Mac の Finder について理解する

書類、メディア、フォルダ、その他のファイルを探し、整理する第一歩としてまず知っておいていただきたいのが、Finder についてです。

 

 

Finder は、Mac の起動が終わると最初に画面に表示されます。自動的に開いて、ほかの App を使っている間も開いたままになります。画面の上部には Finder メニューバーがあり、その下にはデスクトップがあります。ウインドウとアイコンを使って、Mac 上、iCloud Drive 上、その他のストレージデバイス上にあるコンテンツが表示されます。ファイルを探して (find) 整理するのに便利なため、Finder と呼ばれています。


ウインドウとファイルを開く

ウインドウを開いて Mac 上のファイルを表示するには、Dock の Finder アイコン (上の図) をクリックして、Finder に切り替えます。Finder に切り替えると、ほかの App のウインドウの後ろに隠れている Finder ウインドウがあれば、それらも表示されます。ウインドウのサイズをドラッグして変更したり、ボタンを使って、ウインドウを閉じる 、最小化する 、最大化する ことができます。ウインドウの管理について詳しくは、こちらを参照してください。

開きたい書類、App、その他のファイルが見つかったら、ダブルクリックするだけで開けます。


ファイルの表示方法を変更する

Finder のウインドウでファイルを表示する方法を変えるには、メニューバーの「表示」メニューを使うか、Finder ウインドウの上部に並んでいるボタンを使います。ファイルをアイコン表示 、リスト表示 、カラム表示 、ギャラリー表示 にすることができます。どの表示方法でも、アイテムの並べ替え方や整頓方法 (種類別、日付別、サイズ別など) を変更するためのオプションが「表示」メニューに用意されています。表示のカスタマイズ方法については、こちらを参照してください。

ファイルをギャラリー表示にした場合、大きいプレビューでファイルの内容を目で見て確認できるので、画像やビデオ、さまざまな種類の書類を簡単に見分けることができます。macOS Mojave のギャラリー表示では、ビデオを再生したり、複数ページの書類をスクロールしたりすることもできます。それ以前のバージョンの macOS では、Cover Flow という、性能面では若干及ばないながらも、ほぼ同様のギャラリー表示を使えます。


macOS Mojave のギャラリー表示。左側にサイドバー、右側にプレビューパネルが表示されています。


プレビューパネルを使う

どの表示方法でも、メニューバーから「表示」>「プレビューを表示」を選択して、プレビューパネルを使用できます。または「shift + command (⌘) + P」キーを押して、プレビューパネルの表示/非表示をすばやく切り替えることができます。

macOS Mojave では、このプレビューパネルがさまざまな形で進化しました。

  • 詳細なメタデータなど、詳しい情報をファイルごとに表示できます。写真やメディアを扱う際は、カメラの機種や絞りなど、主要な EXIF データを簡単に確認できるので、とりわけ便利です。「表示」>「プレビューオプションを表示」の順に選択して、選択されているファイルの種類についてプレビューパネルにどの情報を表示するかを指定できます。
  • クイックアクションを使って、選択されているファイルを簡単に管理または編集できます。

プレビューパネルでクイックアクションを使う

macOS Mojave のクイックアクションを使えば、App を開かなくてもファイルを操作できます。クイックアクションはプレビューパネルの下部に表示され、選択されているファイルの種類によって、どのアクションが表示されるかは異なります。

  • 画像を回転する
  • 画像や PDF にマークアップする
  • 画像や PDF を 1 つの PDF ファイルに統合する
  • オーディオファイルやビデオファイルをトリミングする

クイックアクションを管理するには、「その他 」をクリックし、「カスタマイズ」を選択します。macOS Mojave には、標準的なクイックアクションが一式揃っていますが、他社製の App がインストールしたクイックアクションもここに表示されます。Automator を使って、自分でクイックアクションを作ることもできます。


デスクトップでスタックを使う

macOS Mojave では「スタック」も登場しました。ファイルをすっきり重ねてデスクトップを自動的に整理整頓してくれるので、デスクトップをいつでもきれいに保ち、探し物もピンポイントで探せます。スタックについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。




ファイルを削除する

ファイルをゴミ箱に移動するには、ファイルを Dock の「ゴミ箱」にドラッグします。または、1 つまたは複数のファイルを選択して、「ファイル」>「ゴミ箱に入れる」(「command + delete」キー) の順に選択します。

ファイルをゴミ箱から取り出すには、ゴミ箱をクリックして開いて、ファイルをゴミ箱の外にドラッグします。または、ファイルを選択して、「ファイル」>「戻す」の順に選択します。

ゴミ箱からファイルを削除するには、「ファイル」>「ゴミ箱を空にする」の順に選択します。それらのファイルで占有されていたストレージ領域をほかのファイルで使えるようになります。macOS Sierra では、自動的にゴミ箱を空にするように Mac を設定できます。

公開日: