Mac の Finder について理解する

Mac をはじめて使う方にとって、書類、メディア、フォルダ、その他のファイルを探し、整理する第一歩としてまず知っておいていただきたいのが、Finder についてです。

Finder は、Mac の起動が終わると最初に画面に表示されます。自動的に開いて、ほかの App を使っている間も開いたままになります。画面の上部には Finder メニューバーがあり、その下にはデスクトップがあります。ウインドウとアイコンを使って、Mac 上、iCloud Drive 上、その他のストレージデバイス上にあるコンテンツが表示されます。ファイルを探して (find) 整理するのに便利なため、Finder と呼ばれています。

ウインドウとファイルを開く

ウインドウを開いて Mac 上のファイルを表示するには、Dock の Finder アイコン (上の図) をクリックして、Finder に切り替えます。Finder に切り替えると、ほかの App のウインドウの後ろに隠れている Finder ウインドウがあれば、それらも表示されます。ウインドウのサイズを変更する方法、閉じる 、最小化する 、または最大化する 方法などのウインドウ操作については、こちらの記事を参照してください。

開きたい書類、App、その他のファイルが見つかったら、ダブルクリックするだけで開けます。

ウインドウでファイルを表示する方法を変更する

ファイルをアイコン形式ではなくアルファベット順のリスト形式で表示したい場合は、Finder メニューバーから「表示」>「リスト」を選択するか、ウインドウの上部にある表示形式のボタンを使います。ファイルをカラム形式で表示したり、Cover Flow を使って表示することもできます。ファイルの表示形式について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

ウインドウでサイドバーを使う

Finder ウインドウのサイドバーには、AirDrop、よく使うフォルダ、iCloud Drive、ハードドライブなどのデバイスといったアイテムへのショートカットが表示されます。Dock にあるアイテムと同様、サイドバーにあるアイテムもワンクリックで開くことができます。

サイドバーに表示するアイテムを変更するには、Finder メニューバーから「Finder」>「環境設定」の順に選択し、環境設定ウインドウの上部で「サイドバー」をクリックします。ファイルをドラッグしてサイドバーに出し入れすることもできます。サイドバーのカスタマイズについては、こちらの記事を参照してください。

フォルダを使う

フォルダは以下の手順で作成してください。

  1. デスクトップ上や別のウインドウの中など、フォルダを表示したい位置をクリックします。
  2. Finder のメニューバーから「ファイル」>「新規フォルダ」の順に選択します。
    これで作成されるのは、書類ではなくフォルダです。特定の App で使う書類を作成するには、その App を開いて、その中の「ファイル」メニューを使って、新しい書類を作成します。

フォルダまたはファイルを別のフォルダに移動するには、以下の手順を実行してください。

  • 閉じているフォルダの上にアイテムをドラッグします。
  • または、フォルダをダブルクリックして開いてから、アイテムをそのフォルダのウインドウの中にドラッグします。

フォルダの名前を変更するには、以下の手順を実行してください。

  1. フォルダを 1 回クリックして選択します。
  2. キーボードの「return」キーを押して、新しい名前を入力してから、もう一度「return」キーを押します。

以下に挙げたものなど、一部のフォルダの名前は変更できません。

  • アプリケーション:App (プログラム) はこのフォルダに入っています。
  • デスクトップ:「デスクトップ」フォルダとデスクトップには、同じファイルが 2 つの異なる形式で表示されます。つまり、「デスクトップ」フォルダに置いたものは、デスクトップにも表示されます。
  • 書類:App を使って新しい書類を作成し、保存したときに、このフォルダに保存される場合があります。書類はどこでも好きな場所に保存できます。また、保存した後で別のフォルダに移動することもできます。
  • ダウンロード:Safari やその他の App は、ダウンロードしたファイルをこのフォルダに保存します。
  • ミュージック、ピクチャ、ムービー:一部の App は、音楽、写真、その他のメディアのライブラリをこれらのフォルダの中に保存しますが、ライブラリの中のアイテムはその App の中でしか使えない場合があります。たとえば、写真 App に読み込んだ写真やビデオを見るには、写真 App を開いてください。
  • Mac に用意されているその他のフォルダについては、こちらの記事を参照してください。

ファイルを検索する

Spotlight で検索するには、メニューバーの虫眼鏡のアイコン をクリックするか、「command (⌘) + スペースバー」を押します。Spotlight は iPhone や iPad のクイック検索に似た機能です。Spotlight について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

Finder ウインドウから検索するには、ウインドウの隅にある検索フィールドを使います。


検索結果の中からファイルを選択すると、ウインドウの下部にそのファイルの位置が表示されます。Spotlight からこの画面にたどり着くには、Spotlight の検索結果の末尾に表示される「Finder にすべてを表示」を選択します。

Spotlight と Finder の両方で、詳細検索を行い、検索結果を絞り込むことができます。

ファイルを削除する

ファイルをゴミ箱に移動するには、ファイルを Dock の「ゴミ箱」にドラッグします。または、1 つまたは複数のファイルを選択して、「ファイル」>「ゴミ箱に入れる」(「command + delete」キー) の順に選択します。

ファイルをゴミ箱から取り出すには、ゴミ箱をクリックして開いて、ファイルをゴミ箱の外にドラッグします。または、ファイルを選択して、「ファイル」>「戻す」の順に選択します。

ゴミ箱からファイルを削除するには、「ファイル」>「ゴミ箱を空にする」の順に選択します。それらのファイルで占有されていたストレージ領域をほかのファイルで使えるようになります。macOS Sierra では、自動的にゴミ箱を空にするように Mac を設定できます。

公開日: