Mac OS X 10.2: Classic 環境で AppleTalk を使用する/使用しないに設定する方法

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
Mac OS X 10.2 以降では、Classic AppleTalk は Mac OS X と同じ設定になっています。「システム環境設定」アプリケーションを使用して、AppleTalk を使用する/使用しないに設定します。

Mac OS X 10.2 以降では、Classic の AppleTalk は Mac OS X と同じ設定になっています。Mac OS X「ネットワーク」環境設定パネルを使って、AppleTalk の設定を行います。

Mac OS X の以前のバージョンと異なり、Classic 環境で「AppleTalk」コントロールパネルを使用することはできません。また「セレクタ」や「AppleScript」を使って AppleTalk の設定を変えることはできません。

以下の手順に従ってください:
    1.「システム環境設定」を開きます。
    2.「表示」メニューから「ネットワーク」を選択します。
    3.「AppleTalk」タブをクリックします。
    4.「AppleTalk 使用」チェックボックスを選択/選択解除します。
    5.「今すぐ適用」をクリックします。
Published Date: 2016/10/10