QLogic Storage Area Network (SAN): Apple との相互運用性テストとサポートされているファームウェア

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
Apple と QLogic は、共同で Apple SAN 環境内での相互運用性を確認するための包括的なテスト手法を開発しました。このテストは、アプリケーションソフトウェア、サーバ、ホストバスアダプタ (HBA)、RAID ストレージ、ファイバーチャンネルスイッチといった SAN の各構成要素に注目したものです。個々のデバイステストに加えて、Apple では、SAN 内のすべてのデバイスの相互動作を確認するために、実際の環境でのエンド-エンドのソリューションテストも実施しました。

強固な相互運用性を保証するには、各 SAN の構成要素に対してテスト済みのフォームウェアを使う必要があります。QLogic では、現在、Apple 専用の Web サイトを用意して、この包括テストに合格したファームウェアをユーザに提供しています。Apple 環境内で運用されるすべてのファイバーチャンネルスイッチは、Apple によるテストに合格し、Apple がサポートしているスイッチファームウェアおよび管理 GUI にアップデートする必要があります。SANbox 5200 および SANbox2-64 に対する SANbox スイッチファームウェアと管理 GUI は、次の場所から入手できます。

http://www.qlogic.com/support/oem_detail_all.asp?oemid=364

この Web サイトは、新しいスイッチフォームウェアと管理 GUI が利用可能になるたびに更新されます。QLogic SANbox スイッチのアップデート作業に関して質問がある場合は、次の QLogic のテクニカルサポートに問い合わせてください。

Web サイト:http://www.qlogic.com/support/report_problem.asp
電話:+1 952-932-4040
電子メール:support@qlogic.com


Published Date: 2016/10/07