iPhone、iPad、iPod touch でペアレンタルコントロールを使う

機能制限 (ペアレンタルコントロール) を利用すれば、iPhone、iPad、iPod touch で特定の App や機能を使えないようにブロック/制限することができます。

機能制限を有効にする

  1. 「設定」>「一般」>「機能制限」の順にタップします。
  2. 下にスクロールして「機能制限」をタップし、「機能制限を設定」をタップします。 
  3. 機能制限のパスコードを作成します。機能制限のパスコードは、設定内容を変更する際や、機能制限を解除する際に必要になります。


機能制限のパスコードを忘れた場合は、デバイスのデータをすべて消去してから新しいデバイスとして設定し直し、機能制限のパスコードを削除する必要があります。バックアップを使ってデバイスを復元した場合、機能制限のパスコードは削除されません。

機能制限のパスコードを変更する

機能制限を有効にした後で、機能制限のパスコードを変更する場合は、以下の手順を実行してください。

  1. 「設定」>「一般」>「機能制限」の順にタップします。
  2. 現在の機能制限のパスコードを入力します。
  3. 「機能制限を解除」をタップし、機能制限のパスコードをもう一度入力します。
  4. 「機能制限を設定」をタップしてから、新しい機能制限のパスコードを入力します。

機能制限が有効になっていると、一部の App、機能、またはサービスが表示されなくなる場合があります。App や機能が表示されなくなる場合や、特定のサービスを使えなくなる場合は、機能制限をオフにしてみてください。また、特定の標準付属の App を削除していないか確認してください。

制限できる App と機能

制限できる App や機能のリストを確認するには、「設定」>「一般」>「機能制限」の順に選択します。機能制限のオン/オフを切り替えるには、App または機能の横にあるスライダをタップします。

App または機能がオンの場合 (横にチェックマークが付いている場合)、デバイスを使うだれもがその App や機能を使うことができます。オフの場合は、デバイス上でだれもその App や機能を使えません。

企業や学校ではプロファイルを使うことがよくありますが、プロファイルで機能制限を有効にすることができます。デバイスでプロファイルが使われているか確認するには、「設定」>「一般」>「プロファイル」の順にタップします。詳しくは、プロファイルを設定した管理者または担当者にお問い合わせください。

App および機能

  • Safari
  • カメラ (FaceTime も無効になります)
  • Siri と音声入力
  • FaceTime*
  • AirDrop
  • CarPlay
  • iTunes Store
  • Apple Music Connect (「Connect」タブが「プレイリスト」で置き換えられます)
  • iBooks Store
  • Podcast
  • News
  • App のインストール
  • App の削除
  • App 内課金
  • マルチプレイヤーゲーム
  • 友達の追加
  • 画面収録

* 国または地域によっては FaceTime を利用できない場合があります。

コンテンツの種類

  • レートの対象 (「レートの対象」セクションで国を選択すると、自動的にその地域に適切なコンテンツレートが適用されます)
  • 音楽、Podcast、ニュース
  • ムービー
  • テレビ番組
  • ブック
  • App
  • Siri
  • Web サイト
  • パスワードの設定

有料コンテンツの購入や App 内課金に Touch ID を使っていない場合は、購入時にパスワードの入力が要求される頻度を変更できます。

プライバシー設定

  • 位置情報サービス
  • 連絡先
  • カレンダー
  • リマインダー
  • 写真
  • 位置情報を共有
  • Bluetooth 共有
  • マイク
  • 音声認識
  • Twitter
  • Facebook
  • Sina Weibo
  • Tencent Weibo
  • 広告
  • メディアライブラリ

設定とアカウント

  • アカウント (メール、連絡先、カレンダーの変更を阻止できます)
  • モバイルデータ通信の使用
  • App のバックグラウンド更新
  • 音量制限

機能制限が有効になっていると、一部の App、機能、またはサービスが表示されなくなる場合があります。App や機能が表示されなくなる場合や、特定のサービスを使えなくなる場合は、機能制限をオフにしてみてください。以下のいずれかの問題が起きる場合は、機能制限をオフに切り替えてみてください。

  • ホーム画面に App (Safari、カメラ、FaceTime など) が表示されない。
  • 特定の機能やサービス (Siri、位置情報サービスなど) を使えない。
  • 設定 (「メール」「iCloud」「Twitter」「FaceTime」など) が表示されない、またはグレイ表示になっている。

機能制限のパスコードを失くした場合や忘れた場合は、デバイスのデータをすべて消去してから新しいデバイスとして設定し直し、機能制限のパスコードを削除する必要があります。

関連情報

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: