OS X:OS X での復元について

OS X Lion 以降には、OS X 復元が備えられています。この機能には、OS X の再インストール、ディスクの修復、さらに Time Machine バックアップからの復元に必要となるツールが、すべて含まれています。

復元について

   

復元システム

OS X 復元には、復元システムの一部として一連のユーティリティが組み込まれています。OS X 復元を使って、以下のことを実行できます。

  • Time Machine のバックアップから Mac を復元する。
  • ディスクユーティリティを使って、接続されているドライブの検証と修復を行う。
  • Safari を使って、インターネット接続を確認する、またはオンラインでヘルプ情報を取得する。
  • OS X をインストールまたは再インストールする。

コンピュータを復元から起動するには、Mac を再起動し、起動時に「command + R」キーを押したままにします。

Apple ロゴが表示されるまでこれらのキーを押し続けます。コンピュータの起動が完了すると、OS X のメニューバーを伴うデスクトップ、および「OS X ユーティリティ」ウインドウと上記の各オプションが表示されます。ユーティリティウインドウではなく、ログインウインドウやお使いのデスクトップが表示された場合は、「command + R」を押すのが遅すぎたと考えられます。コンピュータを再起動して、もう一度やり直してください。

ユーティリティウインドウまたは「ユーティリティ」メニューから、利用するオプションを選択します。

OS X を再インストールするには、Ethernet または Wi-Fi ネットワークを利用してインターネットに接続している必要があります。ワイヤレスインターネット接続をお使いの場合は、周辺の Wi-Fi ネットワークを選択できるように、画面の右上隅にある「Wi-Fi」メニューを選択します。使ったことのあるネットワークの名前を選択し、必要な場合は、ユーザ名とパスワードを入力してネットワークに接続します。

OS X のインターネット復元

新しい Mac には、インターネットベースバージョンの OS X 復元から直接起動できる機能が備えられています。起動ドライブ上の復元システムが利用できない場合、Mac では、自動的にこの機能が使われます。たとえば、起動ドライブに問題が生じた場合、起動ドライブが交換または消去された場合などが、これに該当します。インターネット復元では、Mac を Apple のサーバから直接起動できます。このシステムから起動すると、メモリとハードドライブの簡易テストが実行され、ハードウェアに問題がないか確認されます。

インターネット復元では、最初に Wi-Fi ネットワークを選択するよう求められます (必要に応じて、ネットワークのパスワードを入力してください)。次に、インターネット復元がダウンロードされ、復元システムのイメージから起動します。ここから起動ドライブ上の復元システムと同じユーティリティおよびオプションを利用できます。

出荷時に OS X Snow Leopard がインストールされていた一部の Mac では、OS X Lion 以降とソフトウェアアップデートのインストール後にインターネット復元を使えるようになります。

復元を使って OS X を再インストールするための要件

復元を使って OS X を再インストールするには、Wi-Fi または Ethernet 接続を利用して、インターネットにブロードバンドでアクセスできる必要があります。OS X 復元を使って再インストールする場合、OS X はインターネット経由で Apple からダウンロードされます。OS X 復元を使って OS X を再インストールするには、Wi-Fi または Ethernet ネットワーク上で DHCP を利用する必要があります。

OS X を Mac App Store から購入した場合は、OS X の購入に使った Apple ID とパスワードを入力するよう求められることがあります。

OS X のダウンロードの所要時間は、お使いのインターネット接続の速度およびインストールする OS X のバージョンによって異なります。ご利用のインターネット接続に OS X 復元ではサポートされない条件や設定が必要な場合は、OS X の再インストール中はサポートされる構成に設定を変更するか、インターネットに接続できる別の場所を探してください (友人や家族の家、適切な権限を与えられている職場など)。

サポートされるネットワーク設定とプロトコル

 

ローカルの復元システム

インターネット復元

WEP

あり

なし

WPA/WPA2

あり

あり

WPA-Enterprise

あり

なし

PPPoE (PPPoE 接続を処理するルーターがない場合)

なし

なし

Captive Network (「同意する」ボタンをクリックするとインターネットにアクセスできる場所)

あり

なし

プロキシ (システム環境設定の「ネットワーク」パネルで特定のプロキシサーバを設定する必要がある場所)

なし

なし

証明書ベースの認証/802.1x

なし

なし

OS X 復元でインストールされる OS X のバージョン

  • 起動ドライブに保存された復元システムを使って OS X を再インストールする場合は、このコンピュータに以前インストールした中で最新のバージョンの OS X がインストールされます。
  • インターネット復元を使って OS X を再インストールする場合は、出荷時にコンピュータにインストールされていたバージョンの OS X がインストールされます。インストールが完了したら、Mac App Store を使って、関連するアップデートや以前購入した新しいバージョンの OS X をインストールします。

その他

ドライブのパーティション構成によっては、OS X のインストーラで、復元システムを作成できないと表示されることがあります。この場合は、インストールを終了してください。まず、外部ハードドライブを接続して、復元システムを備えた OS X ハードドライブを作成する必要があります。外部ドライブに復元システムを作成した後、コンピュータの起動ドライブで OS X のインストールを続けることができます。

FileVault のディスク全体の暗号化を利用するには、OS X 復元がコンピュータの起動ドライブにある必要があります。RAID パーティションまたは起動ドライブ上の非標準の Boot Camp パーティションを使うと、OS X がローカルの復元システムをインストールできないことがあります。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

OS X 復元に付属のバージョンの Safari には、Apple のサポート Web サイトに掲載されているリソースへのリンクが含まれています。これらのリンクを使って、追加のサポート情報を確認することができます。復元について上のリストに示したネットワーク要件は、OS X 復元に付属のバージョンの Safari にも適用されます。OS X 復元に付属のバージョンの Safari には、プラグインおよび Safari 機能拡張を追加することはできません。

最終更新日: