Xserve RAID: バックアップバッテリーモジュールのインストールの重要性

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
(この情報は、こちらの記事を翻訳したものです。日本での使用環境、状況とは異なる場合があります。)

この記事では、オプションのバックアップバッテリーモジュールを Xserve RAID にインストールすることの重要性と利点について説明します。

バックアップバッテリーモジュール(キャッシュバックアップバッテリーモジュールとも呼ばれます)は、停電時のデータ損失を防ぐのに大いに推奨されるとともに、業務上の重要なデータには欠かせないものと考える必要があります。

バックアップバッテリーモジュールは、ホットスワップできる冗長性のあるモジュールであり、停電時に最長 72 時間まで RAID コントローラキャッシュに電力を供給します。電力が回復すると、Xserve RAID は、RAID コントローラキャッシュに保護されているデータをハードディスクドライブに一挙に移動し、直前のトランザクションのデータが失われるのを防ぎます。

注意:UPS が電源装置にまったく接続されないと、キャッシュバックアップバッテリーモジュールがコントローラキャッシュをバックアップしますが、「Drive Write Cache」の設定を「Off」にしていない場合は、データが失われることがあります。

公開日: 2016/10/10

その他の製品サポート情報