AirMac Express アシスタントはファイアウォールが使用されている場合に AirMac Express を検索できない

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
AirMac Express アシスタントと AirMac 管理ユーティリティは、どちらもいくつかの IP ポートを使って AirMac Express を検索します。AirMac Express を検索できない場合は、お使いのファイアウォールのセキュリティが少しだけ高すぎる状況になっている可能性があります。

ただし、ファイアウォールを調べる前に、お使いの AirMac Express に付属のアシスタントアプリケーションと管理用のアプリケーション(またはそれ以降のバージョン)を使用していることを確認してください。以前のバージョンは AirMac Express で動作しません。

内蔵の Mac OS X ファイアウォール(「共有」環境設定内にあります)または他社製ファイアウォールを使用している場合、一番簡単なテストは一時的にオフに設定してもう一度試すことです。ファイアウォールをオフにしてアプリケーションが AirMac Express を検索できたら、ファイアウォールをオンに戻して、次のポートをファイアウォールでオープンします:192、5009 および 5353

Mac OS X ファイアウォールでは、次の手順に従ってください。

  1. アップル」メニューから「システム環境設定」を選択します。
  2. 表示」から「共有」を選択します。
  3. “ファイアウォール”タブをクリックします。
  4. “新規”をクリックします。
  5. “ポート名”ポップアップメニューから「その他」を選択します。
  6. “ポート番号、ポート番号の範囲”フィールドに次のように入力します:
    192, 5009, 5353

  7. 「説明」フィールドに次のように入力します:AirMac Admin
  8. 「OK」をクリックします。
Published Date: 2016/10/10