Apple Remote の電池を交換する方法

Apple Remote (アルミニウムまたはホワイト) の電池を取り外して交換する手順を以下に紹介します。 

始める前に

  • Apple Remote には、CR2032 または BR2032 の 3V のコイン型リチウム電池を使います。このタイプの電池は、多くの電気店やドラッグストアでお買い求めいただけます。
  • Siri Remote または Apple TV Remote* のバッテリーは充電式で、交換はできない仕様です。

Apple Remote (アルミニウム) から電池を取り外す

Apple Remote (アルミニウム) のコイン型電池を交換する

  1. Apple Remote の裏面の電池ホルダーを探します。
  2. コインを使って、電池ホルダーの蓋を反時計回りに回して開けます。
  3. 古い電池を取り出します。
  4. 新しい CR2032 または BR2032 の電池のプラス (+) 面を上にして挿入します。

Apple Remote (ホワイト) から電池を取り外す

Apple Remote (ホワイト) のコイン型電池を交換する

  1. Apple Remote の底部にある電池ホルダーを探します。
  2. ペーパークリップのような道具を使って、電池ホルダーの丸い取り外しボタンを押し、電池のトレイを引き出します。
  3. 古い電池を取り出します。
  4. 新しい CR2032 の電池のプラス (+) 面を上にして挿入します。
  5. 電池のトレイをカチッと音がするまで Apple Remote に差し込みます。

* Apple TV (第 4 世代) に付属しているリモコンは世界共通です。Siri に対応している国や地域では、このリモコンを「Siri Remote」と呼びます。ほかの国や地域では、「Apple TV Remote」と呼んでいます。Siri に対応する言語と国が Apple TV (第 4 世代) に設定されていれば、どちらのリモコンでも Siri を使えます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

最終更新日: