トラックパッドコマンダーで VoiceOver を制御する

トラックパッドコマンダーを有効または無効にする方法を説明します。トラックパッドコマンダーを使うと、Mac 上の VoiceOver をトラックパッドで制御できるようになります。

VoiceOver は、機能が充実したスクリーンリーダーです。書類やウインドウのテキストを読み上げ、画面に何が表示されているかを音声で説明してくれます。VoiceOver を使って、Mac を主にキーボード、点字ディスプレイ、キーパッド、またはトラックパッドで制御できます。

トラックパッドコマンダーが有効になっていると、Mac のポインタがときどき青いリングに変わります。この青いリングで、画面上のどこに VoiceOver が着目しているかがわかります。

青いリンクが表示された VoiceOver ユーティリティのウインドウ

この青いリングは、トラックパッド上で指をドラッグして、画面上の別の部分に移動できます。青いリングを動かすと、リングが何の上に置かれているか、VoiceOver が説明してくれます。 

トラックパッドコマンダーのオンとオフを切り替える

トラックパッドコマンダーは、VoiceOver ユーティリティを使ってオンまたはオフに切り替えることができます。

  1. Finder で、メニューバーから「移動」>「ユーティリティ」の順に選択します。
  2. 「ユーティリティ」フォルダで、VoiceOver ユーティリティを開きます。
  3. サイドバーで「コマンダー」を選択し、「トラックパッドコマンダーを有効にする」を選択します。

「トラックパッドコマンダーを有効にする」が表示された VoiceOver ユーティリティのウインドウ

トラックパッドコマンダーは、キーボードを使ってオンまたはオフを切り替えることもできます。

  1. VoiceOver の修飾キー (通常は「control + option」) を押したまま、「H」キーを 2 回押します。
  2. 「Trackpad Commander」と入力します。
  3. 「return」キーを押して、トラックパッドコマンダーのオンまたはオフを切り替えます。

関連情報

トラックパッドコマンダーで VoiceOver ジェスチャを使って Mac を操作する方法については、こちらを参照してください。

公開日: