macOS 復元について

macOS 復元のユーティリティは、Time Machine から復元する、macOS を再インストールする、ヘルプ情報をオンラインで取得する、ハードディスクを修復または消去するなど、さまざまな場面で活躍します。

macOS 復元は、Mac に内蔵されている復元システムの一部です。macOS 復元から起動して、そのユーティリティを利用し、特定のソフトウェアの問題から復旧したり、Mac でその他の対策を講じたりすることができます。

macOS 復元の使い方

電源ボタンを押して Mac の電源を入れた直後、または Mac が再起動を始めた直後に、キーボードの「command + R」キーまたは macOS 復元のほかのキーの組み合わせを押して、Apple ロゴまたは回転する地球儀が表示されるまでそのまま押し続けます。ユーティリティウインドウが表示されたら起動は終了です。

macOS 復元から起動した後で、以下のユーティリティの中から選択して「続ける」をクリックします。

Time Machine バックアップから復元:Mac の Time Machine バックアップが保存されている外付けのハードドライブや Time Capsule から Mac を復元します。

macOS を再インストール (または OS X を再インストール):Mac オペレーティングシステムをダウンロードして再インストールします。

「macOS を再インストール」ユーティリティでインストールされる macOS のバージョンは、起動時に押したキーの組み合わせによって異なります。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

ヘルプ情報をオンラインで取得:Safari を使って、Web 上で Mac に関するヘルプ情報を検索できます。Apple のサポート Web サイトへのリンクが表示されます。ブラウザのプラグインや機能拡張は無効になります。

ディスクユーティリティ:ディスクユーティリティを使って、起動ディスクまたはその他のハードディスクを修復または消去します。

そのほかにも、以下のユーティリティをメニューバーの「ユーティリティ」メニューから利用できます。

macOS 復元を終了するには、Apple メニュー () から「再起動」または「システム終了」を選択します。終了する前に別の起動ディスクを選択しておくには、Apple メニューから「起動ディスク」を選択します。

macOS 復元から起動できない場合

比較的新しい Mac コンピュータおよび一部の旧型の Mac コンピュータは、内蔵の復元システムから起動できないときは自動的にインターネット経由で macOS 復元から起動できるか試します。その場合は、起動中に Apple ロゴの代わりに回転する地球儀が表示されます。手動でインターネットを利用して macOS 復元から起動するには、起動時に「option + command + R」キーまたは「shift + option + command + R」キーを押します。

macOS 復元から起動できない場合、Mac を最後まで起動できるときは、外付けの Mac 起動ディスクを作成し、そこから起動できます。

インターネット経由での macOS 復元、「macOS を再インストール」ユーティリティ、「ヘルプ情報をオンラインで取得」ユーティリティにはすべてインターネット接続が必要です。Wi-Fi ネットワークに接続する必要がある場合は、画面の上部にポインタを移動して、Wi-Fi のステータスメニュー からネットワークを選択してください。

公開日: