iTunes でコンピュータを認証する

iTunes Store からダウンロードしたコンテンツをお使いのコンピュータで同期したり再生したりするには、まず、そのコンピュータを認証する必要があります。

お使いの Mac または Windows パソコンを認証すると、App、オーディオブック、ブック、音楽、ムービーなどのコンテンツへのアクセス権がそのコンピュータに与えられます。最大 5 台のコンピュータを認証できます。つまり、コンテンツを 5 台の異なるコンピュータで再生できます。 コンピュータの認証は、認証するコンピュータの iTunes でのみ行えます。別のコンピュータ、iPhone、iPad、または iPod touch からコンピュータを認証することはできません。

Mac または Windows パソコンを認証する

コンピュータを認証する前に、最新バージョンの iTunes をダウンロードしてインストールしておいてください。

  1. iTunes を起動します。
  2. Mac:コンピュータの画面上部のメニューバーから、「Store」>「このコンピュータを認証」の順に選択します。

    Windows:キーボードの「Ctrl」キーを押しながら「B」キーを押して、iTunes のメニューバーを表示します。「Store」>「このコンピューターを認証」の順に選択します。iTunes for Windows のメニューについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。

  3. Apple ID を入力して「認証」をクリックします。

iTunes でコンピュータをもう一度認証するように求めるメッセージが表示される場合は、新しい認証が有効になっていません。iTunes は同一のコンピュータには同じ認証を使用します。

認証台数を確認する

ここをクリックして iTunes を開きます。サインインすると「アカウント情報」画面が表示されます。または、次の手順を実行してください。

  1. iTunes を起動します。
  2. 「サインイン」をクリックして、Apple ID とパスワードを入力します。
  3. ご自分の名前をクリックして、ドロップダウンメニューから「アカウント情報」を選択します。
  4. パスワードを再度入力します。

「アカウント情報」画面の「Apple ID の概要」セクションに、お使いの Apple ID で認証したコンピュータの台数が表示されます。それぞれのコンピュータの名前は表示されません。認証したコンピュータの台数が 2 台以上でなければ、このセクションは表示されません。

表示される認証済みコンピュータの台数が思っていたよりも多い場合は、使わなくなったものや、譲渡または売却してしまったものを認証解除していない可能性が考えられます。すべてのコンピュータの認証を解除してから、引き続き使うコンピュータをそれぞれ再認証してください。

認証台数の枠が足りなくなった場合

認証済みの 5 台のコンピュータのうち、あまり使う予定がないものがある場合は、そのコンピュータの認証を解除してください。認証済みの 5 台のコンピュータのうち、すでに売却または廃棄してしまったものがある場合は、すべてのコンピュータの認証を解除してから、引き続き使うコンピュータをそれぞれ再認証します。

Windows ユーザの場合

Windows を再インストールする前、または RAM やハードディスク、その他のシステムコンポーネントをアップグレードする前に、コンピュータの認証を解除しなかった場合は、お使いのコンピュータが複数回認証されている可能性があります。認証済みでなくなるまで、何度かコンピュータの認証解除をお試しください。その後、もう一度コンピュータを認証すれば、認証回数は 1 回だけになります。

iOS デバイスの認証について

iPhone、iPad、または iPod touch は、認証の必要はありません。認証可能台数に iOS デバイスは含まれません。

サポート情報

  • iTunes でのコンピュータの認証について詳しくは、こちらを参照してください。
  • iTunes でコンテンツを再生するときに繰り返し認証を求められる場合は、こちらの記事を参照してください。
  • 1 台またはすべてのコンピュータの認証を解除する方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

最終更新日: