を選択します。
  5. 「タイトル」と「作成者」に入力します。
  6. 使いたいレイアウトスタイルをタップします。プロジェクトに適したレイアウトの選び方については、こちらを参照してください。
  7. 「詳細」をタップします。
  8. ブックの「カテゴリ」と「言語」を選択します。 
  9. 選択してあるフォントが書類で必ず使われるようにする場合は、「フォントを埋め込む」にチェックマークを付けておきます。「フォントを埋め込む」の選択を解除した場合、選択されているフォントの代わりに、読み手のアプリケーションの優先フォントが使われます。
  10. iBooks Store との互換性がないムービーを画像に変換する場合は、「iBooks Store 互換性」をオンにしておきます。「iBooks Store 互換性」をオフにすると、読み手のアプリケーションでムービーが再生されない場合があります。
  11. 「戻る」をタップします。
  12. 「送信」をタップして ePub を共有します。

iCloud 用 Pages

  1. iCloud 用 Pages で書類を開きます。
  2. をクリックし、「コピーをダウンロード」を選択します。
  3. 表示されるダウンロードウインドウで「ePub」をクリックします。
  4. 「タイトル」と「作成者」に入力します。
  5. 「表紙」で、ePub の表紙のスタイルを選択します。表紙については、こちらを参照してください。
  6. 「レイアウト」で、レイアウトのスタイルを選択します。プロジェクトに適したレイアウトの選び方については、こちらを参照してください。ページレイアウト書類の場合は、固定レイアウト型で書き出す必要があります。
  7. 「詳細設定」で、ブックの「カテゴリ」と「言語」を選択します。
  8. 「ダウンロード」をクリックします。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: