家族の購入と支払い

家族が買ったコンテンツをファミリー共有でシェアできる仕組みや、ファミリーオーガナイザー (ファミリー共有の管理者) が担う役割、お支払い方法を変更する方法について説明します。

購入したコンテンツを共有するように設定する場合は、家族の中の成人 1 名がファミリーオーガナイザー (管理者) となり、家族がファミリー共有グループの一員でいる間に購入した分の代金をすべて支払うことに同意します。「承認と購入のリクエスト」を使って、家族が購入するものを管理できます。また、ファミリー共有で使うお支払い方法はいつでも簡単に変更できます。

購入コンテンツの共有の仕組み

家族が新たに何か購入すると、その分の代金は、ファミリー共有の管理者のアカウントに直接請求されます。つまり、ほかの家族が iTunes、Apple Books、App Store で購入した分の代金をすべて管理者が支払う形になります。家族が共有できないコンテンツの代金も対象です。たとえば、Apple Music の個人プランや学生プランなどに登録していれば、この料金も管理者の負担となります。領収書はすべて管理者に直接送信されます。

購入したアイテムは、決済が済んだら、そのアイテムを購入した家族のアカウントに追加されます。購入済みコンテンツの共有を途中でやめた場合、家族それぞれが購入したアイテムは、たとえ管理者が支払ったものでも、各自がそのまま持ち続けていられます。

成人の家族が買ったものについては料金を負担したくない場合は、その人だけファミリー共有グループから外すか、または、購入したコンテンツの共有を家族全員でやめることができます。

購入コンテンツの共有の設定を調べる

ファミリー共有の設定を見直して、正しい Apple ID でサインインしているか、購入コンテンツの共有が有効になっているか確認してください。

iPhone、iPad、iPod touch の場合:

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」>「ファミリー共有」の順にタップします。iOS 10.2 以前では、「設定」>「iCloud」>「家族」の順にタップします。
  2. 「共有機能」の下で「購入コンテンツを共有」をタップします。
  3. 「購入アイテムを共有」がオンになっていること、アカウント情報が正しいことを確認します。

Mac の場合:

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「iCloud」をクリックします。
  2. 「ファミリーを管理」をクリックします。
  3. 「App とサービス」タブをクリックします。
  4. 「自分の購入したコンテンツをファミリーと共有する」が選択されていること、アカウント情報が正しいことを確認します。

家族との購入済みコンテンツの共有に使う Apple ID を変更したい場合は、90 日ごとに 1 回、別のアカウントに切り替えてサインインできます。共有しているお支払い方法を変更することもできます。


ファミリー共有のお支払い方法を変更する

ファミリーオーガナイザー (管理者) が登録しているお支払い方法を追加、変更、削除する方法については、こちらの記事を参照してください。


関連情報

ファミリー共有には、iCloud および iTunes へのサインインに使う個人用の Apple ID が必要です。家族で購入したコンテンツを共有するようにしている場合、音楽、映画、テレビ番組、ブックを 1 つのアカウントにつき最大 10 台のデバイス (コンピュータはそのうち 5 台まで) にダウンロードできます。ファミリー共有のグループの設定やグループへの登録には、iOS 8 以降および OS X Yosemite 以降が必要です。機能をすべて利用できるように、最新の iOS および macOS にアップデートしておくことを推奨します。共有できないコンテンツも一部あります。コンテンツは家族の一員が非表示にすることができます。非表示のコンテンツはダウンロードできません。コンテンツを家族からダウンロードする場合や引き換えコードを使って入手する場合は、「承認と購入のリクエスト」が有効になっていても承認不要となります。

iTunes Store や App Store での購入代金の請求方法については、こちらの記事を参照してください。

*国や地域によって年齢が異なる場合があります。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: