Mac OS X 10.4 (Japanese): プリントダイアログで部数を入力できない

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「AppleWorks 6.2.9」アプリケーションなどの(Mac OS X と Mac OS 9 の両方のシステムソフトウェアで利用可能な)カーボンアプリケーションを使用していると、プリントダイアログで部数を入力できないことがあります。

この現象は、ことえりの“英字”モードで部数を入力しようとすると発生します。ただし“U.S.”入力モードに設定されている場合には発生しません(「言語環境」設定の入力メニューウインドウで“U.S.”を選択しておく必要が有ります)。またこの現象は、アプリケーションを起動後、初めてプリントダイアログを開いたときには発生しません。同じアプリケーションでプリントダイアログを閉じて、すぐにもう一度開いたときに部数を入力できなくなります。

回避方法
この現象に遭遇した場合は下記のいずれかの回避策を行うことで、プリントダイアログで部数を入力できます。
  • プリントダイアログをドラッグして表示位置を少しずらしてから部数を入力します。
  • プリントダイアログが開いたら、いったんデスクトップまたは他のアプリケーションをクリックしてから元のアプリケーションに戻ります。
  • 印刷する前にアプリケーションを一旦、終了し、再度開きます。

この記事は、より詳しい情報がわかり次第、更新を行う予定です。


公開日: 2016/10/10