Pages で ePub ファイルを作成する方法

Pages で ePub ファイルを作成する方法を説明します。

ePub は、International Digital Publishing Forum が策定したオープンな電子書籍用の標準規格です。Pages を使って ePub フォーマットに書き出した書類は、iOS デバイスまたは Mac で iBooks を使って表示できます。iBooks は、ePub フォーマットと PDF フォーマットの両方に対応しています。Pages で作成した書類は両方のフォーマットで書き出すことができます。

ePub を使う場合と PDF を使う場合

ePub の使用に関する詳細

  • ブックやレポート、書類、論文、教材など、文章が重視される場合は、ePub を使います。
  • テキストのサイズやフォント、画面の向き (デバイスを回転させて横向きまたは縦向きを決定) など、iBooks の機能を最大限に活かせます。
  • 書類へのビデオの埋め込みに対応しています。注意:Mac 用 Pages で追加したビデオは、ePub に書き出すと、iBooks Store と互換性のあるフォーマットに変換されます。iOS 用 Pages で追加したビデオは、非対応のフォーマットの場合、静止画像に変換されます。
  • iBooks のメモに対応しています。
  • 自動的に作成される目次から、読みたい場所に一気にジャンプできます。
  • 以下のコンテンツは ePub ファイルフォーマット標準ではサポートされていないため、書類を ePub フォーマットに書き出すと削除されます。
    • スマートフィールド
    • マスター/背景オブジェクト
    • ヘッダとフッタ
    • フローティンググラフィックス
    • 脚注 (巻末注に変換)
    • カラム
    • コメント
    • イメージエフェクトの一部 (シャドウなど)
    • 未エンコードのイメージデータの割り当てサイズが 1 章あたり 11 MB を上回るイメージ
  • iBooks Store で販売できます。

PDF の使用に関する詳細

  • パンフレットやチラシ、イラストを多用したマニュアルなど、レイアウトを重視した書類には、PDF を使います。
    • すべてのコンテンツ、フォーマット、フォントは作成者が設定した通りに保持されます。
    • 書類は縦向き/横向きのいずれか一方にフォーマットされ、向きを変更することはできません。
    • デバイスで画面の向きを切り替えても、PDF の向きは変わりません。
    • フォントの種類やサイズをユーザが変更することはできません。
    • Pages で作成したワープロ書類またはページレイアウト書類を書き出せます。
    • フローティンググラフィックスを使った Pages 書類を iBooks で表示する唯一の手段となります。
    • ビデオはサポートされません。
    • iBooks のメモはサポートされません。

iBooks で読める ePub 書類を作成する

Pages でワープロ書類を作成し、ePub ファイルフォーマットで書き出せば、iOS 用または Mac 用の iBooks App などの ePub リーダーを使ってその書類を読むことができます。「ページレイアウト」テンプレートで作成した書類は、ePub フォーマットで書き出すことはできません。

ePub フォーマットで書き出した書類は、Pages で表示した場合とは見え方が異なります。Pages で作成した書類を ePub フォーマットでできるだけ忠実に再現するには、Pages 書類のスタイルを段落スタイルや ePub ファイルでサポートされるフォーマット属性で設定します。以下に紹介しているサンプル書類は、スタイルの使い方などが、ePub ファイルフォーマットで書き出した場合に見栄えのする Pages 書類を作成する上で参考になり、テンプレートやガイドとして活用できます。Pages で段落スタイルを使う方法について詳しくは、Pages の「ヘルプ」メニューで、「段落スタイルを使用する」という見出し以下のトピックを参照してください。

「ePub Best Practices」サンプル書類を使うには

ePub フォーマットの使用に関する詳細や、Pages 書類を ePub ファイルに書き出した場合にどのような印象になるのかを確認するには、「ePub Best Practices」サンプル書類をダウンロードすることをお勧めします。サンプル書類に記載されているガイドラインと手順を読んだ後、その書類をテンプレートとして使って、自分の書類を作成することができます。新規書類を作成し、サンプル書類のスタイルを読み込むこともできます。

  1. 「ePub Best Practices」サンプル書類をダウンロードします。
  2. Mac 用 Pages で、サンプル書類をテンプレートとして使用します。
    1. サンプル書類ファイルのコピーを作成します。
    2. サンプル書類のコピーから元のコンテンツを削除し、自分のコンテンツを入力 (またはペースト) します。 
    3. 「ePub Best Practices」サンプル書類の説明に従って、段落スタイルを適用します。

    注意:iOS 用 Pages ではカスタムテンプレートを保存できませんが、サンプル書類内のカスタムスタイルを使うことはできます。Mac 用 Pages で書類を作成してから iOS で編集を続けるか、サンプル書類を複製し、そのコンテンツを削除して自分の書類を作成してください。iPhone および iPod touch または iPad で書類を複製する方法を確認してください。

  3. 作成した書類を ePub フォーマットで書き出し、iBooks での表示具合を確認します。

ePub フォーマットに書き出せるように既存の Pages 書類を準備する

ePub フォーマットで書き出した書類には、各章の前に改ページが自動的に挿入されます。目次が自動的に作成され、章のタイトルや見出し、小見出しに一気にジャンプできます。有用な目次を作成するには、適切なスタイルを書類に適用することが重要です。ePub リーダーでは、段落スタイルによって、ブックの目次に表示される項目が決まります。

書類を見直し、すべての章、タイトル、見出し、小見出しに適切な段落スタイルが適用されているかどうか確認します。

ePub ファイルの目次に表示する項目を追加する場合は、その項目にも正しい段落スタイルを適用します。

Mac 用 Pages の場合:「挿入」メニューから「目次」を選択します。目次に表示したい各項目について、適切な段落スタイルが適用されていることを確認します。次に、目次を選択した状態でインスペクタを開きます。「目次」タブで、目次に表示したい段落スタイルをすべて選択します。選択内容に応じて目次が自動的に更新されます。問題がある場合は、「目次」インスペクタで段落スタイルを選択または選択解除して修正します。 

iOS 用および iCloud 用の Pages では目次を編集できません。目次に表示されるスタイルを変更したい場合は、Mac 用 Pages で書類を開いて変更する必要があります。

目次はページをめくっていくとインラインに表示されるわけではありません。ブックの spine 要素に指定されます。

書類内のイメージや図形、その他のオブジェクトは、インラインオブジェクトになるよう再フォーマットします。インラインオブジェクトの詳細については、Pages ヘルプの「フローティングオブジェクトとインラインオブジェクト」を参照してください。

書類を ePub フォーマットに書き出す

Pages では ePub ファイルを開けません。ePub ファイルを開くには、ePub リーダーで「ブック」として開く必要があります。iBooks でのブックの表示フォントは、iBooks 用に選択したフォントに設定されます。ブックのテキストサイズはすべて「小」「中」または「大」でのみ表示されます。表示サイズは iBooks で選択できます。ブックに表示される色は、Pages の書類に表示される色と異なる場合があります。

書き出し対象の書類で変更をトラッキングしている場合は、書き出す前に、すべての変更個所を承諾するか拒否し、変更のトラッキングを中止します。特に操作を行わない場合は、トラッキングした変更が自動的に承諾されます (Pages ヘルプの「変更を承諾する/拒否する」を参照してください)。

Mac 用 Pages の場合

  1. 「ファイル」>「書き出す」>「ePub」と選択します。
  2. 以下のフィールドに入力します。
  3. タイトル:ブックの名前を入力します。

     

    作成者:作成者の名前を入力します。

    プライマリカテゴリ:ポップアップメニューからブックのカテゴリを選択するか、フィールドに新しいカテゴリ名を入力します。

  4. ブックの最初のページのサムネールイメージを、iBooks ライブラリで書類のアイコンとして表示するには、「最初のページを表紙イメージとして使用」チェックボックスを選択します。このチェックボックスを選択した場合、ブックのコンテンツは書類の 2 ページ目からはじまることになります。表紙のイメージは、ブックの目次に向かい合わせで表示されます。このチェックボックスを選択しなかった場合、iBooks のライブラリでこのブックには汎用アイコンが表示されます。

iOS 用 Pages の場合

  1. 「書類」画面で共有アイコンをタップします。
  2. 「コピーを送信」をタップします。
  3. 書類を選択します。
  4. 「メールで送信」「iTunes」「WebDAV」のいずれかを選択します。
  5. 「ePub」を選択します。
  6. Mac 用 Pages の手順 3 を参照して、必要な情報を入力します。「プライマリカテゴリ」は iOS 用 Pages では「ジャンル」と表示されます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

最終更新日: