Xsan:ジャーナルデータを専用のストレージプールに移動する方法

Xsan ボリュームのジャーナルデータを独立した専用のストレージプールに移動する方法について説明します。

Xsan ボリュームは多くの場合、メタデータとジャーナルデータを同じプールに保存するように設定されていますが、ジャーナルデータに独立した専用のストレージプールを使用することで、一部の操作 (ファイルの作成、ファイルの削除、ファイルへの容量割り当てなど) のパフォーマンスを向上できます。ファイルサーバによって使用されている場合など、特に Xsan ボリュームの使用頻度が高い場合に、ジャーナリング専用のストレージプールによるメリットを得られます。

既存の Xsan ボリュームのジャーナルデータを専用のストレージプールに移動するには、以下の手順を実行します。新しい Xsan ボリュームには、この手順は実施しないでください (新しい Xsan ボリュームの場合は、独立したジャーナル用のプールを完全に Xsan Admin 内で作成できます)。

手順 1:ジャーナルに使用する LUN を準備する

RAID コントローラでジャーナルに使用する RAID 1 のミラーの LUN を準備します。

注意:ジャーナルによって使用されるディスク容量は少量 (最大で 512 MB) ですが、ジャーナルの書き込みは非常に頻繁に発生する可能性があります。必ず物理ディスク全体をジャーナルの LUN の専用にしてください。複数の LUN に切り分けられたアレイからジャーナル用の LUN を作成すると、パフォーマンスが大幅に低下する恐れがあります。

手順 2:Xsan Admin を使ってボリュームを拡張する

ジャーナリング専用に単一の LUN を持つストレージプールを追加して、既存の Xsan ボリュームを拡張します。

  1. Xsan Admin の「SAN アセット」リストで「ボリューム」を選択して、利用可能なボリュームを表示します。
  2. ジャーナル用に準備したボリュームを選択し、アクションポップアップメニュー (ギアマーク) から「ボリュームを拡張」を選択します。設定アシスタントが開きます。
  3. まだラベルが設定されていない場合は、アシスタントの「LUN のラベルを設定」パネルで LUN にラベルを設定します。
    注意:「Journal」という名前は予約されているため、LUN のラベルには使用できません。ただし「JournalLUN」などの名前は使用できます。
  4. アシスタントの「ボリュームのアフィニティを構成」パネルで以下の手順を実行します。
    プリセットのボリュームタイプに基づくボリュームを拡張する場合は、「新規アフィニティタグ」をクリックします。
    カスタムボリュームを拡張する場合は「新規プール」をクリックします。
  5. LUN を新規アフィニティタグまたはプールにドラッグします。
    注意:新規タグまたはプールに複数の LUN を追加しないでください。ジャーナル記録のみのプールには 1 つの LUN のみが必要です。
  6. 新規タグまたはプールを選択し、「設定」ボタンをクリックして、新しい名前を入力します。
    注意:タグまたはプールには、ボリューム上で未使用の名前を付けてください。「Journal」という名前は予約されていますが、「JournalLUN」などの名前は使用できます。
  7. 新規タグまたはプールの用途として「ジャーナル記録のみ」オプションを選択します。
  8. 「続ける」をクリックします。ボリュームがマウント解除されて停止し、新しいストレージが追加されて、拡張されたボリュームが再マウントされます。

手順 3 :Xsan ボリュームの構成ファイルを手動で編集する

  1. Xsan Admin を使ってボリュームを停止します。
  2. cvfsck コマンドを使って ボリュームのファイルシステムをチェック し、必要に応じて修復します。
  3. ボリュームをホストする最初のメタデータコントローラ上で構成ファイルを見つけます。このファイルの場所は「/ライブラリ/Preferences/Xsan」、ファイル名は「volumename.cfg」です。「volumename」はボリューム名に置き換えられます。
  4. 構成ファイルをバックアップしてから、テキストエディタで構成ファイルを開きます。下記の手順にそって、ファイルを編集します。
    ファイル内で「Journal Yes」と記述されている 1 個所を見つけます。この記述を「Journal No」に変更します。
    「StripeGroup」で始まって新規アフィニティタグまたはプールに付けた名前で終わる行を見つけます (「stripe group」はストレージプールの別名です)。その行よりも下で「Journal No」と記述されている最初の個所を「Journal Yes」に変更します。
    次の画像は、例示したボリュームに必要な変更を示しています。元の構成ファイルが左、編集後の構成ファイルが右です。
  5. この Xsan ボリュームの構成ファイルに対する編集を、Xsan ボリュームを制御しているその他すべてのメタデータコントローラで繰り返します。

手順 4:ジャーナルを移動する

  1. プライマリメタデータコントローラで cvupdatefs コマンドを使ってジャーナルの移動を完了します。
    sudo cvupdatefs VolumeName
    
  2. Xsan Admin を使ってボリュームを起動して、対象のクライアントにマウントします。これでボリュームを通常使用する準備が完了しました。
公開日: