Sidecar で iPad を Mac の 2 台目のディスプレイとして使う

Sidecar を使えば、Mac のデスクトップを拡張またはミラーリングするディスプレイとして iPad を活用できます。

iPad と、その横にある Sidecar を使用中の Macbook

Sidecar で Mac のデスクトップを拡張またはミラーリングする

Mac と iPad が Sidecar のシステム条件を満たしていることを確認した上で、以下の手順を実行してください。

  1. Sidecar はワイヤレスでも使えますが、iPad を使用中も充電できるように、iPad に付属の USB 充電ケーブルで Mac に直接接続します。
  2. Mac のメニューバーの AirPlay アイコン をクリックし、iPad を接続するオプションを選択します。または、システム環境設定の「Sidecar」パネルを使って接続します。
  3. iPad に Mac のデスクトップが拡張して表示されるはずです。ウインドウを iPad に移動するなど、ほかのディスプレイと同じように iPad を使えます。
  4. Mac のディスプレイをミラーリングして両方の画面に同じコンテンツを表示するには、AirPlay メニューに戻ります。Sidecar の使用中は青い四角形 になります。ディスプレイをミラーリングするオプションを選択します。Mac の画面をほかの人と共有する場合に、とても便利です。
  5. Sidecar のセッションを終了するには、AirPlay のメニューに戻り、接続を解除するオプションを選択します。または、iPad のサイドバーの「接続解除」ボタンをクリックします。

外付けディスプレイの使い方については、こちらの記事を参照してください。たとえば、システム環境設定の「ディスプレイ」パネルでは、iPad でデスクトップの上下左右のどこを拡張するのか、ディスプレイの配置を決められます。


ウインドウを iPad のディスプレイに移動する

ウインドウのフルスクリーンボタン の上にポインタを置くと、そのウインドウを iPad ディスプレイに移動するか、iPad ディスプレイから戻すかを選択できます。この方がウインドウをドラッグするよりも速く、しかも、ウインドウのサイズがディスプレイに合わせて調整されます。

緑色のボタンにポインタを置いたときに表示されるメニュー


iPad の画面の左側にはサイドバーがあり、よく使うコントロール群が表示されます。「command」「shift」やその他の修飾キーが表示されるので、キーボードを使わなくても指や Apple Pencil で基本的なコマンドを選択できます。

システム環境設定の「Sidecar」パネルで、サイドバーを非表示にしたり、その位置を変更したりできます。

Sidecar を使用中の iPad
  

iPad でウインドウをフルスクリーンで表示している場合に、このボタンをタップすると、メニューバーの表示/非表示が切り替わります。 

iPad にコンピュータの Dock を表示するかどうかを切り替えます。 

command。長押しして「command」キーを設定します。ダブルタップしてキーをロックします。 

option。長押しして「option」キーを設定します。ダブルタップしてキーをロックします。

control。長押しして「control」キーを設定します。ダブルタップしてキーをロックします。

shift。長押しして「shift」キーを設定します。ダブルタップしてキーをロックします。
  

最後のアクションを取り消します。一部の App では、複数のアクションを取り消せます。

オンスクリーンキーボードの表示/非表示を切り替えます。

iPad の接続を解除し、Sidecar のセッションを終了します。

 


Touch Bar を使う

Mac の App の多くは Touch Bar のコントロール群を使い、一般的なアクションを簡単にこなせるようになっています。Sidecar では、Mac に Touch Bar が搭載されていなくても、iPad の画面に Touch Bar が表示されます。Mac の Touch Bar とほぼ同様に機能し、コントロールは指や Apple Pencil でタップできます。 

システム環境設定の「Sidecar」パネルで、Touch Bar を非表示にしたり、その位置を変更したりできます。


スクロールやその他のアクションのジェスチャを使う

iPad の Multi-Touch ジェスチャは、Sidecar の使用時も健在です。以下のジェスチャは、Sidecar の使用時に特に便利です。

  • スクロール:2 本指でスワイプします。
  • コピー:3 本指でピンチインします。
  • カット:3 本指で 2 回ピンチインします。
  • ペースト:3 本指でピンチアウトします。
  • 取り消す:3 本指で左にスワイプするか、3 本指でダブルタップします。
  • やり直す:3 本指で右にスワイプします。


Apple Pencil を使う

iPad で Mac のディスプレイを拡張またはミラーリングしている間に、ポイント/クリック/選択したり、描画/写真編集/オブジェクト操作などのタスクを実行したりするために、マウスやトラックパッドの代わりに Apple Pencil を使えます。書類を書く、スケッチする、マークアップするのにも使え、出来上がった内容は Mac にもリアルタイムで反映されます。

Sidecar はダブルタップにも対応しています。この機能は、システム環境設定の「Sidecar」パネルで有効にします。ダブルタップを有効にすると、この機能に対応した App で、Apple Pencil (第 2 世代) の側面をダブルタップしてカスタムアクションを実行できます。


iPad の App を使う

Sidecar の使用中に、iPad の App に切り替えて、iPad でその App を通常通りに使うことができます。Sidecar App に戻るか、Sidecar の接続を解除するまで、Sidecar のセッションは一時中断します。Sidecar App は、Sidecar の使用中にのみホーム画面に表示されます。


  


システム環境設定の「Sidecar」パネルを使う

Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「Sidecar」をクリックします。Sidecar に対応したコンピュータでのみ、以下の設定を変更できます。

Sidecar のシステム環境設定

  • サイドバーを表示:iPad の画面の左側または右側にサイドバーを表示するか、非表示にします。
  • Touch Bar を表示:iPad の画面の上部または下部に Touch Bar を表示するか、非表示にします。
  • Apple Pencil でダブルタップを有効にする:この機能に対応している App で、Apple Pencil (第 2 世代) の側面をダブルタップしたときにカスタムアクションを実行できるようにします。
  • 接続先:接続先の iPad を選択するか、「接続解除」をクリックして Sidecar の使用を停止します。


Sidecar のシステム条件

Sidecar を使うには、macOS Catalina を対応モデルの Mac に搭載し、iPadOS 13 を対応モデルの iPad に搭載する必要があります。

macOS Catalina に対応した Mac

  • MacBook Pro (2016 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook (2016 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Air (2018 年以降に発売されたモデル)
  • iMac (2017 年以降に発売されたモデル、および iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015))
  • iMac Pro
  • Mac mini (2018 年以降に発売されたモデル)
  • Mac Pro (2019 年に発売されたモデル)
      

iPadOS 13 に対応した iPad

その他の条件


関連情報

公開日: