Intel 搭載 Mac コンピュータの macOS 復旧について

macOS 復旧のユーティリティは、Time Machine から復元する、macOS を再インストールする、ヘルプ情報をオンラインで取得する、ハードディスクを修復または消去するなど、さまざまな場面で活躍します。

この記事は、Intel プロセッサを搭載した Mac コンピュータだけが対象となります。

macOS 復旧は、Mac に内蔵されている復元システムの一部です。macOS 復旧から起動して、そのユーティリティを利用し、特定のソフトウェアの問題から復旧したり、Mac でその他の対策を講じたりすることができます。

macOS 復旧から起動する方法

Mac の電源を入れた直後に、「command (⌘)」と「R」の 2 つのキーを押し続けます。Apple ロゴ、回転する地球儀、その他の起動画面が表示されたら、キーから指を放してください。サポートが必要な場合は、こちらの記事を参照してください。

ファームウェアパスワードや Mac の管理者のパスワードなど、パスワードの入力を求められる場合があります。要求されたパスワードを入力して先に進んでください。

macOS Big Sur の復旧のパスワード入力用ポップアップ画面

ユーティリティウインドウが表示されたら起動は終了です。

macOS Big Sur の復旧のユーティリティウインドウ

Time Machine バックアップから復元:Time Machine のバックアップからファイルを復元します。

macOS を再インストールMac オペレーティングシステムをダウンロードし、再インストールします。

Safari (またはヘルプ情報をオンラインで取得):Safari を使って、Web 上で Mac に関するヘルプ情報を検索できます。Apple のサポート Web サイトへのリンクが表示されます。ブラウザのプラグインや機能拡張は無効になります。

ディスクユーティリティディスクユーティリティを使って、ディスクを修復するか、ディスクやその他のストレージデバイスを消去します。

そのほかにも、起動セキュリティユーティリティ (またはファームウェアパスワードユーティリティ)、ターミナルといったユーティリティをメニューバーの「ユーティリティ」メニューから利用できます。 


macOS 復旧を終了するには、Apple メニュー  から「再起動」または「システム終了」を選択します。終了する前に別の起動ディスクを選択しておくには、Apple メニューから「起動ディスク」を選択します。

 


macOS 復旧から起動できない場合

Mac を内蔵の復元システムから起動できないときは、インターネット経由で macOS 復旧から起動できないか試行されます。その場合は、起動中に Apple ロゴの代わりに回転する地球儀が表示されます。

回転する地球儀の画面

インターネット復元から手動で起動するには、起動時に以下のいずれかのキーコンビネーションを押し続けます。

  • option + command + R
  • shift + option + command + R
    詳しくは、こちらの記事を参照してください。

インターネット復元から起動できない場合は、地球儀に警告シンボル (感嘆符) が表示されます。

回転する地球儀と感嘆符

地球儀と警告シンボルが表示される場合は、以下の手順で対処してください。

  • Mac をインターネットに接続できるか確認します。起動中に Wi-Fi ネットワークの選択画面が表示されない場合は、Wi-Fi メニュー からネットワークを選択してください (選択できる場合)。
  • 起動時に「command + R」キーを押して、インターネット復元の代わりに内蔵の復旧システムを使ってみます。
  • Wi-Fi ではなく Ethernet でインターネットに接続します。または、Ethernet ではなく Wi-Fi でインターネットに接続します。
  • 別の Wi-Fi または Ethernet ネットワークからインターネットに接続します。ネットワーク構成で、macOS 復旧で必要なインターネットアクセスが許可されていない可能性があります。
  • 問題が一時的なものである可能性があるため、後でもう一度試してみます。
  • 別のディスクやボリュームがある場合はそこから起動します。または、起動可能なインストーラを使って macOS をインストールします。

上記の手順を試しても問題が解決しない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

公開日: