Promise VTrak:Subsystem Report を作成する方法

Promise VTrak RAID ヘッドユニットから Subsystem Report を取得するには、以下の手順を実行します。

Promise VTrak RAID ヘッドユニットから Subsystem Report を取得するには、以下の手順を実行します。Subsystem Report には、VTrak RAID の設定について記述されています。RAID ヘッドに SAS で拡張シャーシが接続されている場合は、拡張シャーシの設定に関する情報も記述されます。各 VTrak RAID ヘッドからはそれぞれ固有のレポートが生成されるため、この手順は、必要に応じて複数の RAID ヘッドに対して実行してください。

  1. WebPAM PROe 管理ツールを使って VTrak RAID に接続します。Promise VTrak ファームウェアの新しいバージョンでは、Bonjour 検出をサポートしています。ネットワーク上の Promise RAID の検出方法については、製品マニュアルの最新バージョンを参照してください。Web ブラウザに警告メッセージが表示された場合は、こちらの記事を参照してください。
  2. 画面の指示に従って認証を行います。Promise RAID に割り当てられている管理者名とパスワードがわからない場合は、製品マニュアルを参照してください。
  3. 左側の列から「Administrative Tools」を選択します。
  4. 「Save System Service Report」をクリックします。
  5. 「Information」タブの「Save」ボタンをクリックします。

この時点で、「ダウンロード」フォルダに「subsysteminfo」というファイルが保存されます。このファイルは、レポートを生成した VTrak を識別するために、名前を変更することもできます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: