Mac OS X Server: NetBoot 対応コンピュータ

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
NetBoot クライアントとして使用できるコンピュータについて説明します。

NetBoot 対応コンピュータ
NetBoot 対応コンピュータを NetBoot クライアントとして使用できます。Server バージョン 10.0.3 〜 10.2.8 には、NetBoot 1 と NetBoot 2 が提供されており、NetBoot の実行中に DHCP を追加します。次のセクションで取り上げるいくつかの古いモデルの例外がありますが、次のコンピュータは NetBoot 1 または NetBoot 2 を使用できます。
  • eMac(全モデル)
  • iBook(全モデル)
  • iMac(全モデル)
  • Macintosh Server G3 (Blue and White)
  • Power Macintosh G3 (Blue and White)
  • Power Mac G4 (全モデル)
  • Macintosh Server G4(全モデル)
  • Power Mac G4 Cube(全モデル)
  • Power Mac G5
  • PowerBook(Bronze Keyboard 以降のモデル)

注:一部のコンピュータでは、NetBoot 2 を使用するためにファームウェアアップデートが必要です。ソフトウェア・アップデート機能を使って、お使いのファームウェアが最新版であることを確認してください。

NetBoot 2 に対応していないコンピュータ
NetBoot 1 対応コンピュータのうち、いくつかのモデルは、NetBoot 2 には対応していません。このセクションではこれらについて説明します。
  • iBook(「注」を参照)
  • iMac(トレイ式光ドライブ付属のモデル)
  • Macintosh Server G3 (Blue and White)
  • Power Macintosh G3 (Blue and White)
  • Power Mac G4 (PCI Graphics)
  • PowerBook G3 (Bronze Keyboard)

注:これは、iBook (Dual USB) よりも前に発売された、オリジナルの iBook のバリエーションを指しています。オリジナルの iBook には、NetBoot 2 に対応しているバージョンと、対応していないバージョンがあります。オリジナルの iBook が“ファームウェアアップデート 4.1.7”以降へアップデートできる場合には、その iBook は NetBoot 2 に対応しています。

Published Date: 2016/10/07