iPhone および iPad でモバイルデータ通信の利用状況を確認する

モバイルデータ通信の使用量を調べる方法や、すべての App に対して、あるいは個々の App に対して個別に、モバイルデータ通信のオン/オフを切り替える方法をご案内します。

    

モバイルデータ通信のオン/オフを切り替える

モバイルデータ通信のオンとオフを適宜切り替えることにより、App やサービスがインターネット接続時に携帯電話ネットワークを使うか使わないかを決めることができます。モバイルデータ通信をオンにすると、Wi-Fi 接続がない時に App やサービスは携帯電話ネットワークを使用します。その結果、モバイルデータ通信を利用する機能やサービスによっては通信料金がかかる場合があります。通信料金についは通信事業者にお問い合わせください。

モバイルデータ通信のオン/オフを切り替えるには、「設定」を開いて「モバイルデータ通信」を選択します。iPad でも同様に「設定」>「モバイルデータ通信」の順に選択します。

ご利用の通信事業者やデバイスによって、「モバイルデータ通信のオプション」に表示されるオプションは異なる場合があります。

  • LTE 回線を使用/4G をオンにする/3G をオンにする:音声通信とデータ通信に利用するネットワーク接続の種類を選択できます。これらのオプションについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • 「音声通話ローミング」のオン/オフ:CDMA ネットワークでは、ほかの通信事業者のネットワークを利用して料金が発生することのないように、「音声通話ローミング」をオフにしておけます。
  • 「データローミング」のオン/オフ:海外旅行中は、データローミングをオフにしておけば、ローミング料金がかかりません。海外でも使えるデータプランにご加入であれば、「データローミング」をオンにしておいても支障ない場合があります。海外旅行中に iPhone や iPad を使う方法については、こちらの記事を参照してください。

通信事業者によっては、国内旅行でもデータローミングが使われることがあります。データローミングポリシーやその他のモバイルデータ通信設定について詳しくは、通信事業者にお問い合わせください。

    

データ通信の使用量を確認する

これまでのモバイルデータ通信の使用量を確認するには、「設定」を開いて「モバイルデータ通信」を選択します。iPad でも同様に「設定」>「モバイルデータ通信」の順に選択します。

App のモバイルデータ通信の使用量を確認するには、スクロールして確認したい App を見つけます。App にモバイルデータ通信を使用してほしくない場合は、その App のモバイルデータ通信をオフにできます。オフにした App は、データ通信に Wi-Fi しか使いません。

個々のシステムサービスによるモバイルデータ通信量を調べるには、「設定」を開いて「モバイルデータ通信」を選択します。画面の下までスクロールして、「システムサービス」をタップします。システムサービスについては、個別にモバイルデータ通信のオン/オフを切り替えることはできません。

通信事業者によっては、データ使用量の合計がこの画面に表示されます。このオプションがない場合、またはデータ使用について質問がある場合は、通信事業者に連絡してください。

問題がある場合

  • 携帯電話のネットワークに接続できない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  • Exchange ActiveSync アカウントをお使いの場合、メールとカレンダーのモバイルデータ通信をオフにしても、引き続きモバイルデータ通信が使われることがあります。Exchange ActiveSync アカウントのモバイルデータ通信量を調べるには、「設定」>「モバイルデータ通信」>「システムサービス」の順に選択してください。
  • Wi-Fi アシストを使って、Wi-Fi の接続状況がよくないときに自動的にモバイルデータ通信に切り替えることができます。
公開日: