StorNext MDC のクライアントで一部の Xsan 機能がサポートされない

該当するクライアントで、どのような構成でどの Xsan の機能がサポートされないのか、詳しく説明します。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

Quantum StorNext MDC (メタデータコントローラ) で動作している SAN (ストレージエリアネットワーク) ボリュームにアクセスする場合は、以下の Xsan 機能がサポートされません。

  • バージョン
  • ファイルシステムのクオータ (StorNext MDC が Windows ベースの場合)
  • 大文字と小文字を区別しないボリューム (MDC で StorNext 5.3 以前が実行されている場合)
  • ネイティブの拡張属性 (MDC で StorNext 4.2 以前が実行されている場合)
  • プロジェクト指向のディレクトリクオータ (MDC で StorNext 4.2 以前が実行され、クライアントで Xsan 2.2.2 以前が実行されている場合)

ファイルシステムの ACL は、以下の構成に限りサポートされます。

  • StorNext MDC が Linux 上で実行されていて、Xsan クライアントしかない。
  • StorNext MDC が Linux 上で実行されていて、StorNext Windows クライアントと Xsan クライアントがある。
  • StorNext MDC が Windows 上で実行されていて、StorNext Windows クライアントと Xsan クライアントがある。
  • StorNext MDC が Linux 上で実行されていて、Xsan クライアント、StorNext Windows クライアント、Linux StorNext クライアントがあり、Linux クライアントは StorNext 5.4 以降を実行している。

Apple Xsan クライアントで ACL を有効にする場合にサポートされる構成について詳しくは、こちらの Web サイトの Quantum StorNext Product Bulletin 71 を参照してください。また、SAN クライアントと Xsan コントローラ/StorNext コントローラとの互換性について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: