MacBook Pro でグラフィックスのパフォーマンスを設定する

MacBook Pro でグラフィックスのパフォーマンスを調整する方法について説明します。

MacBook Pro モデルの多くは、グラフィックスシステム (統合型グラフィックスプロセッサとディスクリートグラフィックスプロセッサ) を 2 基搭載していて、その 2 基を切り替えてグラフィックスのパフォーマンスを最適化するソフトウェア機能を備えています。

該当するコンピュータでは「グラフィックスの自動切り替え」オプションがデフォルトで有効になり、実行中のアプリケーションに最適なグラフィックスシステムに自動的に切り替わります。このオプションを使うと、バッテリーが長持ちします。 

macOS のシステム環境設定の「バッテリー」ウインドウで「グラフィックスの自動切り替え」が選択されているところ

性能面で優れたディスクリートグラフィックスプロセッサの方を常時使いたい場合は、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「バッテリー」をクリックして「バッテリー」タブを表示し、「グラフィックスの自動切り替え」チェックボックスの選択を解除してください。macOS Catalina 10.15 以前では、この設定項目はシステム環境設定の「省エネルギー」パネルにあります。

外付けのディスプレイを Mac に接続している場合、そのディスプレイの接続を解除するまでは、高性能のグラフィックスプロセッサが使われます。

グラフィックスの設定を変更できない場合

「グラフィックスの自動切り替え」オプションが表示されない場合、そのコンピュータにはグラフィックスシステムが 1 基しか搭載されていません。


関連情報

MacBook Pro で使用中のグラフィックスプロセッサを調べる方法についてはこちらの記事、以前のモデルの MacBook Pro でグラフィックスパフォーマンスを設定する方法についてはこちらの記事を参照してください。

公開日: