iTunes 8:重複した項目を見つけて削除する

iTunes ライブラリから重複した項目を簡単に削除することができます。 これには、以下の手順を実行するだけでかまいません。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
  1. iTunes ウィンドウの左側にある「ライブラリ」から「ミュージック」を選択します。
  2. iTunes の「ファイル」メニューから「重複するものを表示」を選択します。ライブラリ内で重複しているタイトルがすべて表示されます。

  3. 重複した項目のうち、削除したい項目を選択します。
  4. キーボードの「delete」キーを押します。
  5. 項目を削除してもよいかどうかをたずねるメッセージが表示されます。削除する場合は、「取り除く」ボタンをクリックします。

  6. 削除する項目のファイルが iTunes フォルダに入っている場合は、そのファイルを iTunes フォルダにそのまま入れておくか、コンピュータのごみ箱に移すかをたずねる別のダイアログが表示されます。ここで、必要に応じてフォルダを空にすることができます。iTunes フォルダからファイルを削除する際に、Windows を使っている場合は、「ごみ箱に入れる」をクリックします。 Mac を使っている場合は、「ゴミ箱に入れる」をクリックします。

重複したムービー、テレビ番組、またはオーディオブックをチェックする場合は、ステップ 1 で該当する項目を選択して手順を繰り返します。

ヒント:重複した項目の削除が短時間で済むように、重複した項目を複数選択して一度にすべて削除することができます。この場合は、「control」キー (Windows) または「command」キー (Mac) を押したまま、削除したい重複した項目を 1 つずつクリックします。強調表示した項目をすべて削除する場合は、キーボードの「delete」キーを押して、上記のステップ 3 ~ 5 をもう一度実行します。

重複した項目が最初からライブラリに表示されないようにする場合は、iTunes 環境設定で該当する 2 つのオプションを有効にしておくことを推奨します。この場合は、以下の手順に従って該当する 2 つのオプションを有効にします。

  1. iTunes を開きます。
  2. Windows を使っている場合は、「編集」メニューから「環境設定」を選択します。 Mac を使っている場合は、「iTunes」メニューから「環境設定」を選択します。
  3. 「詳細設定」をクリックします。
  4. 以下のオプションの横にあるチェックボックスがオンになっていることを確認します。

これらのオプションを有効にすると、iTunes ライブラリに項目を追加した時点でその項目が iTunes フォルダにコピーされ、iTunes でフォルダ構造が整理された状態のまま維持されます。これらのオプションを有効にした場合は、iTunes ライブラリにすでに表示されている項目をライブラリに追加することができません。

公開日: