Mac、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch で VoiceOver のスクリーンカーテンを使う

デバイスで VoiceOver を使う場合、スクリーンカーテンを有効にすれば、ディスプレイを暗くしてプライバシーを守れます。また、デバイスの操作にディスプレイが不要な場合も、この機能を使えます。 

スクリーンカーテンについて

スクリーンカーテンをオンにすると、デバイスも VoiceOver による操作も有効なまま、ディスプレイだけがオフになります。たとえば、公共の場で銀行の口座をチェックしたい場合、情報を見られないように、スクリーンカーテンを使って画面を暗くすることができます。 

デバイスでスクリーンカーテンを使うには、VoiceOver を有効にする必要があります。

Mac でスクリーンカーテンを使う

VoiceOver が有効な状態で、以下のキーコマンドを使ってスクリーンカーテンをオンにします。

  • 「control + option + fn」キーを押します。

スクリーンカーテンをオフにする場合も、同じコマンドを使います。

Mac でトラックパッドコマンダーを使っている場合

  1. 3 本指でトラックパッドを 3 回タップします。
  2. スクリーンカーテンをオフにする場合も、3 本指でトラックパッドを 3 回タップします。

Mac で VoiceOver コマンドヘルプガイドを使ってスクリーンカーテンをオンにする

  1. 「VO」「H」「H」キーを押して、VoiceOver のコマンドヘルプガイドに入ります。
  2. 「スクリーンカーテン」という語を入力して「return」キーを押します。

iPhone、iPad、iPod touch でスクリーンカーテンを使う

ジェスチャでスクリーンカーテンのオン/オフを切り替えます。

  1. デバイスのスリープを解除します。
  2. 3 本指で画面をすばやく 3 回タップします。VoiceOver でズーム機能を使っている場合は、画面を 3 本指で 4 回タップします。

デバイスで Bluetooth キーボードを使っている場合は、「control + option + shift + S」キーを押してスクリーンカーテンのオン/オフを切り替えます。

Apple Watch でスクリーンカーテンを使う

iPhone を使って、Apple Watch のスクリーンカーテンをオンにします。

  1. iPhone で、Apple Watch App を開いて「マイウォッチ」を表示します。
  2. 「一般」>「アクセシビリティ」>「VoiceOver」>「スクリーンカーテン」の順にタップします。これで、VoiceOver が有効なときは常にスクリーンカーテンがオンになります。
  3. スクリーンカーテンをオフにするには、上記の手順を繰り返します。

関連情報

  • スクリーンカーテンは VoiceOver が無効な場合やデバイスを再起動した場合はオフになります。 
  • スクリーンカーテンが有効な間も、iOS デバイスのスクリーンショットを撮ることはできます。 
公開日: