iMovie HD: 対応するビデオフォーマット

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
iMovie HD は複数のビデオフォーマットをサポートし、特定のビデオフォーマットに合わせてプロジェクトを作成することができます。iMovie HD では、次のフォーマットが使用できます。
  • DV
  • DV ワイドスクリーン
  • HDV 1080i(25 および 30 fps)
  • HDV 720p(25 および 30 fps)
  • MPEG 4 Simple Profile
  • iSight

iMovie HD で新規プロジェクトを作成する場合は「ビデオフォーマット」の三角形マークをクリックして(展開されていない場合)、ポップアップメニューから手動で映像のフォーマットを選択します。

ビデオクリップの追加トランスコードを避けるために、使用する映像に対して必ず正しいフォーマットを選択してください。これにより、フォーマットに合わせて確実に高品質な読み込みを行い、ディスク容量の節約になる場合もあります。

注記:選択したプロジェクトのフォーマットに一致しない(iSight 以外の)カメラから映像を読み込む場合は、次のいずれかが起こります。

  • 今回がプロジェクトを初めて読み込む場合は、iMovie HD はプロジェクトのフォーマットを読み込んでいる映像に合わせて自動的に変更します。
  • iMovie HD が、プロジェクトのフォーマットと一致しないため、映像を読み込むことができないという警告メッセージを表示する場合があります。

また、iMovie HD を使えば、大部分の QuickTime 対応フォーマットを読み込むことができます。読み込む方法について詳しくは、こちらをクリックしてください。複数のカメラの異なる映像フォーマットを混在して使う必要がある場合は、ひとつの iMovie HD プロジェクトでそれらを一緒に使う方法として、こちらの情報を参照してください。

Published Date: 2016/10/10