Mac ノートブックコンピュータの内蔵ディスプレイを閉じた状態で外付けのディスプレイを使う

Mac ノートブックの内蔵ディスプレイを閉じた状態で、外付けのディスプレイを使う方法について説明します。

Mac ノートブックの内蔵ディスプレイを閉じて、外付けのディスプレイやプロジェクタをつないで使うことができます。この内蔵ディスプレイを閉じた使用形態を「クラムシェルモード」と呼びます。

クラムシェルモードの使用条件

Mac ノートブックを内蔵ディスプレイを閉じた状態で使うには、以下の準備が必要です。

  • AC 電源アダプタ
  • 外付けのキーボードとマウスまたはトラックパッド (USB 接続またはワイヤレス)
  • USB-C - USB アダプタ (USB 接続のマウスやキーボードを MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015) 以降で使う場合)
  • 外付けのディスプレイまたはプロジェクタ

クラムシェルモードを有効にする

以下の手順にそって、クラムシェルモードを有効にしてください。

Mac の電源が入っていて、外付けのディスプレイが Mac に接続されているのに認識されない場合は、コンピュータがスリープ状態の間、またはコンピュータの電源が切れている間にディスプレイを接続してみてください。ディスプレイを接続した後で、コンピュータのスリープを解除するか電源を入れてください。

USB 接続のキーボードとマウスを使う場合

  1. Mac ノートブックが AC 電源アダプタでコンセントに接続されていることを確認します。
  2. USB 接続のキーボードとマウスを Mac に接続します。
  3. Mac の電源を入れてディスプレイを開いた状態で、Mac を外付けのディスプレイまたはプロジェクタの適切なポートに接続し、ディスプレイまたはプロジェクタの電源を入れます。必要に応じて、適切な Apple 製のビデオアダプタを使います。
  4. 外付けのディスプレイに Mac ノートブックのデスクトップが表示されたら、コンピュータの蓋を閉じます。
  5. 蓋を閉じると、次のようになります。
    • OS X Lion v10.7 以降では、外付けのディスプレイが青い画面に切り替わり、続いてデスクトップが表示されます。
    • OS X v10.6.8 以前では、マウスのボタンをクリックするか、外付けのキーボードのキーを押して Mac のスリープを解除できます。

これで、USB 接続のキーボードとマウスを使って、Mac ノートブックを通常通りに使えるようになります。

ワイヤレスのキーボードとマウスを使う場合

  1. Mac ノートブックが AC 電源アダプタでコンセントに接続されていることを確認します。
  2. システム環境設定の「Bluetooth」パネルで、またはメニューバーの Bluetooth アイコン Bluetooth アイコン で、Bluetooth が入になっていることを確認します。
  3. Bluetooth 対応のキーボードまたはマウスを Mac とペアリングします。
  4. システム環境設定の「Bluetooth」パネルで「詳細設定」をクリックし、「Bluetooth デバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする」の横にあるチェックボックスが選択されていることを確認します。
  5. Mac の電源を入れてディスプレイを開いた状態で、Mac を外付けのディスプレイまたはプロジェクタの適切なポートに接続し、ディスプレイまたはプロジェクタの電源を入れます。必要に応じて、適切な Apple 製のビデオアダプタを使います。
  6. 外付けのディスプレイに Mac ノートブックのデスクトップが表示されたら、コンピュータの蓋を閉じます。
  7. 蓋を閉じると、次のようになります。
    • OS X Lion v10.7 以降では、外付けのディスプレイが青い画面に切り替わり、続いてデスクトップが表示されます。
    • OS X v10.6.8 以前では、マウスのボタンをクリックするか、外付けのキーボードのキーを押して Mac のスリープを解除できます。

これで、ワイヤレスのキーボードとマウスを使って、Mac ノートブックを通常通りに使えるようになります。

使った後で Mac ノートブックとディスプレイの接続を解除する

ディスプレイの接続を解除する前に、Apple メニュー >「スリープ」の順に選択し、Mac をスリープ状態にしておいた方が得策です。

DVI および Mini DisplayPort 搭載のディスプレイ (Apple のアルミフレーム DVI ディスプレイや 24 インチおよび 27 インチの LED Cinema Display など) の中には、コンピュータをスリープ状態にしなくてもコネクタを外せるものがあります。お使いのディスプレイがこの機能をサポートしているかどうかわからない場合は、コンピュータをスリープ状態にしてからディスプレイの接続を解除してください。

クラムシェルモードの最中に内蔵のディスプレイを開く

クラムシェルモードの間に Mac ノートブックのディスプレイを開いた場合、お使いのオペレーティングシステムによって、その結果は異なります。

OS X Lion v10.7 以降

OS X Lion v10.7 以降を搭載した対象となる Mac ノートブックコンピュータがクラムシェルモードのときに蓋を開けると、ディスプレイが点滅して数秒後に青い画面に切り替わり、その後両方のディスプレイがアクティブになります。蓋を閉じるとクラムシェルモードに戻ります。

OS X v10.6.8 以前

OS X v10.6.8 以前を搭載した対象となる Mac ノートブックコンピュータがクラムシェルモードのときに蓋を開けると、映像が表示されないことがあります。これは問題ではなく正常な動作です。コンピュータがクラムシェルモードになっているときは、内蔵ディスプレイが無効になり、ビデオメモリはすべて外付けのディスプレイに割り当てられます。

内蔵ディスプレイを再度有効にするには、コンピュータをスリープ状態にしてからスリープ解除するか、システム環境設定の「ディスプレイ」パネルの「ディスプレイを検出」ボタンを使います。「Numlock」キーがないキーボードでは、「command + F1」キーを使うこともできます。

本ドキュメントは、新しい情報が入り次第、更新されます。

最終更新日: