機器セットを作成して複数のオーディオインターフェイスを組み合わせる

機器セットを用意しておけば、Logic Pro X、GarageBand、MainStage、その他の Core Audio に対応した多くのオーディオアプリケーションで、別々のデバイスからのオーディオ入力やオーディオ出力を同時に扱えるようになります。機器デバイスの設定方法と使い方について説明します。 

機器セットを作成しておけば、同時に扱えるオーディオ入力とオーディオ出力の数を増やせます。アプリケーションで入力と出力に別々の機器を扱えない場合も、機器セットを使えます。

Logic Pro、GarageBand、MainStage では、入力と出力に別々の機器を使えます。たとえば、入力には USB マイクを使い、出力には Mac のヘッドセットジャックを使えるといった具合です。他社製のアプリケーションの中には、入力と出力に別々の機器を使えないものもあります。

機器セットを設定する

機器セットを作成する際は、外付けのオーディオインターフェイスをすべて先に接続しておいてください。 

  1. Finder で、「移動」>「ユーティリティ」の順に選択します。Audio MIDI 設定アプリケーションを開きます。
  2. 「オーディオ装置」ウインドウの左下隅にある追加ボタン (+) をクリックし、「機器セットを作成」を選択します。
  3. 新しい機器セットがウインドウの左側のリストに表示されます。機器セットの名前を変更するには、ダブルクリックします。
  4. 新しい機器セットが選択されている状態で、「機器セット」ウインドウの左側の「使用」というラベルが付いたチェックボックスを選択します。機器セットに入れておきたい機器ごとに同じ作業を行ってください。チェックボックスを選択した順序によって、Logic Pro や MainStage などのアプリケーションの入力と出力の順序が決まります。たとえば、最初に選択したチェックボックスが入力 1 と 2 になり、2 番目に選択したチェックボックスが 3 と 4 になるといった具合です。

    右側のリストには、現在接続されているオーディオ機器と、各機器の入力チャンネルと出力チャンネルの数が表示されます。

  5. ある機器のクロックを、組み合わせた機器セット全体のマスタークロックとして使うには、「機器セット」の「クロックのソース」メニューからその機器を選択します。クロックの信頼性が一番高い機器を選択してください。
  6. オーディオ機器がすべてワードクロックに対応している場合は、ワードクロックケーブルですべての機器を接続します。「クロックのソース」として指定した機器につないだケーブルを、ほかの各機器の入力に接続してください。詳しくは、オーディオ機器の取扱説明書を参照してください。
  7. ワードクロックに対応していないオーディオ機器がある場合は、クロックマスターとして設定していない機器の「音ずれ補正」チェックボックスを選択します。

機器セットを Apple の音楽制作ソフトウェアで使う

  1. アプリケーションを開きます。
  2. お使いになるアプリケーションに応じて、以下の手順を実行してください。
    • Logic Pro の場合は、「Logic Pro X」>「環境設定」>「オーディオ」の順に選択し、「デバイス」を選択します。
    • GarageBand の場合は、「GarageBand」>「環境設定」>「オーディオ」の順に選択します。
    • MainStage の場合は、「MainStage」>「環境設定」>「オーディオ」の順に選択します。
  3. 「出力デバイス」ポップアップメニューから「機器セット」を選択します。Logic Pro と GarageBand では、選択した機器に合わせて「入力デバイス」が自動的に設定されます。別の入力デバイスを使いたい場合は変更できます。MainStage では、入力デバイスを手動で選択する必要があります。
  4. Logic Pro と MainStage では、「変更を適用」をクリックします。 
    GarageBand では、自動的に新しい入力デバイスに切り替わります。

機器セットを Mac のサウンド出力として使う

機器セットを Mac のサウンド出力として設定すると、Mac のほかの App からの音声が機器セットを通じて流れてきます。機器セットは、Apple の音楽制作 App の「出力デバイス」メニューと「入力デバイス」メニューの「システム設定」オプションにもなります。

  1. Finder で、「移動」>「ユーティリティ」の順に選択します。Audio MIDI 設定アプリケーションを開きます。
  2. 左側に表示されている機器セットを「control」キーを押しながらクリックして、「このサウンド出力装置を使用」または「このサウンド入力装置を使用」を選択します。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: